オペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ドレスデン公演が開幕しました

新国立劇場と東京文化会館が共同制作する<オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World>の第2弾として、ザルツブルク・イースター音楽祭とザクセン州立歌劇場との国際共同制作で上演する『ニュルンベルクのマイスタージンガー』が、ドレスデンのザクセン州立歌劇場で開幕しました。

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のこのプロダクションは、2019年4月にザルツブルク・イースター音楽祭で初演、ドレスデンでの上演を経て、いよいよ今年6月14日から東京文化会館、6月21日より新国立劇場で、さらに7月5日には兵庫県立芸術文化センターで上演されます。

新国立劇場公演のチケットは、来る3月8日(日)前売開始です。


360_semp_arch-1562.jpg
ザクセン州立歌劇場 ©Semperoper Dresden/Klaus Gigga
360_Meistersinger 0203.jpg
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ザクセン州立歌劇場公演より © Semperoper Dresden / Ludwig Olah


『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

<オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World>特設サイトはこちら