2020新国フェス ~とどけ!舞台の魔法~japanexpo_bunkacho_text-thumb-200xauto-28217.png


子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ

Super Angels スーパーエンジェル』/渋谷慶一郎
Super Angels / SHIBUYA Keiichiro

fes_logo_black.jpgのサムネイル画像

全1幕〈日本語上演/日本語及び英語字幕付〉

オペラパレス

  • 予定上演時間:未定



新国立劇場が2020年8月、日本の魅力を世界へ発信する絶好の機会としてお届けする特別企画。「科学技術」「共生」というテーマを織り込んだ新しい舞台作品を通じ、舞台芸術の可能性を広く世に問い、その魅力を国内外にアピールすべく、"子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ"を上演します。

新国立劇場オペラ芸術監督の大野和士が企画し、台本を作家の島田雅彦に、作曲を初音ミクのボーカロイドオペラ『THE END』やアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を手掛ける音楽家・渋谷慶一郎に委嘱。指揮は大野、演出は新国立劇場演劇芸術監督の小川絵梨子が務め、オペラの枠を超えたスケールのコラボレーションを行います。

この新作オペラ『Super Angels スーパーエンジェル』には人工生命搭載アンドロイド「オルタ3」が物語の核となる役で出演し、もう一方の核となる子供たちによる合唱と相互に関わり合いながら歌い、演じて、アンドロイドと子どもたちの交流のドラマを紡ぎます。子どもたちと共に、オペラ歌手と新国立劇場合唱団も出演。管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団が務めます。さらに、新国立劇場バレエ団も参加し、新国立劇場始まって以来のオペラ、舞踊、演劇全ジャンルのコラボレーションが実現します。

未来への共生のメッセージが込められた全く新しいオペラの誕生の瞬間に、どうぞご期待ください。


主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、公益財団法人新国立劇場運営財団

制作:新国立劇場

「オルタ」シリーズ共同研究:石黒浩、小川浩平、池上高志、土井樹
オルタ3ソフトウェア設計・開発:升森敦士、丸山典宏、株式会社オルタナディヴ・マシン

オルタ3シミュレーター開発:株式会社ミクシィ
オルタ3提供:株式会社ミクシィ
統括プロデューサー:木村弘毅(株式会社ミクシィ)
特別協力:東京大学、大阪大学、株式会社ミクシィ、 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、株式会社オルタナティヴ・マシン

人工生命×アンドロイド「オルタ3」についてPDFファイルを開きます

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

PAGE TOP

公演日程・チケット

公演日程

2020年8月22日(土) 15:00 オペラパレス 託児サービス利用可
2020年8月23日(日) 15:00 オペラパレス 託児サービス利用可

  • 予定上演時間:未定
*後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。
託児サービス利用可 ...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

チケット料金(税込)

席種こども(4歳~小学生)大人(中学生以上)
料金(税込) 2,200円 3,300円

*アトレ会員割引を含め、各種割引はございません。

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間: 2020年5月17日(日)~5月27日(水)
一般発売日: 2020年 5月31日(日)10:00

スタッフ・キャスト

企画監修・指揮
大野和士
台本
島田雅彦
作曲
渋谷慶一郎

演出
小川絵梨子
総合舞台美術(装置・衣裳・照明・映像監督)
針生 康
映像
ウィアードコア

振付
貝川鐵夫
舞踊監修
大原永子
  • (企画監修・
    指揮)

    大野和士

  • 001_台本 島田雅彦.jpg

    (台本)

    島田雅彦

  • 002_作曲 渋谷慶一郎Keiichiro Shibuya_profile picture.jpg

    (作曲)

    渋谷慶一郎

  • 003_演出 小川絵梨子.jpg

    (演出)

    小川絵梨子

  • 013針生康HARYU Shizuka.jpg

    (総合舞台美術)

    針生 康

  • kaikawa_2_90110.jpg

    (振付)

    貝川鐵夫

  • 007_舞踊監修 大原永子_new.jpg

    (舞踊監修)

    大原永子

プロフィールを表示する

キャスト

ゴーレム3
オルタ3 (Supported by mixi, Inc.)
アキラ
藤木大地
エリカ
三宅理恵
ジョージ
成田博之
ルイジ
小泉詠子

世田谷ジュニア合唱団
練馬児童合唱団
新国立劇場合唱団 ほか

渡邊峻郁、木村優里、渡辺与布
中島瑞生、渡邊拓朗
(新国立劇場バレエ団)

