初台アートロフトロゴデザイン単独カラー.png


新国立劇場ギャラリースペースにおいて「初台アート・ロフト」という名のもと

空間全体をアートとしてクリエーションすると同時に、

文化資産である衣裳の修繕・保存にも力を入れています。

かけがえのない職人技術を紹介する「いま、ここ」シリーズや、

ギャラリー主催で文化を発信する「ボトルメール」シリーズなど、

新たな切り口から文化芸術を捉えなおし、その発信基地になるべく変身中です。

HALロゴ.png舞台衣裳 展示・修復・保存 

ロゴデザイン改.png

IMG_7899_300150.jpg

    

 眠りからさめた衣裳 今、カタストロフから自由になる              

 

新国立劇場開場から20年余。数々の舞台を彩った衣裳は役目を終えて倉庫へ。

わたしたちは、そんな衣裳たちにもう一度命を吹き込み新しいステージを作りました。

終末から再生へ、そして価値を確認する。それは衣裳たちだけでなく、

今、社会やわたしたちの身近にあるさまざまな事象にあるカタストロフから自由になり、新しい世界へ。そんな願いを込めました。

  

「ファンタジー展」紹介ページ

 

「ファンタジー展」インタビュー特集記事 前編

「ファンタジー展」インタビュー特集記事 後編

 

オペラ『ホフマン物語』ジュリエッタ衣裳修復プロジェクト~vol.1~

オペラ『ホフマン物語』ジュリエッタ衣裳修復プロジェクト~vol.2~

 

初台アート・ロフトから始まる文化活動(その1):"アーカイブ"という価値

 

いま、ここロゴデザイン単独カラー.png

 

 時間をかけて、ゆっくりと、丁寧に。ささやかだけど大切なものを生み出し、「明日」へ繋げていく。

 時代の流れと共に、失われていくモノがある。そして、それを守ろうとする人々がいる。
 先人たちの教えを身に刻み、その手で生み出し、そして継承していく人々。
 誰も気が付かないかもしれない。そのまま通り過ぎていくかもしれない。
 それでも確かに、「いま、ここ」に、私たちの人生を豊かにするモノを作り続ける人々がいる。
 「いま、ここ」は、様々な職人さんの手仕事を取材しながら、人の幸福や生き方について哲学していくシリーズです。

 

vol.1 -七彩マネキン工房-

 

Day2メイク.png

 

   
ブドウ.jpg

HALロゴ.pngシリーズ『ボトルメール』 

 

ボトルメールロゴデザイン単独カラー.png


 現代の私たちから、いつか、どこかの世界の、誰とも知れない者の元へメッセージを送る。     

 

届くかも分からないけれど、きっと誰かが見つけてくれるだろうと信じて。
現代から未来への手紙を書く。
「ボトルメール」は、文化や芸術を哲学と共に考えるために新国立劇場 初台アート・ロフトで開催されるイベントや対談(インタビュー)をシリーズでお届けするものです。

 

➡現在制作中

 

 

初台アートロフトロゴデザイン単独カラー.png

初台アート・ロフトの活動は、今本格的に始まったばかりです。

また、今後も引続き、継続して活動状況を発信していきます。

 

 ― アートは遠のかない       
    いつもあなたの中にある ―

 IMG_7910.jpg