ニューイヤーバレエ

2020/2021シーズン
ニューイヤー・バレエ
パキータ / デュオ・コンチェルタント / ペンギン・カフェ

New Year Ballet
Paquita / Duo Concertant / 'Still Life' at the Penguin Café

オペラパレス

新春に相応しい華やかなバレエの祭典

新春は華やかな「ニューイヤー・バレエ」で幕を開けます。新制作として新国立劇場バレエ団初演となるバランシンの『デュオ・コンチェルタント』を上演します。またビントレーの人気作『ペンギン・カフェ』と古典バレエの『パキータ』を久しぶりに再演します。

プログラム

パキータ

音楽
レオン・ミンクス
振付
マリウス・プティパ


新国立劇場では2003年初演以来18年ぶりの上演となります。当作品はスペインを舞台としたロマの娘の恋物語で、ロマンティック・バレエ時代の1846年にパリ・オペラ座で初演されました。近年、パリ・オペラ座バレエによって復元上演されるまでは、プティパによる改訂版のこの部分のみが伝えられていました。主役のパキータがめでたく結婚式を挙げる最終場面でのグラン・パを中心に、ソリストたちの華やかな踊りが次々と繰り広げられます。

デュオ・コンチェルタント[新制作]

音楽
イーゴリ・ストラヴィンスキー
振付
ジョージ・バランシン © The George Balanchine Trust

ストラヴィンスキーのヴァイオリンとピアノのための楽曲に、バランシンが振り付けた作品で、1972年に行われたストラヴィンスキー・フェスティバルで、ニューヨーク・シティ・バレエ団によって初演されました。舞台上で演奏する2人の音楽家と2人のダンサーだけで演じられる、洒落たイメージのプロダクションです。
  • The Performance of Duo Concertant, a Balanchine® Ballet, is presented by arrangement with The George Balanchine Trust and has been produced in accordance with the Balanchine Style® and Balanchine Technique® Service standards established and provided by the Trust.

ペンギン・カフェ

音楽
サイモン・ジェフス
振付
デヴィッド・ビントレー

80年代に一大センセーションを巻き起こしたワールド・ミュージック・アンサンブル「ペンギン・カフェ・オーケストラ」の音楽を使用。可愛らしい動物の仮面を被って踊るダンサー、ポップで心地よい音楽で上演される作品の根底には、痛烈な文明批判と現代の環境問題にも通じるメッセージが含まれています。

ニュース

InstagramTwitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

公演日程・チケット

公演日程

2021年1月9日(土)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2021年1月10日(日)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2021年1月11日(月・祝)14:00 オペラパレス

    • 予定上演時間:未定(後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。)
*開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
託児サービス利用可 ...託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

チケット料金(税込)

席種S席A席B席C席D席
料金(税込) 11,000円 8,800円 6,600円 4,400円 3,300円

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,650円(税込)

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

未定

※現在、 新型コロナウイルス感染症対策の一環として、全主催公演のチケット販売(シーズンセット券含む)を一時停止させていただいております。今後のチケット発売日につきましてもすべて見直すこととし、販売再開後のスケジュール及び方法につきましては、決定次第ウェブサイトでお知らせいたします。(2020年5月8日)

    スタッフ・キャスト

    スタッフ

    指揮
    ポール・マーフィー
    管弦楽
    東京フィルハーモニー交響楽団
    • (指揮)

      ポール・マーフィー

    パキータ

    音楽
    レオン・ミンクス
    振付
    マリウス・プティパ
    美術
    川口直次
    衣裳
    大井昌子
    照明
    立田雄士
    • (振付)

      マリウス・プティパ

    デュオ・コンチェルタント

    音楽
    イーゴリ・ストラヴィンスキー
    振付
    ジョージ・バランシン
    • (振付)

      ジョージ・
      バランシン

    ペンギン・カフェ

    音楽
    サイモン・ジェフス
    振付
    デヴィッド・ビントレー
    美術・衣裳
    ヘイデン・グリフィン
    照明
    ジョン・B・リード
    • (振付)

