2015/2016シーズン

オペラ「ウェルテル」/ジュール・マスネ
Werther/Jules Massenet
全4幕〈フランス語上演/字幕付〉
オペラパレス

愛の歓び、そして痛み。詩人ウェルテルの美しくも叶わぬ恋の物語。

文豪ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を原作に、マスネがロマンティシズム溢れる色彩豊かな音楽で作曲したフランスオペラ珠玉の名作。多感な青年ウェルテルと貞淑なシャルロットの成就することのない恋の行方は・・・・・・。有名なウェルテルのアリア「オシアンの詩」をはじめとする激情ほとばしる愛の歌の数々は、聴くものの胸に迫り心を揺さぶります。新国立劇場では2002年以来14年ぶりに、フランスのベテラン演出家ジョエルの手による新制作で上演。18世紀のドイツの田舎町をイメージしたクラシックで重厚な舞台美術を背景に、激しい愛の物語をどのように描き出すかご注目ください。

コルチャック、マクシモワら注目の歌手陣の歌声に酔いしれる

急遽タイトルロールに迎えたのは、甘い美声と端正な容姿で近年世界的に人気急上昇中の若手テノール、コルチャック。日本でのオペラ初出演となります。相手役シャルロットを歌うマクシモワは、近年ウィーン、ミュンヘン、ニューヨークなどの劇場で引っ張りだこのメッゾソプラノ。また、新国立劇場でもおなじみのバリトン・エレートがアルベール役で、日本を代表するソプラノ砂川涼子がソフィー役で出演し、贅沢なキャストでお贈りします。指揮は、オペラ、オーケストラの両分野で活躍し、特にフランス音楽に定評のあるエマニュエル・プラッソンです。


後援:
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

PAGE TOP


動画

初日公演映像

公演日程・チケット

公演日程

2016年4月3日(日)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
2016年4月6日(水)14:00 オペラパレス
2016年4月9日(土)14:00 オペラパレス
2016年4月13日(水)18:30 オペラパレス託児サービス利用可
2016年4月16日(土)14:00 オペラパレス託児サービス利用可
託児サービス利用可 ...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

予定上演時間:約3時間15分(第Ⅰ幕45分 休憩25分 第Ⅱ幕40分 休憩25分 第Ⅲ・Ⅳ幕60分)
※時間は変更になる場合があります。最新の情報はボックスオフィスまでお問い合わせください。(4月12日更新)

開場は開演の45分前です。
開演後は入場制限をいたします。

チケット料金(税込)

席種S席A席B席C席D席
27,000円 21,600円 15,120円 8,640円 5,400円

クラブ・ジ・アトレ会員販売期間は会員の方は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,620円


25歳・39歳以下の方のお得なチケット U25優待メンバーズ、U39オペラ優待メンバーズ(アカデミックプラン、アカデミック39)
25歳以下の方はS席が5,000円で、26歳~39歳以下の方はS席が11,000円(アトレ会員は10,000円)でチケットをご購入いただけます。各公演前日17:00まで販売。限定公演日のみ。1人1枚。限定枚数。要登録。
こちらからご登録・ご購入ください。

オペラ劇場 座席表PDFファイルを開きます

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

会員先行販売期間:2015年11月1日(日)~11月10日(火)

一般発売日:2015年11月14日(土)

PAGE TOP

スタッフ・キャスト

スタッフ

指揮
エマニュエル・プラッソン
演出
ニコラ・ジョエル
美術
エマニュエル・ファーヴル
衣裳
カティア・デュフロ
照明
ヴィニチオ・ケリ
舞台監督
大仁田雅彦


  • (指揮)

    エマニュエル・

    プラッソン

  • (演出)

    ニコラ・ジョエル

プロフィールを表示する

キャスト

ウェルテル
ディミトリー・コルチャック
シャルロット
エレーナ・マクシモワ
アルベール
アドリアン・エレート
ソフィー
砂川涼子
大法官
久保田真澄
シュミット
村上公太
ジョアン
森口賢二



合唱指揮
三澤洋史
合唱
新国立劇場合唱団
児童合唱
TOKYO FM 少年合唱団
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団
芸術監督
飯守泰次郎


  • (ウェルテル)