東京フィルハーモニー交響楽団

    • (ゴーレム3)

      オルタ3

    • 09_アキラFujiki藤木大地_daichi_fujiki_2.jpg

      (アキラ)

      藤木大地

    • 010エリカmiya三宅理恵1.jpgのサムネイル画像

      (エリカ)

      三宅理恵

    • 011ジョージ Narita_成田博之(2011Jun.).jpgのサムネイル画像

      (ジョージ)

      成田博之

    • 012ルイジ Koizumi _小泉詠子 20150709.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

      ルイジ

      小泉詠子

プロフィールを表示する

プロフィール

【企画監修・指揮】大野和士(ONO Kazushi)

東京生まれ。東京藝術大学卒。バイエルン州立歌劇場にてサヴァリッシュ、パタネー両氏に師事。1987 年イタリアのトスカニーニ国際指揮者コンクール優勝。以後、世界各地でオペラ公演及びシンフォニーコンサートで聴衆を魅了し続けている。90~96 年ザグレブ・フィル音楽監督。96~2002年バーデン州立歌劇場音楽総監督。92~99 年、東京フィル常任指揮者を経て、現在同楽団桂冠指揮者。02~08 年モネ劇場音楽監督。12~15年アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル首席客演指揮者、08~17 年リヨン歌劇場首席指揮者を歴任。15年から東京都交響楽団、バルセロナ交響楽団音楽監督。オペラではミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座、バイエルン州立歌劇場、グラインドボーン音楽祭、エクサンプロヴァンス音楽祭などへ出演。渡邉暁雄音楽基金音楽賞、芸術選奨文部大臣新人賞、出光音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、エクソンモービル音楽賞、サントリー音楽賞、日本芸術院賞ならびに恩賜賞、朝日賞など受賞多数。紫綬褒章受章。文化功労者。17年、リヨン歌劇場はインターナショナル・オペラ・アワードで最優秀オペラハウスを獲得。同年フランス政府より芸術文化勲章オフィシエを受勲。同時にリヨン市特別メダルが授与された。18年9月より新国立劇場オペラ芸術監督。新国立劇場では、98年『魔笛』、10-11年『トリスタンとイゾルデ』、19年『紫苑物語』『トゥーランドット』を指揮。20年6月には『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を、20/21シーズンには『アルマゲドンの夢』『カルメン』を指揮する予定。

