●●●(公演タイトル)

2018/2019シーズン
オペラ「ドン・ジョヴァンニ」/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Don Giovanni / Wolfgang Amadeus MOZART
全2幕〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

モーツァルトが鮮やかに描く稀代のプレイボーイ ドン・ファンの物語

稀代の色事師か、はたまた自由の探究者か?複雑な魅力にあふれたヒーロー、ドン・ファンは私たちの心を捕えて離しません。多くの芸術家が取り上げた中でも、モーツァルトの傑作『ドン・ジョヴァンニ』が示す存在感は圧倒的なもの。軽妙な喜劇でありながら、心理劇でもあり、さらに最後にもたらされるカタルシスの迫力に、オペラの最高傑作と称える声も少なくありません。今回のドン・ジョヴァンニはニコラ・ウリヴィエーリ。余裕ある大人の色気で迫るドン・ファンです。対する女性陣には、スカラ座を振り出しにイタリア中の歌劇場を席巻しているホープ脇園彩がドンナ・エルヴィーラ、フレッシュな美声で急成長を遂げるマリゴーナ・ケルケジのドンナ・アンナ、新国立劇場オペラ研修所から羽ばたいた九嶋香奈枝のツェルリーナと伸び盛りの若手が揃いました。ドン・オッターヴィオにベルカントの諸役で大注目を集めるフアン・フランシスコ・ガテルが登場、レポレッロとマゼットはジョヴァンニ・フルラネット、久保和範とベテランが固めます。指揮には若々しく引締まった音楽が魅力の俊英、フランチェスコ・ランツィロッタ。新たなドン・ジョヴァンニにご期待ください。

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

PAGE TOP

公演日程・チケット

公演日程

2019年5月17日(金)18:30 オペラパレス
2019年5月19日(日)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2019年5月22日(水)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2019年5月25日(土)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2019年5月26日(日)14:00(貸切) オペラパレス



  • 予定上演時間:約3時間25分(休憩含む)
*大幅に変更になる場合は、後日あらためてご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。
*開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
*5月26日(日)は貸切公演のため、Z席を含めチケット販売はございません。
託児サービス利用可 ...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

チケット料金(税込)

席種S席A席B席C席D席
料金(税込) 23,760円 19,440円 12,960円 7,560円 4,320円

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,620円

今すぐチケットを購入する

オペラ シーズンセット券 2015/2016シーズン

2018/2019シーズン オペラ セット券
1月19日(金)10:00発売!

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間:2018年12月9日(日)~12月24日(月・休)
一般発売日:2019年1月5日(土)10:00

スタッフ・キャスト

スタッフ

指揮
フランチェスコ・ランツィロッタ
演出
グリシャ・アサガロフ
美術・衣裳
ルイジ・ペーレゴ
照明
マーティン・ゲプハルト
  • (指揮 )

    フランチェスコ・ランツィロッタ

  • (演出)

    グリシャ・アサガロフ

プロフィールを表示する

キャスト

ドン・ジョヴァンニ
ニコラ・ウリヴィエーリ
騎士長
妻屋秀和
レポレッロ
ジョヴァンニ・フルラネット
ドンナ・アンナ
マリゴーナ・ケルケジ
ドン・オッターヴィオ
フアン・フランシスコ・ガテル
ドンナ・エルヴィーラ
脇園 彩
マゼット
久保和範
ツェルリーナ
九嶋香奈枝

合唱
新国立劇場合唱団
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団
  • (ドン・ジョヴァンニ)

    ニコラ・ウリヴィエーリ

  • (騎士長)

    妻屋秀和

  • (レポレッロ)

    ジョヴァンニ・フルラネット

  • (ドンナ・アンナ)

    マリゴーナ・ケルケジ

  • (ドンナ・エルヴィーラ)

    脇園 彩

  • (ドン・オッターヴィオ)

    フアン・フランシスコ・ガテル

  • (ツェルリーナ)