    ディミトリー・

    コルチャック

  • (シャルロット)

    エレーナ・
    マクシモワ

  • (アルベール)

    アドリアン・
    エレート

  • (ソフィー)

    砂川涼子

  • (大法官)

    久保田真澄

  • murakami.jpg

    (シュミット)

    村上公太

  • moriguchi.jpg

    (ジョアン)

    森口賢二

プロフィールを表示する

プロフィール


【指揮】エマニュエル・プラッソン(Emmanuel Plasson)
フランス生まれ。米メイン州のピエール・モントゥー音楽学校、さらにイェール大学で指揮法を学ぶ。1994年ロンドンのドナテッラ・フリック指揮者コンクールで優勝。その後BBCフィルハーモニック、BBCウェールズ交響楽団、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団、アルスター管弦楽団、ノーザン・シンフォニア、英国ロイヤル・バレエなどで指揮をしている。
オペラでは、スウェーデン王立歌劇場、デンマーク王立歌劇場、及びオペラ・オーストラリアでの『ウェルテル』をはじめ、ハンブルク州立歌劇場『ホフマン物語』『連隊の娘』、ボストン・リリック・オペラ『ルチア』、ニューヨーク・シティ・オペラ『ラ・ペリコール』『エトワール』『真珠採り』、オペラ・オーストラリア『マノン』『椿姫』『ファウスト』、トゥールーズキャピトル劇場『サンドリオン』『ファウスト』、マッシモ・ベッリーニ劇場『ルチア』などを指揮している。新国立劇場では揮者として2006年、2012年バレエ『シンデレラ』で登場している。オペラ公演においては、新国立劇場初登場となる。
本件公演では、父親でもあるミシェル・プラッソンのアシスタントとしてリハーサルに参加していたが、この不測の事態において急遽指揮者を務めることになった。

【演出】ニコラ・ジョエル(Nicolas Joel)
フランスのパリ生まれ。1973年から78年までストラスブールのライン・オペラで演出アシスタントを務めた後、79年にライン・オペラとリヨン歌劇場で「ニーベルングの指環」で演出家としてデビューした。90年から2009年までトゥールーズ・キャピトル劇場の芸術監督を務めた。ウィーン国立歌劇場『アイーダ』、サンフランシスコ・オペラ『サムソンとデリラ』、コペンハーゲン王立歌劇場『ローエングリン』、アムステルダム歌劇場『エウゲニ・オネーギン』『カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師』、チューリッヒ歌劇場『リゴレット』『椿姫』『運命の力』、ミラノ・スカラ座『つばめ』『マノン』、英国ロイヤルオペラ『ロメオとジュリエット』、ブエノスアイレスのコロン劇場『カルメン』、メトロポリタン歌劇場『アンドレア・シェニエ』など多くの話題作を手がけた。オランジュ音楽祭では『さまよえるオランダ人』『ナブッコ』『アイーダ』『オテロ』『カルメン』『ロメオとジュリエット』などを続けて演出、成功を収めた。また芸術監督を務めたトゥールーズ・キャピトル劇場では『イル・トロヴァトーレ』『ファルスタッフ』『エレクトラ』『エウゲニ・オネーギン』『リゴレット』『ロメオとジュリエット』などを演出。パリ・オペラ座をはじめ各地で『ロメオとジュリエット』『トゥーランドット』『タイス』『ラ・ジョコンダ』『シチリア島の夕べの祈り』『ディドとエネアス』『ファウスト』などの作品が上演されている。2009/2010シーズンから2013/2014シーズンまでパリ・オペラ座総監督。新国立劇場初登場。



プロフィール


【ウェルテル】ディミトリー・コルチャック (Dmitry KORCHAK
ロシア生まれ。これまでにミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン州立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、英国ロイヤル・オペラ、ローマ歌劇場、パレルモ・マッシモ劇場、サン・カルロ歌劇場、モネ劇場、パリ・オペラ座、チューリヒ歌劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルなどに出演。これまでに、「ウェルテル」タイトルロール、「セビリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「愛の妙薬」ネモリーノ、「コジ・ファン・トゥッテ」フェルランド、「チェネレントラ」ドン・ラミーロ、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、「エウゲニ・オネーギン」レンスキー、「オテロ」(ロッシーニ作曲)ロデリーゴ、「清教徒」アルトゥーロ、「真珠採り」ナディールなどを歌っている。今後の予定としては、メトロポリタン歌劇場「セビリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、バルセロナ・リセウ大劇場、バイエルン州立歌劇場において「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオなどがある。新国立劇場初登場。

