2016/2017シーズン
オペラ「ルチア」/ガエターノ・ドニゼッティ
Lucia di Lammermoor / Gaetano DONIZETTI
全2部(3幕)〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

【共同制作】モンテカルロ歌劇場

悲しみは「狂乱の場」で頂点に。引き裂かれた愛の悲劇

ドニゼッティ作曲によるベルカント・オペラの最高傑作『ルチア』を待望の新制作で上演します。兄エンリーコに恋人エドガルドとの仲を引き裂かれたルチアの悲劇。ドラマのハイライトであり最大の聴きどころは、絶望のあまり狂気に陥ったルチアが歌う「狂乱の場」です。今回はオリジナル通りのグラスハーモニカで演奏する予定です。演出を手掛けるのはモンテカルロ歌劇場総監督のジャン=ルイ・グリンダ。作品に忠実でありながら機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語をどのように描き出すか注目です。


欧米で大活躍の若手スター歌手、ペレチャッコ出演!


タイトルロールは、スター街道を駆け上がっているロシアの名花オルガ・ペレチャッコ。「ベルカントの新女王」と評されるペレチャッコが美声と高度な歌唱技術を駆使して歌う「狂乱の場」は大きな話題となることでしょう。エドガルド役は、同役をベルリン、チューリヒなどで歌っているスペイン人テノールのイスマエル・ジョルディ、エンリーコ役は、世界の一流歌劇場で目覚ましい活躍をしている注目のバリトン、アルトゥール・ルチンスキーです。指揮はイタリアオペラに定評のあるジャンパオロ・ビザンティ。豪華布陣による『ルチア』で、ベルカント・オペラの醍醐味をどうぞご堪能ください。

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

PAGE TOP

公演日程・チケット

公演日程

2017年3月14日(火)18:30 オペラパレス
2017年3月18日(土)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2017年3月20日(月・祝)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2017年3月23日(木)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2017年3月26日(日)14:00 オペラパレス
託児サービス利用可 ...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。
予定上演時間:約3時間10分(休憩含む)
*大幅に変更になる場合は、後日あらためてご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。
*開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。

チケット料金(税込)

席種S席A席B席C席D席
料金(税込) 27,000円 21,600円 15,120円 8,640円 5,400円

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,620円

今すぐチケットを購入する

オペラ シーズンセット券 2015/2016シーズン

2016/2017シーズン オペラ セット券
1月20日(水)10:00発売!

前売り開始日

会員先行販売期間:2016年11月3日(木・祝)~11月15日(火)

一般発売日:2016年11月19日(土)

スタッフ・キャスト

スタッフ

指 揮
ジャンパオロ・ビザンティ
演 出
ジャン=ルイ・グリンダ
美 術
リュディ・サブーンギ
衣 裳
ヨルゲ・ヤーラ
照 明
ローラン・カスタン
舞台監督
村田健輔
  • (指揮)

    ジャンパオロ・
    ビザンティ

  • (演出)

    ジャン=ルイ・
    グリンダ

プロフィールを表示する

キャスト

ルチア
オルガ・ペレチャッコ
エドガルド
イスマエル・ジョルディ
エンリーコ
アルトゥール・ルチンスキー
ライモンド
妻屋秀和
アルトゥーロ
小原啓楼
アリーサ
小林由佳
ノルマンノ
菅野 敦

合唱指揮
三澤洋史
合 唱
新国立劇場合唱団
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団
  • (ルチア)

    オルガ・
    ペレチャッコ

  • (エドガルド)

    イスマエル・
    ジョルディ

  • (エンリーコ)

    アルトゥール・
    ルチンスキー

  • (ライモンド)

    妻屋秀和

  • (アルトゥーロ)

    小原啓楼

  • (アリーサ)

    小林由佳

  • (ノルマンノ)

