2020/2021シーズン演劇 『リチャード二世』開幕!

新国立劇場では本日10月2日(金)に演劇『リチャード二世』が開幕いたしました。


足掛け12年をかけた壮大な歴史絵巻が、ついに完結!


 2009年から続いたシェイクスピアの歴史劇シリーズ上演がついに最終作を迎えます。これまで、イギリスの内乱、対フランスとの戦争や権力への執着など、様々な"争い"を通し、人間の営みの愚かさや気高さを余すところなく描き切り、高い評価を得てきました。

 その最終作『リチャード二世』は、歴史的には最も古い時代を扱った史劇で、全ての発端であり、人々の争いの原因となった、ボリングブルック(後のヘンリー四世)による、リチャード二世からの王権奪取が描かれます。まさに最終作にして、その出発点を解き明かす鍵となる公演です。

 出演は、岡本健一、浦井健治、中嶋朋子など、このシリーズには欠かせない俳優陣に、演出の鵜山仁をはじめ、スタッフはほぼ同じ布陣で臨みます。足掛け12年をかけた壮大な歴史絵巻がついに完結します。


公演詳細:https://www.nntt.jac.go.jp/play/richard2/

  

チケットはこちら


PR映像~これまでの軌跡


 関連リンク

『リチャード二世』公演情報


新国立劇場はお客様に安心してご観劇いただけるよう、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底しております。

新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い