新国立劇場バレエ団

THE NATIONAL BALLET OF JAPAN

日本最高峰のバレエ団として

新しい舞台芸術の拠点として開場した新国立劇場とともに、1997年に島田廣芸術監督のもと新国立劇場バレエ団は発足しました。バレエ団は、「白鳥の湖」をはじめとする古典作品から、アシュトン、バランシンといった振付家による20世紀の名作、さらには現代振付家の作品に至るまで幅広いレパートリーを持っています。また、世界の振付家に新作を委嘱して新国立劇場オリジナル・バレエのレパートリー化を図るなど、バレエ団としての独自色も打ち出しています。
2004年には「ライモンダ」で、朝日舞台芸術賞を受賞。 2008年には米国ケネディ・センターにおいて海外デビューを果たし、翌2009 年にはモスクワ・ボリショイ劇場に招待され、牧阿佐美振付のオリジナル作品「椿姫」を上演し大きな成功を収めました。海外では、ソリスト陣とともに、特に美しいコール・ド・バレエは絶賛され、国際的にも高い関心と評価を得ました。

2005年に「カルミナ・ブラーナ」上演の際、現代英国を代表する振付家であり、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエの芸術監督であるデヴィッド・ビントレーとバレエ団は公演を通じて強い信頼関係を築き、2008年に、ビントレーは新国立劇場バレエ団のために新作の全幕バレエ「アラジン」を振り付け、2010/2011シーズンより当バレエ団の芸術監督に就任。ビントレー芸術監督のもとバレエ団は「A New Direction」というテーマを掲げ、近現代のレパートリーの幅を拡げました。2011年には彼の振付による新作の全幕バレエ「パゴダの王子」を世界初演し、英国バーミンガム・バレエでも当バレエ団の小野絢子、福岡雄大をゲスト・プリンシパルとして招聘し上演、高く評価されました。

2014年9月、バレエ団は大原永子を芸術監督に迎え、新たな時代を推し進めました。就任の幕開けには古典の最高傑作「眠れる森の美女」を新制作し、続くシーズンは英国ドラマティック・バレエの名作「ホフマン物語」で開幕。大原監督のもと、当バレエ団の特徴である正統派クラシックバレエや、演劇的作品をこれまで以上に高い水準で上演し、好評を博しています。2016/2017シーズンはドラマティック・バレエの最高傑作「ロメオとジュリエット」で幕を開けます。新シーズンも古典から現代作品まで幅広い作品をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • twitter

ニュース

  • 白鳥の湖詳しく見る
  • 2015/2016シーズン詳しく見る
  • 白鳥の湖詳しく見る
  • 白鳥の湖詳しく見る

公演情報