演劇公演関連ニュース

新国立劇場 演劇公演 英語字幕導入のお知らせ

新国立劇場の演劇公演につきまして、2022/2023シーズンの以下の公演で英語字幕を導入することが決定いたしました。

海外招聘公演『ガラスの動物園』(2022年9-10月上演)、日本の劇作家の新作シリーズ【未来につなぐもの】第一弾『私の一ヶ月』(2022年11月上演)、第二弾『夜明けの寄り鯨』(2022年12月上演)において、英語字幕を表示いたします。

対象公演日、表示方法は以下の通りです。

海外招聘公演『ガラスの動物園』(フランス語上演)

字幕表示方法:舞台上のスクリーンに日本語・英語のバリアフリー字幕を表示します。

対象公演:全公演日(2022年9月28日~10月2日)

公演情報はこちら

【未来につなぐもの】新作Ⅰ『私の一ヶ月』(日本語上演)

字幕表示方法:手持ち型ポータブル字幕機を貸出しします。(予約不要、先着順)*

ポータブル字幕機の貸出し対象公演日は後日お知らせいたします。

公演情報はこちら

【未来につなぐもの】新作II『夜明けの寄り鯨』(日本語上演)

字幕表示方法:手持ち型ポータブル字幕機を貸出しします。(予約不要、先着順)*

ポータブル字幕機の貸出し対象公演日は後日お知らせいたします。

公演情報はこちら



*ポータブル字幕機の貸出しは、英語版ウェブボックスオフィスでのチケットご購入の方を優先、かつ先着順とさせていただきます。


より多くの方に公演をお楽しみいただくための新国立劇場の取り組み

新国立劇場では、より多くの方に舞台芸術、公演をお楽しみいただけるよう、様々な取り組みを行っております。演劇部門では、目や耳に障がいのあるお客様のための観劇サポートを、2018/2019シーズンから定期的に実施しています。
外国人のお客様向けのサービスとしては、2018/2019シーズンから一部のオペラ公演、2019/2020シーズンからすべてのオペラ公演で英語字幕を表示しています。