2019/2020シーズン
演劇「あの出来事」 [日本初演]
The Events
小劇場

芸術監督・小川絵梨子の掲げる「ことぜん」とは

2019/2020シーズンの幕開けはこの「ことぜん」シリーズ3本からスタートします。「ことぜん」とは個と全という意味合いで、個人と国家、個人と社会構造、個人と集団の持つイデオロギーなど、「一人の人間と一つの集合体」の関係をテーマとしています。

閉塞感ある全体主義やその圧力に取り込まれる「個人」。しかしながらその「個人」が集まり「全体」を創りだしてしまう......。そんな切っても切れない個と集合体の関係性や、相互作用、その中での軋轢や葛藤を、三人の演出家がそれぞれの作品でそれぞれの視点から描きます。

上演作品は日本初演作品を含み全て新翻訳です。演出にはそれぞれ新国立劇場初登場の五戸真理枝、瀬戸山美咲を迎え、さらに芸術監督の小川絵梨子も担います。


シリーズ「ことぜん」Vol.2

シリーズ第二弾は、デイヴィッド・グレッグ作『あの出来事』。

今年3月日本でも公開された映画『ウトヤ島、7月22日』の題材でもある、2011年にノルウェーのウトヤ島で起きた、極右青年による銃乱射事件をモチーフに描かれたフィクションです。

登場人物は、たった二人。生き残った合唱団の女性指導者に対し、犯人の少年役の俳優が、他のすべての役を演じます。合唱団と伴奏者は、劇中で歌うだけでなくコロスとして参加する面白いスタイルで、2013年にエジンバラ演劇祭で初演、高い評価を得た本作の日本初演となります。

新国立劇場初登場のミナモザの瀬戸山美咲が演出、本作の英国公演も見ている谷岡健彦が翻訳をつとめます。

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

公演日程・チケット

公演日程

2019年
  • 11月13日
    水曜日
    19時
  • 11月14日
    木曜日
    19時
  • 11月15日
    金曜日
    14時
  • 11月16日
    土曜日
    13時託児マーク
    18時
  • 11月17日
    日曜日
    13時
  • 11月18日
    月曜日
    14時
  • 11月19日
    火曜日
    14時
  • 11月20日
    水曜日
    休演
  • 11月21日
    木曜日
    14時託児マーク
    19時
  • 11月22日
    金曜日
    19時
  • 11月23日
    土曜日・祝日
    13時
    18時
  • 11月24日
    日曜日
    13時託児マーク
  • 11月25日
    月曜日
    14時
  • 11月26日
    火曜日
    14時

託児マーク託児室<キッズルーム「ドレミ」>をご利用いただけます。


予定上演時間:未定(後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前での表示をご確認ください。)

チケット料金(税込)

席種A席B席
料金(税込) 6,480 3,240

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,620円

チケット購入・割引等のご案内別ウィンドウで開きます

Z席の購入方法

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間:2019年8月4日(日)10:00~8月21日(水)
一般発売日:2019年8月25日(日)10:00~

スタッフ・キャスト

スタッフ

デイヴィッド・グレッグ
翻訳
谷岡健彦
演出
瀬戸山美咲
  • (演出)

    瀬戸山美咲

プロフィールを表示する

プロフィール

【演出】瀬戸山美咲(SETOYAMA Misaki)
1977年、東京都生まれ。2001年ミナモザを旗揚げし、作・演出を担う。現実の事象を通して、社会と人間の関係を描いた作品を数多く上演。

代表作に振り込め詐欺集団をジェンダー的視点から描いた『エモーショナルレイバー』、震災後の自分自身を描いたドキュメンタリー演劇『ホットパーティクル』、心の基準値を巡る短編『指』、架空の原発事故を描いたドイツの小説の舞台化『みえない雲』など。2016年、パキスタンで起きた日本人大学生誘拐事件を描いた『彼らの敵』が第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。
他には『埒もなく汚れなく』『始まりのアンティゴネ』『わたし、と戦争』(すべて作・演出)、『グリーンマイル』(上演台本・演出)など、劇団外の活動も多い。演出作品としては『ジハード―Djihad―』『夜、ナク、鳥』『梅子とよっちゃん』などがある


ものがたり

教師をしながら合唱団の指導者も務めるクレア。彼女がいる合唱団は、移民や難民、子供を持つ母親など、さまざまな立場の人たちを受け入れていた。

ある日、練習中に突如入ってきた少年が銃乱射事件を起こし、たくさんの人が亡くなる。生き残ったものの、目の前で団員が殺されるのを目撃したクレアは、それ以来、魂が自分から離れてしまったような気持ちになってしまう。

クレアは自らの魂を取り戻すべく、犯人の少年を「人間」として捉えようと、自分や少年の関係者との対話を試みるが・・・。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(小中学生):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5746)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近く、バルコニーの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズ ほか