【台本】島田雅彦(SHIMADA Masahiko)
1984年東京外国語大学ロシア語学科卒。在学中の1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。主な作品に『自由死刑』、『退廃姉妹』(伊藤整文学賞)、『徒然王子』、『悪貨』、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『カタストロフ・マニア』、『絶望キャラメル』ほか多数。『忠臣蔵』、『Jr.バタフライ』のオペラ台本はじめ、多くの楽曲に詞を提供している。2011年より芥川賞選考委員。法政大学国際文化学部教授。
【作曲】渋谷慶一郎(SHIBUYA Keiichiro)
音楽家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。これまでに数多くの映画音楽やサウンドインスタレーションを発表。12年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品はパリ・シャトレ座での公演を皮切りに現在も世界中で公演が行われており現在も上演要請が絶えない。これまでにパレ・ド・トーキョーでアーティストの杉本博司、ロボット研究者の石黒浩と、パリ・オペラ座でエトワールのジェレミー・ベランガールとなど数多くのコラボレーションを発表。複雑系研究者の池上高志とは15年に及ぶノイズや立体音響による協働、開発を行なっている。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。
【演出】小川絵梨子(OGAWA Eriko)
2004年、アクターズスタジオ大学院演出部卒業。06~07年、平成17年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生。 10年『今は亡きヘンリー・モス』の翻訳で、第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。12年『12人~奇跡の物語~』『夜の来訪者』『プライド』の演出で第19回読売演劇大賞優秀演出家賞、杉村春子賞受賞。14年『ピローマン』『帰郷―The Homecoming』『OPUS/作品』の演出で第48回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回千田是也賞、第21回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。 最近の演出作品に『死と乙女』『熱帯樹』『出口なし』『The Beauty Queen of Leenane』『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『CRIME OF THE HEART-心の罪―』『死の舞踏/令嬢ジュリー』『ユビュ王』『夜想曲集』『RED』『スポケーンの左手』など。新国立劇場では『タージマハルの衛兵』『骨と十字架』『スカイライト』『1984』『マリアの首―幻に長崎を想う曲―』『星ノ数ホド』『OPUS/作品』の演出のほか、『かもめ』『ウィンズロウ・ボーイ』の翻訳も手がける。18年9月より新国立劇場演劇芸術監督。
【総合舞台美術】針生 康(HARIU Shizuka)
英国舞台建築博士。東京理科大学大学院建築学修士課程修了。文化庁新進芸術家海外派遣制度・ポーラ美術財団の助成により、モネ歌劇場やローザスで舞台美術助手を務め、同時にロンドン芸術大学博士課程前期、リーズ・ベケット大学院にて博士号取得。欧州・日本を中心にダンス・バレエ・オペラなどの舞台美術、アートディレクション、空間デザインを手がける。主な作品にアクラム・カーン&シルヴィ・ギエム『聖なる怪物たち』、英国王立芸術院ロイヤルアカデミーの展示設計『Sencing Spaces』、マンチェスター・インターナショナル・フェスティバルのオノ・ヨーコ『BELLS FOR PEACE』のタワーデザイン等。昨夏サントリーホールサマーフェスティバルにて現代オペラ『リトゥン・オン・スキン』の映像を含む舞台総合美術を手がけ反響を得た。2017年『Solid Traces』で日本人舞台美術家として初のワールドステージデザイン銅賞受賞。19-20年には『Dystopian Dream』が15~19年の英国最優秀デザイン12選に選出され、プラハ・カドリエンナーレ2019に出展後、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で展示。新国立劇場ではJapon Dance Project『CLOUD/CROWD』(14年)、『MOVE/STILL』(16年)の美術・衣裳を担当。『CLOUD/CROWD』も12~15年の英国舞台美術最優秀展に選出され、プラハ・カドリエンナーレ2015で英国チーム特別賞受賞後、V&Aに展示された。SHSH Architecture + Scenographyを建築家萩原ボクダン新と共同代表。震災復興支援活動として『Invisible Needs of Life』プロジェクトをフランダース建築家協会、復興シンポジウムをボザール建築家協会、英国王立建築家協会、在白日本大使館にて提案している。
【映像】ウィアードコア(Weirdcore)
ロンドンを拠点に活動。その作品は、意識と視覚の境界を広げるデザインとアニメーションの経験の結果である。アーティストや音楽家の用いるメソッドで、アイディアに助言を与え視覚化し、様々な体裁、色、デザイン、メディアをユニークに融合させた独自のプロジェクトを創造する。エイフェックス・ツイン、M,I,A.、スクリレックス、マリー・サイラスといったミュージシャンやハイプ・ウィリアムズ、ソフィー・ミュラー、ダイアン・マルテルらの映像作家のような現代の最も刺激的なアーティストとコラボレートし、画期的なビデオ、インスタレーションなどを手がけている。ワープ・レコーズ、XLレコーディングス、ソニー、ニンジャ・チューン、ドミノ・レコーズなどの組織やレーベルにも独自のセンスや知識を提供し、ファッションや演劇、オペラなど様々な領域へダイナミックで流動的な活動を拡げている。最近では、テーム・インパラの「Cause I'm a Man」のミュージックビデオのCG、制作中のM.I.A.のアルバムのビジュアルを手がける。高度に形成したエレメントを用いて、イメージの終結点へのディレクションの月並みな概念を打ち破り、2Dと3Dの間をシームレスに並行させ、ビデオやコマーシャル映像、ライブ映像、ファッションフィルムに斬新な感覚でアプローチする。その感性はラフで生で、最新でありながら常に有機的であり、決定的なエッジのある芸術的二極性の探求の実践たるテクノロジーに駆り立てられているのである。新国立劇場初登場。
【振付】貝川鐵夫(KAIKAWA Tetsuo)
兵庫県出身。平櫛バレエ姫路、潮田弘子バレエ研究所を経て、ワガノワバレエ学校に留学し、1998年卒業。99年モナコ・プリンセスグレース・アカデミーに留学。2000年新国立劇場バレエ団に入団し、04年ソリスト、11年ファースト・ソリストに昇格。『白鳥の湖』『ドン・キホーテ』『シンデレラ』主役のほか、幅広い作品で重要な役柄を踊る。NBJコレオグラフィック・グループでは意欲的に作品を発表し、『フォリア』が16年「ニューイヤー・バレエ」でも上演されるなど、振付家としての活躍も期待される。主な受賞歴に、96年こうべ全国洋舞コンクール・バレエ男性ジュニアの部第2位、12年姫路市芸術文化奨励賞など。新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト。
【舞踊監修】大原永子(OHARA Noriko)
橘秋子、牧阿佐美、アレクサンドラ・ダニロワ、イゴール・シュベッツォフに師事。橘バレヱ学校を卒業後、橘バレヱ団を経て 1956年、牧阿佐美バレヱ団結成と同時に入団。62年に『白鳥の湖』の主役に抜擢され、以後同団のプリマ・バレリーナとして古典、創作を問わず数多くの作品に主演する。71年にアメリカに留学し、74年に渡英。ニュー・ロンドン・バレエからロンドン・フェスティバル・バレエ、さらにスコティッシュ・バレエへと移籍。77年、スイスのバーゼル・バレエに一時在籍した後、78年に再びスコティッシュ・バレエに戻り、96年までプリンシパル・ダンサーとして活躍。72年舞踊批評家協会賞、82年芸術選奨文部大臣賞、91年服部智恵子賞を受賞。96年よりスコティッシュ・バレエでコーチを務める。97年には大英勲章(OBE)を日本人アーティストとして初めて授与された。2004年紫綬褒章受章。12年橘秋子賞特別賞受賞。14年に旭日小綬章を受章。17年第65回舞踊芸術賞受賞。1999年より新国立劇場バレエ団のバレエ・ミストレスを務め、2010年に同バレエ団の監督補。14年9月新国立劇場舞踊芸術監督に就任。

