「ウェルテル」演出家 二コラ・ジョエル氏ご逝去の報を受けて


Nicolas-Joel-a260PX.jpg
二コラ・ジョエル氏

フランスの演出家二コラ・ジョエル氏が6月18日に逝去されました。


ジョエル氏は1953年生まれ、20歳でオペラ演出の世界へ飛び込み、1979年にストラスブール・ラン歌劇場とリヨン歌劇場の『ニーベルングの指環』で演出家デビュー。以後、ウィーン国立歌劇場、サンフランシスコ・オペラ、チューリヒ歌劇場、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場など世界の歌劇場で活躍し、トゥールーズ・キャピトル劇場芸術監督(1990年~2009年)、パリ・オペラ座総監督(2009年~2014年)を歴任されました。


新国立劇場では2016年に『ウェルテル』を演出しました。深い知見に基づいた舞台は、情熱と理性の相克を雄弁に伝え、観る者の心に染み入ります。この『ウェルテル』は2019年にも再演されました。その映像はフランス・オペラの魅力を余すところなく伝えるものとして、奇しくも現在(6月26日(金)まで)、「巣ごもりシアター」の最終作品として、世界へ向け無料配信中です。

訃報に触れ、深く哀悼の意を表します。


4005_DS8_1731.JPG
新国立劇場『ウェルテル』より 撮影:寺司正彦

『ウェルテル』初演(2016年)ダイジェスト映像はこちら

『ウェルテル』オペラトークはこちら

巣ごもりシアター『ウェルテル』(2019年公演)視聴サイトはこちら

(2020年6月26日(金)14:00まで)