    菅野 敦

プロフィールを表示する

プロフィール

【指揮】ジャンパオロ・ビザンティ(Giampaolo BISANTI)
ミラノ生まれ。指揮、クラリネット、ピアノ、作曲をヴェルディ音楽院で学ぶ。若き頃からイタリアの主要な歌劇場に招聘されており、2008年ボローニャ歌劇場のシーズンオープンを飾ったロベルト・アラーニャ主演『オルフェオとエウリディーチェ』は大成功を収め、DVDが発売された。これまでに出演した主な劇場は、フィレンツェ歌劇場、パレルモ・マッシモ劇場、マッシモ・ベッリーニ劇場、トリエステ・ヴェルディ劇場、ソウル芸術の殿堂、トリノ王立歌劇場、スウェーデン王立歌劇場、カルロ・フェリーチェ劇場、フェニーチェ歌劇場などである。これまでに指揮をしたオペラは『椿姫』『マクベス』『トゥーランドット』『オテロ』『愛の妙薬』『ラ・ボエーム』『蝶々夫人』『リゴレット』『アンドレア・シェニエ』『ナブッコ』『セビリアの理髪師』『カヴァレリア・ルスティカーナ』などがある。特に2015/2016シーズンは国際的に重要なデビューが続き、チューリヒ歌劇場『ラ・ボエーム』、ザクセン州立歌劇場『ラ・ボエーム』、ベルリン・ドイツ・オペラ『リゴレット』、ザンクト・ガレン歌劇場でベッリーニ『ノルマ』などを指揮している。オペラのほかオーケストラのコンサートも多く指揮しており、トリノRAI交響楽団、イタリア・ボルツァーノのハイドン管弦楽団、ミラノ・ヴェルディ管弦楽団などがある。新国立劇場初登場。
【演出】ジャン=ルイ・グリンダ(Jean-Louis GRINDA)
モナコ生まれ。2007年モンテカルロ歌劇場の総監督に就任。1996年から2007年までベルギー・ワロニー王立歌劇場の総監督を務め「折衷的、かつ独創的」なレパートリーを確立してきた。自身もワロニー王立歌劇場で2003年から2004年にワーグナー「ニーベルングの指環」4部作、2005年にレオンカヴァッロ『道化師』、さらにミュージカルの分野でもモーリー・イェストン『タイタニック』、ジューリー・スタイン『シュガー』などを演出している。またフランスを中心に海外の劇場でも活躍。イスラエル・オペラ、ローマ歌劇場、フィレンツェ歌劇場、テアトロ・ムニシパルなどで演出している。2005年に上演した子供向けミュージカル『ソル・アン・シルク』は「解りやすく様々な要素を取り入れた」演出で10万人を超える観客が観劇している。また、パリのポルト・サン=マルタン劇場で上演したミュージカル『雨に唄えば』は2001年の最優秀ミュージカル作品としてモリエール賞を受賞している。これまでに演出した作品は、モンテカルロ歌劇場では『魔笛』『ラ・ペリコール』『こうもり』『ドン・ジョヴァンニ』『ホフマン物語』『ファルスタッフ』『リゴレット』『メフィストーフェレ』『子供と魔法』『ナヴァラの娘』『ジョコンダ』『魔笛』『ファルスタッフ』『トスカ』『リゴレット』『ロメオとジュリエット』『ホフマン物語』『椿姫』などがある。2013年にはトリノ王立歌劇場日本公演『トスカ』が上演されている。新国立劇場初登場。