    九嶋香奈枝

プロフィールを表示する

プロフィール

【指揮】フランチェスコ・ランツィロッタ(Francesco LANZILLOTTA)
イタリア生まれ。ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて指揮と作曲を学び、その後ニューヨーク、マドリードにてマスターコースに参加した。2012/2013シーズンにはトリノRAI交響楽団にデビュー、また『兵士の物語』、スポンティーニ『仮面での逃走』でナポリ・サンカルロ歌劇場にデビューした。13/14シーズンにはトリノRAI響およびトスカニーニ・フィルを指揮した他、デ・ジオーザ『ドン・ケッコ』でナポリ・サンカルロ歌劇場、バッティステッリ『Il medico dei pazzi』世界初演でナンシー歌劇場およびフェニーチェ歌劇場に出演、フェニーチェ歌劇場では『人間の声』、ヤナーチェク『消えた男の日記』も指揮した。14年にはトスカニーニ・フィルの首席指揮者に就任、3年間務める。この他スイス・イタリア管弦楽団、ボルツァーノ・ハイドン管弦楽団、ボローニャ歌劇場管弦楽団、トスカーナ管弦楽団、ミラノ・ヴェルディ管弦楽団などを指揮しており、マッテオ・ダミーコ、エンニオ・モリコーネら現代作曲家の作品にも精力的に取り組んでいる。16/17シーズンにはモンペリエ歌劇場、エッセン・アールト劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルにデビュー。また17年7月の日生劇場での『ノルマ』での鮮烈な演奏は記憶に新しい。今後の予定にはザクセン州立歌劇場『リゴレット』、ハンガリー国立歌劇場『アルジェのイタリア女』などがある。新国立劇場初登場。
【演出】グリシャ・アサガロフ(Grischa ASAGAROFF)
ドイツのジーゲン生まれ。ミュンヘン大学で音楽と演劇を学ぶ。1966年よりバイエルン州立歌劇場で舞台監督、演出助手の仕事を始め、ドルトムント歌劇場、ライン・ドイツ・オペラなどで助手を務め、ギュンター・レンネルト、ジャン=ピエール・ポネルなどのもとで研鑽を積みながら国際的な活動をスタート。82年からチューリヒ歌劇場、86年からウィーン国立歌劇場首席演出家を務め、2012年までチューリヒ歌劇場芸術監督。新国立劇場では2004年『カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師』、06年『イドメネオ』、08、12年『ドン・ジョヴァンニ』の演出を手がけるほか、09年ポネル演出の『チェネレントラ』では、再演演出および演技指導で参加している。

プロフィール

【ドン・ジョヴァンニ】ニコラ・ウリヴィエーリ(Nicola ULIVIERI)
イタリア生まれ。ボルツァーノ音楽院に学ぶ。ベルカント歌手として世界中で活躍し、これまでにミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、ザルツブルク音楽祭、バルセロナ・リセウ大劇場、マドリード王立劇場、トリノ王立劇場、ローマ歌劇場、ブリュッセル・モネ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、エジンバラ音楽祭、フィレンツェ歌劇場、ボローニャ歌劇場、ワシントン・オペラ、ロサンゼルス・オペラ、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルなどに出演。レパートリーには『コジ・ファン・トゥッテ』ドン・アルフォンソ、『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、『ランスへの旅』ドン・プロフォンド、『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『アルジェのイタリア女』ムスタファ、『清教徒』ジョルジョ、『ノルマ』オロヴェーゾ、『ロメオとジュリエット』ローラン神父などがある。クラウディオ・アバド、ズービン・メータ、ケント・ナガノ、ダニエレ・ガッティ、ニコラウス・アーノンクール、アンドラーシュ・シフ、ミケーレ・マリオッティ、ダニエレ・ハーディング、ヘスス・ロペス=コボス、ファビオ・ルイージらと共演、ロイヤル・フィル、ミュンヘン・フィル、イスラエル・フィルなどに招かれている。新国立劇場初登場。
【騎士長】妻屋秀和(TSUMAYAHidekazu)
東京藝術大学卒業、同大学大学院オペラ科修了。1994~2001年ライプツィヒ歌劇場、02年~11年ワイマールのドイツ国民劇場専属歌手。これまでにベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、スコティッシュ・オペラなどに出演。欧州、日本でモーツァルト、ロッシーニ、ヴェルディ、プッチーニ、ワーグナー、R.シュトラウス等のオペラの主要な役を80役以上演じており、新国立劇場では『ラ・ボエーム』コッリーネ、『ドン・ジョヴァンニ』騎士長、『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『アイーダ』ランフィス、『ナブッコ』ベルの祭司長、『夜叉ヶ池』鉱蔵、『リゴレット』スパラフチーレ、『ヴォツェック』医者、『アラベッラ』ヴァルトナー伯爵、『ドン・カルロ』宗教裁判長、『マノン・レスコー』ジェロント、『ばらの騎士』警部、『ラインの黄金』ファフナー、ファーゾルト、『ファルスタッフ』ピストーラ、『魔笛』ザラストロ、『ルチア』ライモンドなど出演多数。2017/18シーズンは『アイーダ』ランフィス、『フィデリオ』ロッコに、2018/19シーズンは『ファルスタッフ』ピストーラ、『タンホイザー』領主ヘルマン、『トゥーランドット』ティムールにも出演予定。二期会会員。
【レポレッロ】ジョヴァンニ・フルラネット(Giovanni FURLANETTO)
イタリア生まれ。ヴィチェンツァ・ペドロッロ音楽院に学ぶ。1998年にオペラ・フィラデルフィア・ルチアーノ・パヴァロッティ国際声楽コンクールに優勝し、国際的な活躍を始める。その後、ミラノ・スカラ座、フィレンツェ歌劇場、ザルツブルク音楽祭、ハンブルク州立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン州立歌劇場、パリ・オペラ座、シャンゼリゼ劇場、エクサンプロヴァンス音楽祭、モンテカルロ歌劇場、ジュネーヴ大劇場、ブリュッセル・モネ劇場、バルセロナ・リセウ大劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバル、サンタフェ・オペラ、サンフランシスコ・オペラなどに出演している。モーツァルト、ロッシーニ、ドニゼッティを得意とし、『ドン・ジョヴァンニ』レポレッロ、『フィガロの結婚』フィガロ、『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『イタリアのトルコ人』セリム、『ドン・パスクワーレ』タイトルロール、『ルチア』ライモンドなどを演じているほか、『アイーダ』ランフィス、『イル・トロヴァトーレ』フェランドなどにもレパートリーを広げている。新国立劇場初登場。
【ドンナ・アンナ】マリゴーナ・ケルケジ(Marigona QERKEZI)
クロアチア、ザグレブ生まれ。クロアチアおよびロシアより奨学金を獲得、フルート、声楽及びビジネスマネジメントの学位を得る。これまでにスロベニア、クロアチア、マケドニア、モンテネグロ、アルバニア、ロシア、イタリア、トルコ、アメリカで演奏活動をしている。2015年にはイタリア声楽演奏会協会のオマーン・ロイヤルオペラ公演『魔笛』夜の女王でオペラ・デビューを果たす。この他アルバニア、ティラナ国立歌劇場で『フィガロの結婚』伯爵夫人を演じた。レイラ・ゲンチェル・コンクール、ミラノ・スカラ座賞ほか国際コンクールでの受賞歴も多い。最近ではカリアリ歌劇場『ルチア』タイトルロール、ペーザロ・ロッシーニ・オペラフェスティバル『ランスへの旅』モデスティーナ、バルセロナ・リセウ大劇場『ランスへの旅』コルテーゼ夫人、バーリ・ペトルッツェッリ劇場『ルチア』タイトルロール、『こうもり』ロザリンデなどがある。新国立劇場初登場。
【ドンナ・エルヴィーラ】脇園 彩(WAKIZONO Aya)
東京生まれ。東京藝術大学卒業、同大学院修了。2011年にマリエッラ・デヴィーアのマスタークラスに参加。13年には「新しい声」コンクールセミファイナリストとなり、また文化庁派遣芸術家在外研修員としてパルマ・ボーイト音楽院に留学。14年にはロッシーニ・オペラ・フェスティバルのアカデミーメンバーとなり『ランスへの旅』メリベーア公爵夫人を演じる。14年にはミラノ・スカラ座のアカデミーに参加、『子供のためのチェネレントラ』アンジェリーナでミラノ・スカラ座にデビューした。最近の出演にはミラノ・スカラ座アカデミー、ボローニャ歌劇場、フィレンツェ歌劇場、トリエステ・ヴェルディ劇場『セビリアの理髪師』ロジーナ、マルティーナ・フランカ音楽祭でのファビオ・ルイージ指揮、メルカダンテ『フランチェスカ・ダ・リミニ』パオロ(世界初演)、カリアリ歌劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバル『試金石』クラリーチェなど、今後の予定にはヴェローナ・フィルハモニコ劇場『フィガロの結婚』ケルビーノ、トリエステ・ヴェルディ劇場『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラなどがある。日本では藤原歌劇団『セビリアの理髪師』ロジーナで鮮烈なデビューを果たした。新国立劇場初登場。
【ドン・オッターヴィオ】フアン・フランシスコ・ガテル(Juan Francisco GATELL)
アルゼンチン生まれ。生地の音楽院で学んだ後、マドリッドの音楽院で学ぶ。2004年にカルーソーコンクールに優勝、その後数々のコンクールで優勝している。その後ザルツブルク音楽祭、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバル、バルセロナ・リセウ大劇場、ネザーランド・オペラ、ローマ歌劇場、ロサンゼルス・オペラ、ワシントン・オペラ、マドリード王立劇場、チューリヒ歌劇場、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場、ブリュッセル・モネ劇場、テアトロ・コロンなどに出演。モーツァルト、ベルカントをレパートリーの中心とし『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『コジ・ファン・トゥッテ』フェランド、『イドメネオ』イダマンテ、『セビリアの理髪師』アルマヴィーヴァ伯爵、『セミラーミデ』イドレーノ、『ドン・パスクアーレ』エルネストなどを歌っているほか、『放蕩者のなりゆき』トム・レイクウェル、『ロミオとジュリエット』ティボルトなども歌っている。コンサートでも活躍し、フィレンツェ五月祭音楽祭、ラヴェンナ音楽祭、ザルツブルク音楽祭でリッカルド・ムーティと共演するなど、目覚ましい活躍をしている。CD、DVDも数多い。新国立劇場初登場。
【ツェルリーナ】九嶋香奈枝(KUSHIMA Kanae)
東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所第4期修了。文化庁派遣在外研修員としてミラノに留学。2005年にはギリシャ・アテネにて『魔笛』(ミヒャエル・ハンペ演出)に招聘され出演。第54回全日本学生音楽コンクール第1位、HIMESコンクール第1位。東京二期会『魔笛』パパゲーナ、『フィガロの結婚』スザンナ、『こうもり』アデーレ、びわ湖ホール『死の都』ユリエッテ、パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル『ナクソス島のアリアドネ』ナヤーデなどに出演している。新国立劇場では『愛の妙薬』ジャンネッタ、『フィガロの結婚』バルバリーナおよびスザンナ、『パルジファル』小姓1、『ジークフリート』森の小鳥、高校生のためのオペラ鑑賞教室『カルメン』フラスキータ、『コジ・ファン・トゥッテ』(演奏会形式)デスピーナなどに出演。18/19シーズンには『魔笛』パパゲーナにも出演する。二期会会員。