      デヴィッド・
      ビントレー

    プロフィールを表示する

    プロフィール

    【指揮】ポール・マーフィー(Paul MURPHY)
    バーミンガム・ロイヤルバレエとそのオーケストラ、ロイヤル・バレエ・シンフォニアの首席指揮者。劇場での公演に加え、コンサートや収録でも共に仕事をしている。1994年以来、ロイヤルオペラハウス管弦楽団と定期的に仕事をしている。その他、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ハレ管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、BBCナショナル・ウェールズ管弦楽団、ニュー・クイーンズ・ホール管弦楽団、BBCコンサート・オーケストラ、オペラ・ノース管弦楽団、バーミンガム市交響楽団等、英国の優れたオーケストラを多数指揮している。海外では、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、ワシントン・ナショナル・オペラ管弦楽団、ソフィア・オペラ管弦楽団、シチリアのテアトロ・マッシモ管弦楽団等と仕事をしている。また、ニューヨーク・シティ・バレエ、バレエ・アム・ライン、ロイヤル・フランダース・バレエ、オランダ国立バレエ、最近ではオーストラリア・バレエのゲスト指揮者を務めている。CD のリリースではハレ管弦楽団(サン・サーンスのピアノと管弦楽曲全曲)、ロイヤル・バレエ・シンフォニア、ニュー・クイーンズ・ホール管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との共演がある。97年、英国王立音楽院のアソシエイトに選ばれた。新国立劇場では、『アラジン』『カルミナ・ブラーナ』『ガラントゥリーズ』『火の鳥』『シンフォニー・イン・C』『ペンギン・カフェ』『パゴダの王子』ほかを指揮している。
    【振付】マリウス・プティパ(Marius PETIPA)
    1818年フランス・マルセイユ生まれ。舞踊家、舞踊教師、振付家。13歳のときに父の作品で舞台デビューを果たし47年にサンクトペテルブルグの帝室ボリショイ劇場に招かれた。55年からは父の後任として、劇場付属バレエ学校で、踊りと得意としていたマイムの教師を兼任している。62年に振り付けた『ファラオの娘』が大成功し、副バレエ・マスターに就任。69年にはサン=レオンが退任したため、首席バレエ・マスターとなる。以後『ドン・キホーテ』(1869)、『ラ・バヤデール』(1877)、『眠れる森の美女』(1890)、『白鳥の湖』(1895、イワーノフと共作)、『ライモンダ』(1898)など、数々の傑作を残しロシア・バレエの伝統を確立した。1903年初演の『魔法の鏡』まで、改訂振付を加えれば70以上の作品をロシアで振り付けている。1910年死去。
    【振付】ジョージ・バランシン(George BALANCHINE)
    1904年サンクトペテルブルグ生まれ。帝室バレエ学校に学ぶ。21年に国立オペラ・バレエ(現マリインスキー劇場バレエ)に入団、前衛振付家として頭角をあらわす。並行して、ペトログラード音楽院で音楽理論とピアノを学んだ。24年同僚ダンサーと巡業中だったパリで、ディアギレフのバレエ・リュスに入団する。29年に同団が解散するまで、『アポロ』『放蕩息子』など10作を振付けた。33年に渡米、リンカン・カースティン等とスクール・オブ・アメリカン・バレエを開校する。48年に発足したニューヨーク・シティ・バレエを終生の活動拠点とし、アブストラクト・バレエを主体とする、スピード感溢れる清新なスタイルを確立した。アメリカを代表する振付家であるだけでなく、20世紀の最も重要な振付家の一人。83年ニューヨークにて死去。
    【振付】デヴィッド・ビントレー(David BINTLEY)
    英国ハダーズフィールド生まれ。英国ロイヤルバレエ学校で学ぶ。1983年から93年の間、サドラーズウェルズ・ロイヤルバレエや英国ロイヤルバレエの振付家として活躍。その見事な振付はアシュトンやマクミランの流れを引く。93年にフリーランスになった時には、世界中の7カンパニーから新制作依頼が殺到した。その中にはミュンヘン・バレエの『コンプリート・コンソート』(94年)、シュツットガルト・バレエ団のために振付けた『エドワード2世』(95年)などがある。95年から2019年までバーミンガム・ロイヤルバレエ芸術監督を務める。その後も『アーサー王』『美女と野獣』『シラノ』などの新しい作品を創作している。『E=mc2 』は 2010年にサウス・バンク・ショー・アワードを受賞、またローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされた。01年大英帝国勲章(CBE)を受勲。10年から14年まで新国立劇場舞踊芸術監督を務め、新国立劇場バレエ団のために08年に『アラジン』、11年 『パゴダの王子』を振り付け、好評を得た。

    キャスト

    主な出演
    新国立劇場バレエ団

        チケット購入・割引等のご案内

        チケットについて別ウィンドウで開きます

        割引等のご案内

        お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

            • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
              • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
            • ジュニア割引(中学生以下):20%割引
              • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、各プレイガイドで取扱。入場時年齢確認あり。
            • 当日学生割引:50%割引
              • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
            • 障害者割引:20%割引
              • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。
        車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

        Z席の購入方法

            • Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。
            • Z席(各日42席)は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィス別ウィンドウで開きますおよびセブン-イレブンの端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚です。
        上記の方法での先着販売後、残席がある場合は、公演当日朝11:00からボックスオフィス窓口でも販売いたします。
        電話での予約は承れません。

        Z席の詳細はこちら別ウィンドウで開きます

        グループでのお申し込み

        10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

        チケット購入時の注意

            • 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
            • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
            • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
            • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
            • やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        チケット取り扱い

              チケットぴあ

              0570-02-9999

              WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

              イープラス

              WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

              ローソンチケット

              0570-000-407(オペレーター受付)

              WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

              JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか