プリンシパル

東京都出身。小林紀子、パトリック・アルモン、牧阿佐美に師事。小林紀子バレエアカデミー、新国立劇場バレエ研修所(第3期修了生)を経て、2007年新国立劇場バレエ団にソリストとして入団。入団直後に、ビントレー『アラジン』の主役に抜擢され成功を収めた。その後、『眠れる森の美女』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ラ・バヤデール』『ジゼル』、アシュトン『シンデレラ』、ビントレー『カルミナ・ブラーナ』『パゴダの王子』『シルヴィア』、プティ『こうもり』『コッペリア』、フォーキン『火の鳥』ほか数多くの作品で主役を踊っている。 11年プリンシパルに昇格。主な受賞歴に04年アデリン・ジェニー国際バレエコンクール金賞、11年芸術選奨文部科学大臣新人賞および舞踊批評家協会新人賞、14年服部智恵子賞、16年橘秋子賞優秀賞などがある。

新国立劇場での主なレパートリー


牧阿佐美版

『白鳥の湖』オデット/オディール、『くるみ割り人形』金平糖の精、『ラ・バヤデール』ニキヤ

W.イーグリング版

『眠れる森の美女』オーロラ姫、フロリナ王女、『くるみ割り人形』クララ

K.セルゲーエフ版

『ジゼル』ジゼル

A.ファジェーチェフ版

『ドン・キホーテ』キトリ

F.アシュトン

『シンデレラ』シンデレラ

T.サープ

『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』、『イン・ジ・アッパー・ルーム』

P.ダレル

『ホフマン物語』アントニア

N.ドゥアト

『ポル・ヴォス・ムエロ』

G. バランシン

『シンフォニー・イン・C』第2楽章プリンシパル、『コンチェルト・バロッコ』プリンシパル、『アポロ』テレプシコール、『シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメンツ』第二楽章パ・ド・ドゥ、『テーマとヴァリエーション』プリンシパル、『タランテラ』

D.ビントレー

『アラジン』プリンセス、『パゴダの王子』さくら姫、『シルヴィア』シルヴィア、『カルミナ・ブラーナ』運命の女神フォルトゥナ、『ガラントゥリーズ』、『ペンギン・カフェ』熱帯雨林の家族、『テイク・ファイヴ』TWO STEP、『E=mc2』質量、『ファスター』闘う

M.フォーキン

『火の鳥』火の鳥

R.プティ

『コッペリア』スワニルダ、『こうもり』ベラ

A.ブルノンヴィル

『ラ・シルフィード』シルフィード

K.マクミラン

『マノン』マノン、『ロメオとジュリエット』ジュリエット

H.V.マーネン

『大フーガ』

J.ラング

『暗やみから解き放たれて』