2021/2022シーズン

ニューイヤー・バレエペンギン・カフェ/テーマとヴァリエーション

New Year Ballet'Still Life' at the Penguin Café /Theme and Variations
公演期間:
2022年1月14日[金]~1月16日[日]
予定上演時間:
約1時間35分(休憩含む)

Introductionはじめに

新春は心奪われる2作品を

新春は心躍る2作品を上演します。可愛らしい動物の仮面を被って踊るダンサーと軽快な音楽に現代の環境問題に通じるメッセージが込められた、ビントレーの代表作『ペンギン・カフェ』、そしてバランシン振付の華やかな『テーマとヴァリエーション』をお贈りいたします。
『ペンギン・カフェ』は、2021年1月の「ニューイヤー・バレエ」で上演予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により公演中止となり、無観客ライブ配信で2.8万人を超える方にご覧いただきました。今回、改めて舞台上演でお客様にお届けいたします。

Schedule公演日程

公演日程

2022年1月14日(金)19:00

2022年1月15日(土)14:00

2022年1月16日(日)14:00

予定上演時間

約1時間35分(休憩含む)

  • 正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

会 場

ご注意事項

  • ロビー開場は開演60分前、客席開場は開演45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。

分散来場のお願い

新型コロナウイルス感染拡大予防を目的とした混雑緩和のため、分散来場にご協力ください。
お席の階によって、下記時間帯にご来場されることをおすすめいたします。

■2,3,4階のお客様:開演 30分前まで
■1階のお客様:開演30分前~ 開演15分前 まで

Staff&Castスタッフ・キャスト

  • 【指揮】クーン・ケッセル
  • 【管弦楽】東京交響楽団

  • 指揮クーン・
    ケッセル
プロフィールを表示する
  • 指揮クーン・
    ケッセル
プロフィールを表示する
  • 『ペンギン・カフェ』

  • 【振付】デヴィッド・ビントレー
  • 【音楽】サイモン・ジェフス
  • 【美術・衣裳】ヘイデン・グリフィン
  • 【照明】ジョン・B・リード
  • 振付デヴィッド・
    ビントレー
プロフィールを表示する
  • 振付デヴィッド・
    ビントレー
プロフィールを表示する

『テーマとヴァリエーション』

  • 【振付】ジョージ・バランシン
  • 【音楽】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
  • 【美術】牧野良三
  • 【衣裳】大井昌子
  • 【照明】磯野 睦
  • 振付ジョージ・
    バランシン
プロフィールを表示する

Profile

【指揮】クーン・ケッセル Koen KESSELS

ベルギーのオーステンデに生まれ、アントワープ王立フランドル音楽院で学ぶ。英国ロイヤルバレエ、バーミンガム・ロイヤルバレエの音楽監督に就任し、オランダ国立バレエ、パリ・オペラ座、スウェーデン王立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立バレエ団、バイエルン州立歌劇場、モネ劇場、トゥールーズ・キャピトル劇場などで客演指揮を務め、ニューヨーク・シティ・バレエ、ローマ国立歌劇場、レアル・マドリード劇場などでも指揮を担当。現在、アントワープ王立音楽院の芸術監督チームの代表、バーミンガム大学名誉教授、Inspiratum、ヘルメス・アンサンブルの芸術監督を務めている。新国立劇場バレエ団では2013年に『火の鳥』『アポロ』『結婚』を指揮した。

閉じる

Profile

【振付】デヴィッド・ビントレー David BINTLEY

英国ハダーズフィールド生まれ。英国ロイヤルバレエ学校で学ぶ。1983年から93年の間、サドラーズウェルズ・ロイヤルバレエや英国ロイヤルバレエの振付家として活躍。その見事な振付はアシュトンやマクミランの流れを引く。93年にフリーランスになった時には、世界中の7カンパニーから新制作依頼が殺到した。その中にはミュンヘン・バレエの『コンプリート・コンソート』(94年)、シュツットガルト・バレエ団のために振付けた『エドワード2世』(95年)などがある。95年から2019年までバーミンガム・ロイヤルバレエ芸術監督を務める。その後も『アーサー王』『美女と野獣』『シラノ』などの新しい作品を創作している。『E=mc2 』は 2010年にサウス・バンク・ショー・アワードを受賞、またローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされた。01年大英帝国勲章(CBE)を受勲。10年から14年まで新国立劇場舞踊芸術監督を務め、新国立劇場バレエ団のために08年に『アラジン』、11年 『パゴダの王子』を振り付け、好評を得た。