プロフィール

【ルチア】オルガ・ペレチャッコ(Olga PERETYATKO)
ロシア・サンクトペテルブルク生まれ。マリインスキー劇場の児童合唱を経て、その後ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学ぶ。2005年から2007年はハンブルク州立歌劇場のオペラスタジオに所属。その後、ベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、シャンゼリゼ劇場、フェニーチェ歌劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルなどに出演している。2013年と2014年には、ザルツブルク音楽祭、ウィーン国立歌劇場、チューリヒ歌劇場、ベルリン州立歌劇場、ミラノ・スカラ座などヨーロッパ主要な歌劇場へのデビューを果たして成功を収めている。またベルリン・ドイツ・オペラとハンブルク州立歌劇場で『愛の妙薬』アディーナに出演。さらにメトロポリタン歌劇場には『清教徒』エルヴィーラでデビューして成功を収めた。エクサン・プロヴァンス音楽祭とバイエルン州立歌劇場『イタリアのトルコ人』フィオリッラ、サンカルロ歌劇場『愛の妙薬』アディーナでも成功を収めた。2015年にはローザンヌ歌劇場に『椿姫』ヴィオレッタでデビューして大絶賛を博した。直後に、バーデンバーデン祝祭劇場で新制作『椿姫』同役に出演。ウィーン国立歌劇場では『清教徒』、ミラノ・スカラ座でロッシーニ『オテロ』、メトロポリタン歌劇場『リゴレット』ジルダで再び出演。またトリノ王立歌劇場『清教徒』、モネ劇場で『愛の妙薬』アディーナに出演。マドリード王立劇場に『リゴレット』ジルダでデビューした。今後の予定としてパリ・オペラ座、英国ロイヤルオペラ、サンフランシスコ・オペラなどで劇場デビューの予定となっている。新国立劇場初登場。
【エドガルド】イスマエル・ジョルディ(Ismael JORDI)
スペインのヘレス・デ・ラ・フロンテーラ生まれ。マドリードのソフィア王妃高等音楽院で声楽を学ぶ。2002年にストラスブール・ライン・オペラ『ドン・パスクアーレ』エルネストでフランスにデビュー。その後、ヨーロッパを中心に出演を重ねている。主なレパートリーは、『ルチア』エンリーコ、『椿姫』アルフレード、『リゴレット』マントヴァ伯爵、『愛の妙薬』ネモリーノ、『ホフマン物語』ホフマンなどである。
これまでに出演した主な劇場は、トゥールーズ・キャピトル劇場、ボルドー国立歌劇場、マルセイユ歌劇場、フランス・アヴィニョン歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、ハンブルク州立歌劇場、フランクフルト歌劇場、ザクセン州立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパー、チューリヒ歌劇場、ローザンヌ国立歌劇場、マドリード王立劇場、ネザーランド・オペラ、ベルギー・リエージュ劇場、英国ロイヤルオペラ、リセウ大劇場、サンカルロ歌劇場などがある。今後、フェニーチェ歌劇場『椿姫』アルフレード、ローマ歌劇場『シャモニーのリンダ』カルロ、バイエルン州立歌劇場『ルクレツィア・ボルジア』ジェンナーロでの出演が予定されている。新国立劇場初登場。
【エンリーコ】アルトゥール・ルチンスキー(Artur RUCINSKI)
ワルシャワ生まれ。ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場とワルシャワ国立歌劇場で研鑽を積む。2002年ワルシャワ国立歌劇場『エウゲニ・オネーギン』タイトルロールでデビュー。その功績で『スペードの女王』エレツキー公爵、『エウゲニ・オネーギン』タイトルロール、『ファウスト』ヴァランティンの出演が決定した。さらに、ダニエル・バレンボイムにその実力が評価され、自らが指揮をしたベルリン・ドイツ・オペラ『エウゲニ・オネーギン』でローランド・ビリャソンと共演を果たした。近年では、2012年『ラ・ボエーム』マルチェッロでロサンゼルス・オペラにデビュー。2013年『ファルスタッフ』フォードでオペラ・バスティーユにデビュー。同年はヴェローナ野外劇場『イル・トロヴァトーレ』ルーナ伯爵と『椿姫』ジェルモンにも出演。2014年バイエルン州立歌劇場『エウゲニ・オネーギン』(指揮:キリル・ペトレンコ)、フェニーチェ歌劇場とベルリン・ドイツ・オペラで『椿姫』ルーナ伯爵、フランクフルト歌劇場『ファルスタッフ』フォードなどに出演。さらに2015年ハンブルグ州立歌劇場とチューリヒ歌劇場で『ルチア』エンリーコ、パリ国立歌劇場『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールに出演して成功を収めている。新国立劇場初登場。
【ライモンド】妻屋秀和(TSUMAYA Hidekazu)
東京藝術大学卒業、同大学大学院オペラ科修了。1994年~2001年ライプツィヒ歌劇場、02年~11年ワイマールのドイツ国民劇場専属歌手。今までに出演した歌劇場はベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、スコティッシュ・オペラなどがある。新国立劇場では『ラ・ボエーム』コッリーネ、『ドン・ジョヴァンニ』騎士長、『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『アイーダ』ランフィス、『ナブッコ』ベルの祭司長、『夜叉ヶ池』鉱蔵、『リゴレット』スパラフチーレ、『ヴォツェック』医者、『アラベッラ』ヴァルトナー伯爵、『ドン・ジョヴァンニ』騎士長、『ドン・カルロ』宗教裁判長、『マノン・レスコー』ジェロント、『ばらの騎士』警部、『ラインの黄金』ファーゾルト、『ファルスタッフ』ピストーラ、『魔笛』ザラストロなど出演多数。2016/2017シーズンは、さらに『カルメン』スニガ、『ルチア』ライモンドの出演が予定されている。二期会会員。

