ダンサー

渡邊峻郁 

渡邊峻郁 

Watanabe Takafumi

ソリスト

福島県出身。鈴木寿雄のもとバレエを始める。2006年モナコ公国プリンセス・グレース・クラシック・ダンスアカデミーに留学し、マリカ・ベゾブラゾヴァらに師事。09年アカデミーを首席で卒業し、トゥールーズのキャピトルバレエ団に入団。11年よりソリストに昇格し、「ジゼル」アルブレヒト、「くるみ割り人形」王子、「ドン・キホーテ」バジルのほか、バランシン、ロビンス、キリアン、ドゥアト、サープなど数多くの振付家作品を踊るほか、C.ベラルビ振付の新作「美女と野獣」では主役に抜擢され、作品はDVD、ブルーレイに収録されている。2016/2017シーズンより新国立劇場バレエ団にソリストとして入団。2016年7月「こどものためのバレエ劇場『白鳥の湖』」で主役のジークフリードを演じ、好評を博した。

  • facebook
  • twitter
  • twitter