【シャルロット】エレーナ・マクシモワ(Elena Maximova)
モスクワのチャイコフスキー音楽院で学ぶ。レパートリーは『セビリアの理髪師』ロジーナ、『スペードの女王』ポリーナ、『こうもり』オルロフスキー公爵、『蝶々夫人』スズキ、『エウゲニ・オネーギン』オルガ、『コジ・ファン・トゥッテ』デスピーナ、『ウェルテル』シャルロットなどがある。2012年にはウィーン国立歌劇場にカルメンでデビューして、大きな成功を収めた。ヨーロッパの多くの歌劇場で歌っており、リヨン歌劇場、ベルリン州立歌劇場、ザクセン州立歌劇場、ザンクト・ガレン歌劇場、フィレンツェ歌劇場、ヴァレンシア歌劇場、ネザーランド・オペラ、パレルモのマッシモ劇場、ミラノ・スカラ座などに登場している。最近の出演とこれからの予定には、英国ロイヤルオペラでの『エウゲニ・オネーギン』オルガ、ウィーン国立歌劇場での『ドン・カルロ』エボリ公女、『セビリアの理髪師』ロジーナ、『ホヴァンシチナ』マルファ、ヘルシンキでの『カルメン』タイトルロール、『ドン・カルロ』エボリ公女、メトロポリタン歌劇場での『エウゲニ・オネーギン』オルガ、『ホフマン物語』ジュリエッタなどがある。

【アルベール】アドリアン・エレート(Adrian Eröd)
オーストリア出身。2001年グノー『ロメオとジュリエット』マキューシオでウィーン国立歌劇場にデビュー。ウィーン国立歌劇場の専属歌手として、『セビリアの理髪師』フィガロ、『マノン・レスコー』レスコー、『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、『ウェルテル』アルベール、『カプリッチョ』オリヴィエなどで出演を重ねる。また、フェニーチェ歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、フランクフルト歌劇場、パリ・オペラ座、ヒューストン・グランド・オペラ、シカゴ・リリック・オペラ、ザルツブルク音楽祭などに出演。09年に『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ベックメッサーでバイロイト音楽祭に初登場後は、同役でチューリッヒ歌劇場、ライプツィヒ歌劇場、ネザーランド・オペラなどに出演を重ねた。また、『ラインの黄金』ローゲ役は国際的に高い関心を集め、ブレゲンツ音楽祭でのアンドレ・チャイコフスキー『ヴェニスの商人』世界初演のシャイロック役の演技も高く評価された。今後も、ウィーン国立歌劇場のほか、ザクセン州立歌劇場、ザルツブルク音楽祭、新国立劇場には11年『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、『こうもり』アイゼンシュタイン、2014/2015シーズンは『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、再び『こうもり』アイゼンシュタインに出演。

【ソフィー】砂川涼子(Sunakawa Ryoko)
武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了。第34回日伊オペラコンコルソ優勝。第69回日本音楽コンクール第1位ならびに海外派遣特別賞受賞。イタリアに留学し研鑚を積む。2005年第16回五島記念文化賞、オペラ新人賞受賞。これまでに藤原歌劇団『ラ・ボエーム』ミミ、『フィガロの結婚』伯爵夫人、びわ湖ホール・神奈川県民ホール共催『椿姫』ヴィオレッタなどに出演。最近ではびわ湖ホール『死の都』マリー/マリエッタでの成功が記憶に新しい。新国立劇場では『トゥーランドット』リュー、『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、『カルメン』ミカエラ、『ホフマン物語』アントニア、『魔笛』パミーナ、『夜叉ヶ池』百合などに出演している。藤原歌劇団団員。