ものがたり

【第1幕】従者レポレッロを引き連れ、夜な夜な女性の家へ忍び込む、稀代の色男ドン・ジョヴァンニ。今宵はドンナ・アンナの部屋へ行くが、彼女の父親である騎士長に見つかり、決闘となり騎士長を刺し殺してしまう。アンナは婚約者ドン・オッターヴィオに、犯人を探して復讐してほしいと求める。ジョヴァンニは通りすがりの女性に声をかけるが、それは昔の女ドンナ・エルヴィーラ。彼女はジョヴァンニに捨てられてもまだ彼を愛し、彼を探していたのだ。ジョヴァンニは大慌てで逃げる。後を託されたレポレッロは彼女に、ジョヴァンニはヨーロッパじゅうの2000人もの女性と関係しているのだから諦めるよう諭す。村で農夫マゼットと村娘ツェルリーナの結婚式が始まろうというとき、ジョヴァンニが来て花嫁を誘惑するが、すんでのところでエルヴィーラが止める。アンナは犯人探しの協力をジョヴァンニに求めるが、話すうち彼こそ犯人だと気づく。村人たちを招いてパーティを開くジョヴァンニは上機嫌。そんな彼をアンナたちは追及する。

【第2幕】ジョヴァンニはレポレッロと服を交換して変装し、エルヴィーラの小間使いを誘惑。マゼットと農民たちはジョヴァンニを殺そうとやってくるが、ジョヴァンニ扮するレポレッロに計画を話してしまい、逆に痛めつけられる。彼の服を着たレポレッロは命からがら逃げてきて、ジョヴァンニと落ち合う。すると、騎士長の墓の石像が、戒めの言葉を喋り出す。驚く2人だが、ジョヴァンニは臆せず石像を晩餐に招待する。夜、彼の家に本当に石像がやってきた。石像はジョヴァンニに悔い改めるよう迫るが、彼は拒否。石像はジョヴァンニの手を取って炎の中へ引きずり込み、地獄へと落ちるのだった。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(小中学生):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。
車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。
  • Z席(各日42席)とZ【音のみ】席(舞台が完全に見えません。各日4席)は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィス別ウィンドウで開きますおよびセブン-イレブンの端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚です。
上記の方法での先着販売後、残席がある場合は、公演当日朝11:00からボックスオフィス窓口でも販売いたします。
電話での予約は承れません。

Z席の詳細はこちら別ウィンドウで開きます

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 発売初日に限りD席のお申し込みは1人合計2枚までとさせていただきます。
  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:106-129】

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003(Lコード:38237)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか