bunkacho_geijutsusai_symbolmark.gif平成29年度(第72回)文化庁芸術祭主催公演

新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン
「プライムたちの夜」
Marjorie Prime
小劇場

美しい想い出、愛する人、永遠――
人工知能は人を幸せにするのか?


現代欧米戯曲を日本で初演する企画の第5弾は、アメリカの新進作家ジョーダン・ハリソンの『プライムたちの夜』。2014年、ロサンゼルスでの初演直後から反響を巻き起こし、2015年にピュリッツァー賞の最終候補作品となり、オフ・ブロードウェイでの再演、さらには映画化され2017年サンダンス映画祭でプルミエ公開され高い評価を得ています。

この話題作の演出を手がけるのは、新国立劇場芸術監督の宮田慶子、出演は、新国立劇場初登場となる浅丘ルリ子、そして香寿たつき、相島一之、佐川和正ら、演出家の信頼篤い四人の顔合わせが実現、まさに開場20周年にふさわしい豪華な布陣でお贈りいたします。

ニュース

TwitterFacebookYouTubeSNSでも最新情報をチェック!

市原えつこのスペシャルコラム

2017年の文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で「シン・ゴジラ」に次いで入賞を果たし、いま注目されている「デジタルシャーマン・プロジェクト」。そこには奇しくも『プライムの夜』に通じるコンセプトが根底に流れていた。
『プライムたちの夜』の世界はもうすぐそこなのか?プロジェクトを率いる市原えつこ氏に語っていただいた。

その1 アンドロイドと今 ~『プライムたちの夜』の世界はやってくるのか

市原えつこ氏とロボット


身近な人の死を経験したことはあるだろうか。ない、という人の方が珍しいかもしれない。

私にとって、初めての近親者との離別は祖母の死だった。お婆ちゃん子だった私は、自分が成長すると同時に祖母から発せられる「死の匂い」が徐々に濃くなっていくのを感じていた。大好きだった祖母が、老いとともに元来の人柄や姿を変えていくのが会うたびに分かる。しかしそれが分かったとて、何もできない。やがて祖母が亡くなり、通夜葬儀を迎え、弔いのプロセスにより心が整理されるのを感じながらも、彼女に対して何もできなかった後悔や、「次は自分の両親の番だ」という逃れられない事実の重みがのしかかってきた。

いつか必ず訪れる大事な人との別れに、私たちはどう向き合えばいいのだろう?自分なりにその答えを探すため、当時仕事で扱っていた家庭用ロボットを改造し、故人の似姿を再現するプロジェクトを始めた。その名も「デジタルシャーマン・プロジェクト」。試行錯誤のすえ、故人の代替として愛着を持てるような、死後49日間だけ一緒にいてくれるロボットを開発した。生前に取得した顔・しぐさ・声など身体の特徴をもとにアプリをつくり、死後にロボットにインストール(憑依)させる。そして、仏教で死者の魂が地上をさまようとされる死後49日間だけ稼働させ、遺族の心を癒やす手助けをする......というものだ。

人類の歴史は弔いの歴史でもある。大事な人を失う喪失の感情は全人類共通で、これまで様々な文化圏で多種多様な喪のプロセスが行われてきた。科学技術が発達した現在だからこそ可能な、新しい弔いの形があるはずだと私は考えた。


デジタルシャーマン・プロジェクト
現代では人工知能、チャットボット、ロボティクスといった、人間を再現することが可能なテクノロジーが急速に身近になってきている。国内外の主要企業が独自のチャットボットを開発し、グーグルをはじめとした巨大企業が人工知能の技術を猛スピードで更新し、ソフトバンクのペッパーなどのヒト型ロボットもどんどん一般家庭に普及しつつある。 身近な誰かが亡くなったとして、その人を模したロボットなり人工知能プログラムなりを作ることは、物語の舞台である2060年を待たずとも、今の技術でもある程度は可能だ。そして今後、どんどん加速していく流れになるだろう。 そういった科学技術の進化の果てに、誰かを失った喪失感すらもテクノロジーによって埋め合わせできるのだろうか?人類がこれから向かうことになるであろうそんな問いがこの戯曲『プライムたちの夜』では描かれている。

