各国駐日大使がオペラ「紫苑物語」をご観劇なさいました


2月20日(水)、新国立劇場11機関の駐日大使や文化機関代表が来場されオペラ「紫苑物語」ご鑑賞になりました。

日本人作曲家による創作委嘱オペラとして世界初演された本プロダクションは初日公演が完売となるなど大きな反響を呼んでいます
大野和士芸術監督は、台本に詩人の佐々木幹郎、作曲に現代音楽の大家 西村朗、演出に演出家・俳優としてフランスを中心に活躍する笈田ヨシを迎え、まさに
日本オペラ界の総力を結集し、斬新で刺激的なオペラを新たに誕生させました。
大野芸術監督自らが指揮するキャスト・スタッフ一同渾身の舞台に、駐日大使や文化機関代表から大きな拍手が送られました。

幕間のレセプションでは、新国立劇場 尾﨑理事長ならびに高円宮妃殿下によるスピーチが行われ、尾﨑理事長は今回の紫苑物語のような日本オペラの新作が、世界のオペラハウスで上演されるよう願っていると意気込みを示しました。高円宮妃殿下は日本発のオペラを、各国駐日大使や文化機関代表の方々に鑑賞していただき大変嬉しいと感謝の言葉が贈られました。


「紫苑物語」は残り23日(土)と24日(日)の2公演となりました。日本オペラの金字塔と評されている話題作、ぜひお見逃しなく


「紫苑物語」公演情報はこちら

「紫苑物語」チケットのご購入はこちら


カヴァナ アイルランド大使、尾﨑理事長

高円宮妃殿下、ベロ― アルゼンチン大使


遠山元理事長、メルジャン トルコ大使夫人

イシカワ ベネズエラ大使御夫妻


ヨシペル ルーマニア大使夫君

イニエスタ セルバンデス文化センター文化部長、ウガルテ セルバンデス文化センター館長


ティエリー 国連大学首席補佐官御夫妻、デオリ スペイン大使館文化担当参事官

中島常務理事、マルドナード スペイン大使館公使参事官