b07.jpg


2014snowwhite_2.jpg
画像をクリックでチラシを表示

平成26年度 新国立劇場 こどものためのバレエ劇場
バレエ「しらゆき姫」
Snow White
オペラ劇場

 

新国立劇場では、ご家族みなさまで鑑賞できるバレエ公演として人気の「こどものためのバレエ劇場 しらゆき姫」を2014年の夏休み公演として再演します。作品はクラシカル・バレエの魅力に溢れており、初めてバレエをご覧になる子供たちにも楽しんでいただける内容となっています。ストーリーはおとぎ話のかたちで運ばれますが、原作のグリム童話にあるように、人生あるいは人間心理の真実が描かれています。音楽は、J.シュトラウスII世の作品から選曲されています。
東京公演後には、柏崎市文化会館アルフォーレ大阪・フェスティバルホールアルカスSASEBOサンポートホール高松びわ湖ホールでの上演を予定しています。

  • 「こどものためのバレエ劇場」についてはこちら

 


ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!


PAGE TOP

 

公演日程・チケット

公演日程

2014年7月25日(金)11:30 オペラパレス託児サービス利用可
2014年7月25日(金)3:00 オペラパレス託児サービス利用可
2014年7月26日(土)11:30 オペラパレス託児サービス利用可
2014年7月26日(土)3:00 オペラパレス託児サービス利用可
2014年7月27日(日)11:30 オペラパレス託児サービス利用可
2014年7月27日(日)3:00 オペラパレス託児サービス利用可
託児サービス利用可 ...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

予定上演時間:約1時間25分(休憩含む)
時間は変更になる場合があります。最新の情報はボックスオフィスまでお問い合わせください。(2014年7月26日更新)
開場は開演の30分前です。 ※開演後のご入場は制限させていただく場合がございます。

チケット料金(税込)

こども(4歳から小学6年生)大人(中学生以上)
2,160円 3,240円

  • 「こどものためのバレエ劇場」についてはこちら

前売り開始日

会員先行発売:2014年4月6日(日) 〜 2014年4月16日(水)
一般発売日:
2014年4月20日(日)


今すぐチケットを購入する

スタッフ・キャスト

スタッフ

音楽
ヨハン・シュトラウスII世
監修
牧 阿佐美
振付
小倉佐知子
音楽構成
福田一雄
構成・演出
三輪えり花
装置・衣裳
石井みつる
照明
杉浦弘行
出演
新国立劇場バレエ団

キャスト

7月25日(金)11:30,27日(日)3:00

しらゆき姫
小野絢子
レックス(王子
福岡雄大
お妃
本島美和
ミラー(鏡の精)
小柴富久修

7月25日(金)3:00,27日(日)11:30

しらゆき姫
米沢 唯
レックス(王子)
林田翔平
お妃
堀口 純
ミラー(鏡の精)
宝満直也

7月26日(土)11:30

しらゆき姫
長田佳世
レックス(王子)
奥村康祐
お妃
本島美和
ミラー(鏡の精)
小柴富久修

7月26日(土)3:00

しらゆき姫
細田千晶
レックス(王子)
林田翔平
お妃
寺田亜沙子
ミラー(鏡の精)
宝満直也
  • ayako_ono.jpg

    小野絢子

  • yui_yonezawa.jpg

    米沢唯

  • kayo_nagata.jpg

    長田佳世

  • hosoda_chiaki.jpg

    細田千晶

  • yudai_fukuoka.jpg

    福岡雄大

  • okumura_kosuke.jpg

    奥村康祐

  • hayashida_shohei.jpg

    林田翔平


ものがたり

あるところにしらゆき姫というとても美しい王女がいました。彼女の継母の王妃(魔女)は、自分が世界で一番美しいと信じており、彼女の持つ魔法の鏡もそう言ってくれるので満足な日々を送っていました。美しく成長したしらゆき姫は隣の国の王子と出会い、二人は恋に落ちます。

ある日王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と聞くと、しらゆき姫だという答えが返ってきて、王妃は怒りのあまり、猟師にしらゆき姫を森に連れて行き、姫を殺すよう命令します。しかし姫を不憫に思った猟師は彼女を殺すことができず、代わりに森の中に置き去りに。姫は、森の中で7人のこびとたちと出会います。その頃、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と聞くと、鏡が「しらゆき姫」と答えたため姫がまだ生きていることがわかってしまいます。王妃は姫を殺そうと何度も試み失敗しますが、毒リンゴを作り、リンゴ売りに化けて姫に食べさせると姫は倒れてしまいます。姫は死んでしまったと悲しみに暮れたこびとたちは、姫をガラスの棺に入れ毎朝毎晩お祈りをし、3年の月日が流れます。あるとき、あの隣の国の王子が通りかかり、棺に入った、生きていた時のまま美しいしらゆき姫を自分にくれるようにこびとたちに頼みますが、彼らはそれを断ります。棺の奪いあいとなり、棺の中から姫が転がり落ちてしまいます。その拍子に姫の喉に詰まっていたリンゴのかけらがとれて息を吹き返し、二人はめでたく結ばれます。