プロフィール

【ゴーレム3】オルタ3 (Supported by mixi, Inc.)(Alter 3)
人間とのコミュニケーションの可能性を探るために開発された人工生命×アンドロイド「オルタ3」。コミュニケーション創出カンパニーであり、オルタ3のシミュレーターを提供した「ミクシィ」、世界的なアンドロイド研究のパイオニアである「大阪大学石黒研究室」、ALife(人工生命)研究のパイオニアである「東京大学池上研究室」、本プロジェクトの実証実験の場を提供する「ワーナーミュージック・ジャパン」によって2019年2月に共同研究プロジェクトとして発足。 オルタ3は、機械が露出したむき出しの体、性別や年齢を感じさせない顔といった特徴により、人の想像力を喚起し、これまでにない生命性を感じさせることを目指したアンドロイドロボットである。この研究の挑戦は、外界との相互作用により、ロボットが生命感を自ら獲得することができるかどうか、また、これを通じて、生命とは何かといった根源的な問いに答えることである。 プロジェクト発足以来、オルタ3のコラボレートメンバーとして、音楽家渋谷慶一郎氏による『Scary Beauty(スケアリー・ビューティ)』のドイツ公演、日本科学未来館キュレーター内田まほろ氏の企画によるロンドンでの展示、東京・六本木の森美術館の「未来と芸術展」に出展され、人間とアンドロイドによる新たなコミュニケーションとアート、音楽、サイエンスの未来を問い続けている。