閉じる

Profile

【振付】ジョージ・バランシン George BALANCHINE

1904年サンクトペテルブルグ生まれ。帝室バレエ学校に学ぶ。21年に国立オペラ・バレエ(現マリインスキー劇場バレエ)に入団、前衛振付家として頭角をあらわす。並行して、ペトログラード音楽院で音楽理論とピアノを学んだ。24年同僚ダンサーと巡業中だったパリで、ディアギレフのバレエ・リュスに入団する。29年に同団が解散するまで、『アポロ』『放蕩息子』など10作を振付けた。33年に渡米、リンカン・カースティン等とスクール・オブ・アメリカン・バレエを開校する。48年に発足したニューヨーク・シティ・バレエを終生の活動拠点とし、アブストラクト・バレエを主体とする、スピード感溢れる清新なスタイルを確立した。アメリカを代表する振付家であるだけでなく、20世紀の最も重要な振付家の一人。83年ニューヨークにて死去。

閉じる

Programmeプログラム

ペンギン・カフェ

振付:デヴィッド・ビントレー
音楽:サイモン・ジェフス

ビントレーの代表作のひとつで、とても軽妙洒脱な作品です。80年代に一大センセーションを巻き起こしたワールド・ミュージック・アンサンブル「ペンギン・カフェ・オーケストラ」の音楽に触発されて作られました。
ウェイター姿で登場するペンギンをはじめ、ねずみ、羊が次々に踊りだします。でもこの陽気なダンスを披露している動物は実はすでに絶滅あるいは絶滅危惧種ばかりなのです。楽しいなかにも、ちくりと現代を風刺する珠玉の傑作バレエです。

テーマとヴァリエーション

振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

バランシンが1947年に発表した作品で、チャイコフスキーと帝政ロシア・バレエへのオマージュとして知られています。ステップや身体の動きでチャイコフスキーの音楽がより細かく表現され、優美で品格漂う作品です。新国立劇場バレエ団では、2000年の初演以来再演を重ね、アンサンブルの美しさで高い評価を受けています。「見る音楽」と評されるバランシンの振付をご堪能ください。

The Performance of Theme and Variations, a Balanchine® Ballet, is presented by arrangement with The George Balanchine Trust and has been produced in accordance with the Balanchine Style® and Balanchine Technique® Service standards established and provided by the Trust.


Ticketsチケット

チケット料金

席種S席A席B席C席D席
料金
(10%税込)
13,200円 11,000円 7,700円 4,400円 3,300円
席種 料金(10%税込)
S席 13,200円
A席 11,000円
B席 7,700円
C席 4,400円
D席 3,300円

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、公演最終日まで上記料金の10%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,650円(10%税込)

※本公演は、「2022/2023シーズン バレエ&ダンス 郵送申込シード権」
獲得のための購入実績カウント対象公演です。

座席表

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間:2021年12月4日(土)10:00~6日(月)

新国メンバーズ先行販売期間:2021年12月5日(日)10:00~6日(月)

一般発売日:2021年12月11日(土)10:00~

  • 感染予防に対応した適切な距離を保つため、1階1列~2列の座席は販売いたしません。
  • 通常の座席配置(1階1列~2列を除く)での販売を予定しております。
  • 政府及び東京都の判断により、イベント収容率の制限に変更が生じた場合は、途中でチケットの販売を停止する場合がございます。

チケット取り扱い

お電話でのお求め

新国立劇場ボックスオフィス

03-5352-9999電話予約・店頭購入方法

WEBからのお求め

ボックスオフィス窓口の営業時間はこちらよりご確認ください。

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら(PC&携帯)

【Pコード:505-961】

イープラス

WEBからのご購入はこちら(PC&携帯)

ローソンチケット

WEBからのご購入はこちら(PC&携帯)

【Lコード:39693】

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィスで取扱。

  • ご入場時にご年齢が記載されている証明書・学生証を確認させていただく場合がございます。

ジュニア割引(中学生以下):20%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、各プレイガイドで取扱。

  • ご入場時にご年齢が記載されている証明書を確認させていただく場合がございます。

当日学生割引:50%割引

公演当日に残席がある場合のみボックスオフィス窓口で取扱。要学生証。

障害者割引:20%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

  • 車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。
  • ボックスオフィス窓口の営業時間はこちらよりご確認ください。

割引の詳細はこちら
青少年のための優待チケットについてはこちら

Z席の購入方法

  • Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。
  • Z席は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィスおよびセブン-イレブンの端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚です。
  • 上記の方法での先着販売後、残席がある場合は、開演2時間前からボックスオフィス窓口でも販売いたします。
  • 電話での予約は承れません。
Z席の詳細はこちら

グループでの
お申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

ご注意事項

  • 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止、および新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインによる対象者を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。