2019/2020シーズン演劇 『イヌビト ~犬人~』開幕!

新国立劇場では本日8月5日(水)に演劇『イヌビト ~犬人~』が開幕いたしました。


未来のおとなと、かつての子どもたちへ―

セリフと歌とダンスでつづる愛の物語。


『音のいない世界で』(2012年上演)『かがみのかなたはたなかのなかに』(15、17年再演)に続く新作を、お馴染みの4人(近藤良平・首藤康之・長塚圭史・松たか子)に加え10人のダンサーたちと共にさらにパワーアップしてお届けします!どうぞご期待ください。


【ものがたり】

どこかの国の、どこかの町。タナカ一家は愛犬とともに、シンプルライフを堪能しようとこの町に引っ越して来ました。ところが町中はどこか殺伐としています。誰もがマスクで口元を隠し、ソーシャルディスタンスを保ちながらの暮らし。この町にはイヌビト病の感染が広まっていたのです。今を去ること30年前、この町では狂犬病が大発生、ついにヒトはイヌを飼うことを禁じられ、この町からイヌはすっかりいなくなりました。しかし、今度はイヌビト病が大流行、さらにはヒトからヒトへの感染も始まって......。


作・演出・出演:長塚圭史よりメッセージ

   

不都合な現実を遠くへ追いやる、その果てみたいなことを書きました。記憶の濃淡。共に生きる難しさ。コロナ禍でなければ生まれませんでした。これから大人になる子供達とかつての子供達へ。

  

公演詳細:https://www.nntt.jac.go.jp/play/inubito/

  

チケットはこちら

    〇156.jpg

(左から) 松たか子、首藤康之


『イヌビト ~犬人~』稽古場映像


 関連リンク

『イヌビト ~犬人~』公演情報


新国立劇場はお客様に安心してご観劇いただけるよう、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底しております。

新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い