本作の脚本を読んで、突飛な思いつきで開発を始めた「デジタルシャーマン・プロジェクト」が普及したあとの未来像を見ている気分がした。

日進月歩で科学技術が発達する現代。その中を生きる人間がずっと持ち続ける感情や非合理性。その間で生まれる軋みや葛藤こそが、かろうじて人間を人間たらしめるのかもしれない。

市原えつこ


メディアアーティスト/妄想監督 市原えつこ (いちはら・えつこ)

1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ 49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。
公式ウェブサイト http://etsuko-ichihara.com/

公演日程・チケット

公演日程

2017年

11/7

11/8

11/9

11/10

11/11

11/12

11/13

14:00

14:00

13:00託児マーク小.jpg 13:00

19:00

19:00 19:00 17:30

2017年

11/14

11/15

11/16

11/17

11/18

11/19

11/20

★14:00

14:00

14:00

14:00

13:00 13:00託児マーク小.jpg

19:00託児マーク小.jpg
17:30

2017年

11/21

11/22

11/23

木祝

11/24

11/25

11/26

14:00

14:00託児マーク小.jpg

13:00

貸切

13:00

13:00
17:30 19:00 17:30


託児マーク小.jpg託児室<キッズルーム「ドレミ」>をご利用いただけます。


※11/15(水)公演には学校団体が入る予定です。

※11/25(土)13:00公演は貸切のためZ席を含め販売はございません。


予定上演時間:未定(後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前での表示をご確認ください。)
*開場は開演の30分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。

新国立シアタートーク(入場無料。ただし満席の場合、制限有)
日時:11月14日(火)公演終了後 小劇場
出演:浅丘ルリ子、香寿たつき、宮田慶子 

司会:中井美穂
入場方法:本公演のチケットをご提示ください。


☆マンスリープロジェクト(入場無料。要申し込み) 

リーディング公演 ~現代アメリカ戯曲より~

日時:11月19日(日)17:00/21日(火)19:00

会場:小劇場
演出:宮田慶子
募集開始:10月12日(木)~  詳細はこちらから

  

《全国公演情報》

日時:11月29日(水)13:00
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公演の詳細はこちらから

チケット料金(税込)

席種A席B席
料金(税込) 6,480円 3,240円

座席表PDFファイルを開きます

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,620円

チケット購入・割引等のご案内別ウィンドウで開きます

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

会員先行販売期間: 2017年8月26日(土)10:00~9月5日(火)
一般発売日: 2017年9月9日(土)10:00

座席表

座席表PDFファイルを開きます

スタッフ・キャスト

スタッフ

ジョーダン・ハリソン
翻訳
常田景子
演出
宮田慶子
  • (翻訳)

    常田景子

  • (演出)