【大法官】久保田真澄(Kubota Masumi)
国立音楽大学卒業、同大学大学院修了。1993年第62回日本音楽コンクール第3位。96年リッカルド・ザンドナーイ国際コンクール及び第2回フェルッチョ・タリアヴィーニ国際コンクールに入選。ミラノで『蝶々夫人』『椿姫』『アイーダ』『ラ・ボエーム』などに出演。藤原歌劇団では『愛の妙薬』『椿姫』『マクベス』などで活躍。新国立劇場には、開場記念公演『アイーダ』エジプト国王で出演以来、『リゴレット』スパラフチーレ、『トゥーランドット』ティムール、『ドン・ジョヴァンニ』マゼット、『セビリアの理髪師』バルトロ、『ルチア』ライモンド、『ラ・ボエーム』コッリーネ、『オテロ』ロドヴィーコ、高校生のためのオペラ鑑賞教室『愛の妙薬』ドゥルカマーラなどのバスの主要役で多数出演。2014/2015シーズンは『運命の力』カラトラーヴァ侯爵に出演予定。藤原歌劇団団員。


PAGE TOP

ものがたり

【第1幕】7月。子供たちがクリスマス・キャロルを練習している大法官の家に、詩人ウェルテルがやってくる。彼は、舞踏会で大法官の長女シャルロットの相手を務めるために来たのだ。幼い弟妹たちと、彼らの母親代わりのシャルロットの美しい佇まいに、ウェルテルの胸がときめく。舞踏会から帰宅したウェルテルはたまらずシャルロットに愛を告白する。しかし彼女には、亡くなった母と約束した婚約者アルベールがいた。ウェルテルは絶望する。

【第2幕】9月、牧師の金婚式のため、教会に人が集まっている。結婚して3か月目のシャルロットとアルベールが教会に入る様子を、ウェルテルは遠くから眺めている。教会から出てきたアルベールに明るく振る舞うウェルテルだが、シャルロットには詰め寄り、再び愛を訴える。その思いに応えられないシャルロットは、街を離れることをウェルテルに勧め、クリスマスに再会することを約束する。ウェルテルは永遠に街を出ていくことを決意する。

【第3幕】クリスマス・イヴの夕方。ウェルテルからの手紙を何度も読み返し、彼への思いに揺れるシャルロットの前に、約束通りウェルテルが現れる。部屋にあるオシアンの詩に思いを託して朗読したウェルテルは、激しく愛を告白する。シャルロットは思わず抱かれるが、決然と別れを告げて部屋から去る。アルベールは、ウェルテルから妻宛ての手紙を見て激怒。手紙の中で彼は旅に携行する銃を望んでおり、アルベールは使用人に届けさせる。

【第4幕】シャルロットがウェルテルの家へ向かうと、拳銃自殺を図ったウェルテルが瀕死の状態で横たわっていた。ウェルテルは、君を思って死ねるのは何より幸せだと語り、シャルロットは、初めて会った時から愛していたと告白し、口づけする。子供たちが歌うクリスマス・キャロルが聴こえるなか、ウェルテルは息を引き取る。

チケット購入時の注意・割引について

チケット購入時の注意

  • 発売初日に限りD席のお申し込みは1人合計2枚まで。
  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。

Z席の購入方法

Z席 Web抽選受付期間 2016/3/31(木)11:00~4/1(金)11:00

Z席 Web抽選結果発表 2016/4/1(金)18:00頃

  • Z席42席は、公演初日に先がけて全日程各32席を新国立劇場Webボックスオフィスにて抽選販売いたします。
  • 抽選販売の残席と10席を公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。電話予約はできません。
  • Z席は舞台が見づらいお席です。予めご了承ください。
  • Z席に会員割引・各種割引はありません。
  • Z席の席番はお選びいただけません。
  • 他公演や発売日が重なる場合、Z席の発売開始をお待ちいただく場合がございます。
  • やむを得ない事情により、公演当日の販売枚数が変動する場合もございます。ご了承ください。

詳細はこちら

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引。
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(中学生以下):20%割引。
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引。
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引。
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

  

学生割引チケットは、JR各社の学生割引を利用できる学生の方が対象です。
車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:254-496】


イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)


ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003(Lコード:32118)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC)


CNプレイガイド

0570-08-9990(オペレーター受付)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)


東京文化会館チケットサービス

03-5685-0650(オペレーター受付)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)


JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか