2019/2020シーズン
演劇「反応工程」
Reaction Process
小劇場


フルオーディション2

毎シーズンに一本、全キャストをオーディションで選考、上演する企画の第二弾として、宮本研が自身の経験をもとに、終戦前夜の軍需工場で生きる人々を鮮やかに描いた『反応工程』を上演します。作り手が新しい俳優と、俳優が新しい演出家と、劇場が新しい作り手たちと出会い、作品を立ち上げていく、小川絵梨子が芸術監督としての柱の一つとして掲げる企画です。
演出には、俳優としても演出家としても新国立劇場で多くの作品に携わってきた千葉哲也を迎え、2018年10月末より12月中旬まで6週間に及ぶオーディションを開催、多数の応募者の中から、14人の俳優陣にご出演いただきます

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

公演日程・チケット

公演日程

2020年4月(詳細は決定次第お知らせ致します。)

今すぐチケットを購入する

スタッフ・キャスト

スタッフ

宮本 研
演出
千葉哲也
  • (作)

    宮本 研

  • (演出)

    千葉哲也

プロフィールを表示する

プロフィール

【作】宮本 研(MIYAMOTO Ken)
1926年熊本県に生まれる。父親の仕事の関係で、38年より中学卒業まで北京で過ごす。44年に帰国、大分経済専門学校(現大分大学経済学部)に入学、12月より翌年敗戦を迎えるまで軍需工場に学徒動員される。九州大学経済学部を経て、高校教師を一年間務めたのち、51年に上京し、在日本韓国人厚生会に勤務、その後、法務省勤務となる。職場演劇サークル「麦の会」発足に携わり、『僕らが歌をうたう時』を創作。その後法務省を退職、劇作に専念。62年、『日本人民共和国』『メカニズム作戦』で第八回岸田國士戯曲賞を受賞。この二作に『反応工程』『ザ・パイロット』を加えたものが「戦後史四部作」と呼ばれる。他に『明治の柩』、『美しきものの伝説』、『阿Q外傅』、『聖グレゴリーの殉教』(以上「革命伝説四部作」)、『夢・桃中軒牛右衛門の』『からゆきさん』『花いちもんめ』『ブルーストッキングの女たち』などの作品がある。88年没
【演出】千葉哲也(CHIBA Tetsuya)
1987年、演劇企画集団THE・GAZIRA旗揚げから参加。俳優として様々な舞台で活躍、『すててこてこてこ』『人形の家』『蛮幽鬼』『怪談牡丹灯籠』『ユーリンタウン』『さよなら渓谷』『髑髏城の七人』『TOPDOG/UNDERDOG』などのほか、新国立劇場では『リア王』『虹を渡る女』『カストリ・エレジー』『新・雨月物語』『キーン...或いは狂気と天才...』『THE OTHER SIDE/線のむこう側』『胎内』『カエル』『焼肉ドラゴン』『アジア温泉』『マニラ瑞穂記』『パーマ屋スミレ』に出演、第5回・第20回・第24回読売演劇大賞優秀男優賞、第39回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。一方で2006年『スラブ・ボーイズ』より演出も手がけ、これまでに『BLUE/ORANGE』『桜の園』『袴垂れはどこだ』『寿歌』『いま、ここにある武器』『青春の門~放浪篇~』『青』『Fully Committed』『サメと泳ぐ』などのほか、新国立劇場では、『怒りをこめてふり返れ』を演出、第24回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞

キャスト

天野はな 有福正志 神農直隆 河原翔太 久保田響介 清水 優 神保良介
高橋ひろし 田尻咲良 内藤栄一 奈良原大泰 平尾仁 八頭司悠友 若杉宏二

ものがたり

太平洋戦争の敗色濃い1945年8月、九州中部にある軍需指定工場。戦前は染料を製造するためだった工場も、今ではロケット砲の推進薬を作り出す"反応工程"の現場となっている。 九州高校からきている動員学徒の田宮、林、影山、木戸らも配属され、日夜、古株の工員らと共に汗を流している。勝利を信じる田宮だったが、勤労課の職員である太宰に戦争の本質を説かれ、禁書となっている本を渡される。そんな中、影山に召集命令が下る。ささやかな送別会が開かれたその夜、突然姿を消す影山。広島、長崎に原爆が投下され、いよいよ敗戦が濃厚となる中、工場の大人たちは密かに日本が負けたときの準備をし始める。戦争がまもなく終わるかもしれないという状況の中での爆薬製造作業。いつ徴兵されるかわからない焦燥感。そして、厳しさを増す思想統制の中、ついに田宮にも召集令状が......。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(小中学生):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5746)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近く、バルコニーの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズ ほか