    宮田慶子

プロフィールを表示する

プロフィール

【作】ジョーダン・ハリソン(Jordan HARRISON)
アメリカの劇作家。ニューヨーク在住。 2003年頃より劇作を始め、これまでにルイスヴィル、サン・フランシスコ、ミネアポリスなどで上演されている。2007年にはオフブロードウェイに進出。 本作『マージョリー・プライム』は2014年、ロス・アンジェルスで初演され、翌年、ピュリッツァー賞の最終候補に残った。またマイケル・アルメレイダ脚本・監督で映画化もされている。
【翻訳】常田景子(TSUNEDA Keiko)
東京大学文学部心理学科卒。在学中、劇団夢の遊眠社に入団。文学座附属演劇研究所20期。木山事務所、NOISE などで俳優として活動しながら翻訳を始め、パルコ劇場制作部を経て、現在は演劇脚本を中心に翻訳に携わる。 初上演作品は1993年『滅びかけた人類、その愛と本質とは...』、2001年第8回湯浅芳子賞、翻訳・脚色部門受賞。近年の主な作品に『ヒストリーボーイズ』『エンロン』『ピアフ』『太陽に灼かれて』『姉妹たちの庭で』『グレンギャリー・グレン・ロス』『6週間のダンスレッスン』『シカゴ』『デモクラシー』など。新国立劇場では『やけたトタン屋根の上の猫』『負傷者16人―SIXTEEN WOUNDED―』『永遠の一瞬―Time Stands Still―』を翻訳。主な翻訳書に『ヴードゥーの神々』『戯曲の読み方』『現代戯曲の設計』『リディキュラス!』など。
【演出】宮田慶子(MIYATA Keiko)
1980年、劇団青年座(文芸部)に入団。83年青年座スタジオ公演『ひといきといき』の作・演出でデビュー。翻訳劇、近代古典、ストレートプレイ、ミュージカル、商業演劇、小劇場と多方面にわたる作品を手がける一方、演劇教育や日本各地での演劇振興・交流に積極的に取り組んでいる。公益社団法人日本劇団協議会常務理事、日本演出者協会副理事長。主な受賞歴に、94年第29回紀伊国屋演劇賞個人賞(青年座『MOTHER』)、97年第5回読売演劇大賞優秀演出家賞(青年座『フユヒコ』)、98年芸術選奨文部大臣新人賞(新国立劇場『ディア・ライアー』)、2001年第43回毎日芸術賞千田是也賞、第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞(青年座『赤シャツ』『悔しい女』、松竹『サラ』)など。上記以外の主な演出作品に、青年座『ブンナよ、木からおりてこい』『妻と社長と九ちゃん』『をんな善哉』、松竹『愛は謎の変奏曲』『恋の三重奏』『ガブリエル・シャネル』、ホリプロ『ノイゼズオフ』『エレファントマン』『ペテン師と詐欺師』、パルコ『ふたたびの恋』『LOVE30』など。新国立劇場では上記『ディア・ライアー』のほか、『かくて新年は』『美女で野獣』『屋上庭園』を演出。芸術監督就任後は2010/2011シーズン『ヘッダ・ガーブレル』『わが町』『おどくみ』、2011/2012 シーズン『朱雀家の滅亡』『負傷者16人─ SIXTEEN WOUNDED─』、2012/2013 シーズン『るつぼ』『長い墓標の列』『つく、きえる』、2013/2014 シーズン『ピグマリオン』『永遠の一瞬─ Time Stands Still─』、2014/2015 シーズン『三文オペラ』『海の夫人』。2015/2016シーズン『パッション』『「かぐや姫伝説」より 月・こうこう,風・そうそう』、2016/2017シーズン『君が人生の時』。また、オペラ部門では『沈黙』(12・15年)を演出。16年4月より新国立劇場演劇研修所所長。

美術
横田あつみ
照明
中川隆一
音響
上田好生
衣裳
半田悦子
ヘアメイク
宮内宏明
演出助手
金澤菜乃英
舞台監督
澁谷壽久

キャスト

出演
浅丘ルリ子 香寿たつき 佐川和正 相島一之
  • 浅丘ルリ子

  • 香寿たつき

  • 佐川和正

  • 相島一之

ものがたり

とある家の居間、85歳のマージョリーが30代のハンサムな男性と会話している。だが、昔の二人の思い出に話が及ぶと、その内容に少しずつ齟齬が生まれる。戸惑うマージョリー。実はその話し相手は、亡き夫の若き日の姿に似せたアンドロイドだった。


薄れゆくマージョリーの記憶を何とかとどめようとする娘夫婦。愛する人を失いたくない家族の愛をテクノロジーはどこまで補えるのだろうか......。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(中学生以下):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。
  • Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5746)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近くバルコニーの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:458-747

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003(Lコード:39402

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズ ほか