新制作オペラ『エウゲニ・オネーギン』に秋篠宮皇嗣同妃両殿下が御臨席になりました


10月1日(火)、新国立劇場オペラパレスにて、令和元年度(第74回)文化庁芸術祭オープニング・オペラ公演 国際音楽の日記念『エウゲニ・オネーギン』(ピョートル・チャイコフスキー作曲)が上演され、秋篠宮皇嗣同妃両殿下が御臨席になりました。


『エウゲニ・オネーギン』はロシアの国民的詩人プーシキンの韻文小説をもとにチャイコフスキーが作曲した、ロシア・オペラの代表作です。

宮田亮平 文化庁長官のお出迎えを受け到着された両殿下は、演出のドミトリー・ベルトマン、指揮のアンドリー・ユルケヴィチ、表題役のワシリー・ラデューク、タチヤーナ役のエフゲニア・ムラーヴェワら、ロシア・オペラのスペシャリストたちが集結した本作を熱心にご覧になり、終演後には出演者に大きな拍手をお送りになりました。


 (左より)宮田文化庁長官、海老澤芸術祭執行委員会委員長、秋篠宮皇嗣殿下、秋篠宮皇嗣妃殿下、
  岡本オペラチーフプロデューサー、上野文部科学副大臣