ものがたり

【第1部】17世紀スコットランドのレイヴンスウッド城。エンリーコ・アシュトン卿はレイヴンスウッド家を倒したが、家をさらに安泰させるには妹ルチアの政略結婚しかないと目論んでいる。ところが家臣ノルマンノによれば、ルチアは宿敵レイヴンスウッド家のエドガルドと愛し合っているという。エンリーコは妹の不実の恋に怒る。
 エドガルドとの愛だけが生きる希望であるルチアは、庭園の泉で彼を待っていた。やってきたエドガルドは、夜明け前にフランスへ発たねばならないので、それまでにエンリーコと和解して2人の愛を認めてもらおう、と語る。しかしルチアはまだ時期尚早だと諭す。エドガルドは結婚を誓ってルチアの指に指輪をはめる。

【第2部第1幕】政略結婚の準備が進んでいたが、ルチアは、自分はすでに他の人と結婚の誓いを立てた、と訴える。そんな妹にエンリーコは、エドガルドの手紙を渡す。これは偽の手紙なのだが、彼の心変わりを伝える内容に絶望のあまり、ルチアは結婚を承諾する。大広間でアルトゥーロ・バックロウ卿との婚礼の儀式が行われ、ルチアは結婚契約書にサインをする。そこにエドガルドが帰還。結婚契約書を見て愕然とし、指環を外してルチアを呪う。

【第2部第2幕】エドガルドの住む塔にやってきたとエンリーコ。2人は明朝、決闘することを約束する。
レイヴンスウッド城の大広間で婚礼の宴が続いているが、そこに血まみれのルチアが現れる。悲しみのあまり正気を失ったルチアは、寝室で夫を刺し殺してしまったのだ。ルチアは幻のエドガルドと話したのち、息を引き取る。
決闘の場であるレイヴンスウッド家の墓地で敵の到着を待つエドガルドの前に、ルチアの葬列がやってくる。ルチアの死を知ったエドガルドは、天国で一緒になろう、と自らの胸に短剣を突き立てるのだった。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(中学生以下):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。
学生割引チケットは、JR各社の学生割引を利用できる学生の方が対象です。
車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

◎2016/2017シーズンより、オペラ・バレエ公演におけるZ席の販売方法が変わります。

  • Z席は舞台が見づらいお席です。予めご了承ください。
  • Z席(各日42席)とZ【音のみ】席(各日4席)は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィスおよびコンビニエンスストア(セブン-イレブン、サークルK・サンクスに限る)の端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。
 ※Web抽選はございません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 発売初日に限りD席のお申し込みは1人合計2枚まで。
  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)
【Pコード:288-003】

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)
0570-084-003(Lコード:33246)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC)

CNプレイガイド

0570-08-9990(オペレーター受付)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

東京文化会館チケットサービス

03-5685-0650(オペレーター受付)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか