オペラ『ドン・カルロ』出演者変更のお知らせ

新国立劇場2020/2021シーズンオペラ『ドン・カルロ』(2021年5月20日初日)ドン・カルロ役に出演を予定しておりましたルチアーノ・ガンチは、本人の都合により出演できなくなりました。代わって、ジュゼッペ・ジパリが出演いたします。

オペラ『ドン・カルロ』公演情報はこちら


ジュゼッペ・ジパリ  (Giuseppe GIPALI)

02ジュゼッペ・ジパリ_A-2277661-1558506287-9510_480PX.jpg

アルバニア出身。2003年、プラシド・ドミンゴの「オペラリア」コンクール第2位を獲得し、同年から国際的なキャリアが始まる。ベルカントからヴェリズモ、またフランス・オペラもレパートリーとする。『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『蝶々夫人』ピンカートン、『トスカ』カヴァラドッシ、『オテロ』を除くヴェルディ作品やドニゼッティ、『マノン』『ウェルテル』『ファウスト』『ファウストの劫罰』『ホフマン物語』『真珠採り』などをレパートリーに、ミラノ・スカラ座、ローマ歌劇場、フェニーチェ歌劇場、ヴェローナ野外音楽祭、ナポリ・サンカルロ歌劇場、英国ロイヤルオペラ、ウィーン国立歌劇場、シャトレ座、パリ・オペラ座、トゥールーズ・キャピトル劇場、バルセロナ・リセウ大劇場、サンフランシスコ・オペラ、フィレンツェ歌劇場、ボローニャ歌劇場、バーリ・ペトルッツェッリ劇場、オーストラリア・オペラなど世界中の歌劇場に出演。最近では、バーリ・ペトルッツェッリ劇場、パルマ・ヴェルディ・フェスティバル、北京・国家大劇院『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ、バーリのシーズン開幕公演『シモン・ボッカネグラ』ガブリエーレ・アドルノ、フィレンツェ歌劇場、上海大劇院『リゴレット』マントヴァ公爵などに出演している。新国立劇場初登場。