2016/2017シーズン
かさなる視点―日本戯曲の力― Vol. 3
「マリアの首 -幻に長崎を想う曲-」
The Head of Mary: Nagasaki as Theophany
小劇場

30代の演出家たちが近代演劇の名作に挑む!

シリーズ企画「かさなる視点―日本戯曲の力―」第3弾として、田中千禾夫の名作『マリアの首』を小川絵梨子演出でお届けします。
終戦後の長崎で、三人の女性の生きざまを軸に、神との対話と平和への祈りを描き、1959年、岸田演劇賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞した名作です。戦争や被爆の体験を忘れようとする人々、その爪痕を残し記憶を風化させまいとする人々。さまざまな思いを詩的に、時に哲学的に描きます。
「戦争」とはなんだったのか、「生きていく」とはなんなのか。生々しい人間関係を繊密に描くことに定評がある演出家・小川絵梨子が「戦争」に向き合います。どうぞご期待ください。



かさなる視点―日本戯曲の力― 三作品特別割引通し券

3月『白蟻の巣』と4月『城塞』と5月『マリアの首』の3作品を同時購入すると割引になる"3作品特別割引通し券"を発売いたします。
30代の気鋭の演出家が昭和30年代に書かれた秀作をイマの眼で読み解く、注目のシリーズです。

詳しくは、以下のバナーより御覧ください。(2016年12月18日10:00~ 一般前売開始!)

ニュース

TwitterFacebookYouTubeSNSでも最新情報をチェック!

動画

シリーズ「かさなる視点―日本戯曲の力―」ティザー映像

公演日程・チケット

公演日程

2017年

5/10

5/11

5/12

5/13

5/14

5/15

5/16

貸切

13:00

13:00託児マーク小.jpg



★13:00託児マーク小.jpg
18:30 18:30

2017年

5/17

5/18

5/19

5/20

5/21

5/22

5/23

13:00

13:00

13:00託児マーク小.jpg

13:00



13:00
18:30託児マーク小.jpg 18:30

2017年

5/24

5/25

5/26

5/27

5/28

13:00

13:00

13:00

13:00
18:30 18:30 18:30

託児マーク小.jpg託児室<キッズルーム「ドレミ」>をご利用いただけます。

  

※5月11日(木)は学校団体が入る予定です。

※5月12日(金)は貸切のためZ席を含め販売はございません。

◎5月25日(木)昼・夜公演とも収録のため場内にカメラを設置いたします。

  

予定上演時間:未定(後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください)

*開場は開演の30分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。


新国立シアター・トーク(入場無料。ただし満席の場合、制限有)

 日時:5月16日(火)公演終了後 小劇場

 出演:小川絵梨子、鈴木 杏、伊勢佳世、峯村リエ、宮田慶子  司会:中井美穂

 入場方法:本公演のチケットをご提示ください。



☆マンスリープロジェクト(入場無料。要申し込み)
 トークセッション「かさなる視点―日本戯曲の力―」

 日時:5月13日(土)18:00 

 会場:小劇場
 出演:谷 賢一(『白蟻の巣』演出)、上村聡史(『城塞』演出)、小川絵梨子(『マリアの首』演出)、宮田慶子
 募集期間:2月9日(木)~ 

 詳細はこちらから

《全国公演情報》

 日時:6月3日(土)15:00 / 4日(日) 13:00
 会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
 公演の詳細はこちらから

 日時:6月10日(土)13:00
 会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
 公演の詳細はこちらから

チケット料金(税込)

席種A席B席
6,480円 3,240

>座席表PDFファイルを開きます

クラブ・ジ・アトレ会員販売期間は会員の方は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席(1,620円)は公演当日、ボックスオフィスのみでの販売。1人1枚、電話予約不可。

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

会員先行販売期間:2017年2月11日(土)~2月21日(火)
一般発売日:2017年2月25日(土)

座席表

座席表PDFファイルを開きます

スタッフ・キャスト

スタッフ

田中千禾夫
演出
小川絵梨子
  • (演出)

    小川絵梨子

プロフィールを表示する

プロフィール

田中千禾夫(TANAKA Chikao)
1905年、長崎市生まれ。劇作家、演出家。岸田國士、岩田豊雄らの指導を受け、32年、第一次「劇作」同人となり、処女作の「おふくろ」(築地座上演)が出世作となる。「教育」ほかで読売文学賞など受賞多数。戦後の主要作品に『雲の涯』『肥前風土記』『千鳥』『右往左往』など。95年没。
小川絵梨子(OGAWA Eriko)
1978年、東京生まれ。2004年、アクターズスタジオ大学院演出部卒業。06~07年、平成17年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生。
10年、サム・シェパード作『今は亡きヘンリー・モス』の翻訳で第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。12年、『12人~奇跡の物語~』『夜の来訪者』『プライド』の演出で第19回読売演劇大賞優秀演出家賞、杉村春子賞受賞。14年『ピローマン』『帰郷-The Homecoming-』『OPUS/作品』の演出で第48回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回千田是也賞、第21回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。
最近の演出作品に『スポケーンの左手』『RED』『夜想曲集』『ユビュ王』など。新国立劇場では『OPUS/作品』『星ノ数ホド』の演出のほか、『ウィンズロウ・ボーイ』の翻訳も手がけている。

美術
堀尾幸男
照明
服部 基
音楽
阿部海太郎
音響
福澤裕之
衣裳
中村洋一
ヘアメイク
佐藤裕子
演出助手
渡邊千穂
舞台監督
澁谷壽久

キャスト

鈴木 杏 伊勢佳世 峯村リエ

山野史人 谷川昭一朗 斉藤直樹 亀田佳明 チョウ ヨンホ 西岡未央 岡崎さつき

    • 鈴木 杏

    • 伊勢佳世

    • 峯村リエ

  • 山野史人

  • 谷川昭一朗

  • 斉藤直樹

  • 亀田佳明

  • チョウ ヨンホ

  • 西岡未央

  • 岡崎さつき

PAGE TOP

ものがたり

爆撃され被爆した浦上天主堂の残骸を保存するか否かで物議を醸していた終戦後の長崎。昼は看護婦として働き、夜はケロイドを包帯で隠して娼婦として働く鹿。夫の詩集と薬を売りながら客引きをし、生計を立てている忍。鹿と忍が働く病院で献身的に働く看護婦の静。
いつまでたっても保存か建て壊しか結論の出ない市議会を横目に、原爆で崩れた浦上天主堂の壊れたマリア像の残骸を、秘密裏に拾い集めて、なんとかマリア像だけでも自分たちの手で保存しようと画策する女たち。
雪のある晩、最後に残ったマリアの首を運ぼうと天主堂に集まったが、風呂敷に包もうとしても、マリアの首は重く、なかなか動かないのだった......。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(中学生以下):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

学生割引チケットは、JR各社の学生割引を利用できる学生の方が対象です。
車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • Z席は舞台が見づらいお席です。予めご了承ください。
  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近くバルコニーの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:454-623】

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003(Lコード:39365)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・トップツアー ほか