「オルタ」シリーズ共同研究:石黒浩、小川浩平、池上高志、土井樹
オルタ3ソフトウェア設計・開発:升森敦士、丸山典宏、株式会社オルタナディヴ・マシン
オルタ3シミュレーター開発:株式会社ミクシィ
オルタ3提供:株式会社ミクシィ
統括プロデューサー:木村弘毅(株式会社ミクシィ)
特別協力:東京大学、大阪大学、株式会社ミクシィ、 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、株式会社オルタナティヴ・マシン
【アキラ】藤木大地(FUJIKI Daichi)
東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所第5期修了。文化庁派遣芸術家在外研修でボローニャに留学後、ウィーンに拠点を置き、ウィーン国立音楽大学大学院で文化経営学を専攻。11年、ローマ国際宗教音楽コンクールファイナリスト。12年、第31回国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクールにてオーストリア代表に2年連続で選出、世界大会ファイナリストとなり、ハンス・ガボア賞を受賞。同年、日本音楽コンクール第1位。13年5月、ボローニャ歌劇場にてグルック『クレーリアの勝利』マンニオ役でヨーロッパ・デビュー。翌月同劇場にバッティステッリ『イタリア式離婚狂想曲』カルメロ役で出演、国際的に高い評価を得る。17年4月にライマン『メデア』へロルド役でウィーン国立歌劇場にデビュー。東洋人のカウンター・テナーとして史上初の快挙で、現地の聴衆から熱狂的に迎えられた。国内では主要オーケストラとの共演や各地でのリサイタルで活躍しており、村上春樹原作の映画「ハナレイ・ベイ」主題歌も担当。18年10月にはメジャー・デビュー・アルバム「愛のよろこびは」をリリース。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活躍している。新国立劇場へは『フィガロの結婚』ドン・クルツィオなどへ出演、本年4月に『ジュリオ・チェーザレ』でカウンター・テナーとしてデビュー予定。20/21シーズン開幕公演『夏の夜の夢』オーベロンにも出演を予定している。
【エリカ】三宅理恵(MIYAKE Rie)
東京音楽大学卒業、同大学院修了。バード音楽院特待奨学生修士課程修了。ドーン・アップショウに師事。10年藤沢オペラコンクール奨励賞受賞。これまでに小澤征爾音楽塾『カルメン』フラスキータ、日生劇場『フィデリオ』マルチェリーネ、NHK音楽祭におけるパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、その他『ラ・ボエーム』ムゼッタ、『フィガロの結婚』バルバリーナなどに出演。オペラの分野以外にも、フォーレ『レクイエム』、シューベルト『ミサ曲第5番 変イ長調』、モーツァルト『レクイエム』、『雀のミサ』、ブラームス『ドイツレクイエム』、カール・ジェンキンス『レクイエム』、アンドリュー・ロイドウェバー 『レクイエム』等宗教曲のソリストとして活躍。新国立劇場では『パルジファル』花の乙女、鑑賞教室『愛の妙薬』ジャンネッタ、『ジークフリート・ハイライトコンサート』森の小鳥に出演している。二期会会員。
【ジョージ】成田博之(NARITA Hiroyuki)
国立音楽大学声楽科卒業、同大学大学院オペラコース修了。オペラ研修所第10期修了。03年ミトロプーロス国際声楽コンクール(アテネ)最高位など受賞多数。これまでに『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、『カルメン』エスカミーリョ、二期会では『ドン・カルロ』ロドリーゴ、『リゴレット』タイトルロール、『イル・トロヴァトーレ』ルーナ伯爵などに出演。新国立劇場では『アンドレア・シェニエ』ルーシェ、『愛の妙薬』ベルコーレ、『沈黙』ヴェリニャーノ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、『エウゲニ・オネーギン』ザレツキー、『椿姫』ドゥフォール男爵、高校生のためのオペラ鑑賞教室『蝶々夫人』シャープレスなどに出演している。二期会会員。
【ルイジ】小泉詠子(KOIZUMI Eiko)
東京藝術大学大学院修士課程、博士課程修了、博士号取得。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。平成24年度文化庁派遣在外研修員としてイタリアに留学。オペラでは、サイトウ・キネン・フェスティバル松本及び日生劇場『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、東京二期会『ファウストの劫罰』マルグリート、同『リゴレット』ジョヴァンナ、同『ノルマ』アダルジーザ、小澤征爾音楽塾特別演奏会『蝶々夫人』スズキなどに出演。モーツァルト『レクイエム』、『第九』などのソリストとしても活躍。新国立劇場では『イェヌーファ』バレナ、『魔笛』侍女Ⅱに出演。二期会会員。

ものがたり

ある学園の卒業式。卒業生たちは15歳になると適性検査で選別され、全知全能AI「マザー」の管理下に置かれる。アキラは判定により開拓地に送られることになり、教育係のヒューマノイド型AIゴーレム3と出会う。ゴーレム3はアキラと深い心の交流を通じ、恋の切なさや夢見る力を感じ取りながら、何か途轍もないものを作り出そうとしていた。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:178-834

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

(Lコード:31428

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか
関連リンク
  • 人工生命×アンドロイド「オルタ3」4社共同プロジェクト始動

    ~人間とアンドロイドによる新たなコミュニケーションの未来を示唆~
    報道資料【PressRelease】alter3_190228.pdf別ウィンドウで開きます