2024/2025シーズン

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト魔笛

Die Zauberflöte / Wolfgang Amadeus Mozart
全2幕〈ドイツ語上演/日本語及び英語字幕付〉
文化庁劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業
公演期間:
2024年12月10日[火]~12月15日[日]
予定上演時間:
約3時間(休憩含む)

Introductionはじめに

魔法の笛が導くファンタジー
モーツァルト珠玉の音の玉手箱

モーツァルトのオペラ『魔笛』は"ジングシュピール(歌芝居)"として作曲されたファンタジー。子どもにも耳なじみのある曲が多く、世界中で多くの子どもたちが『魔笛』でオペラ鑑賞デビューを飾っています。「おいらは鳥刺し」「パ・パ・パ」といった親しみやすい曲、夜の女王の歌う有名なアリア「地獄の復讐はわが心に燃え」など聴きどころが満載で、モーツァルト晩年の美しい曲が次々に繰り出される様はまさに"音の宝石箱"のようです。さらに、『魔笛』には、友愛の精神や人間が克己し成長していく様が描かれ、最終場では崇高な精神と音楽が劇場を至福の空間へ変貌させます。無二の傑作として大人のファンも多い、奥行きの深い作品です。
現代アートの巨匠ウィリアム・ケントリッジのプロダクションは、素描を映像にして取り入れた神秘的な舞台で、人間の影と光を対比させる素朴な映像美、そして舞台からあふれ出すケントリッジならではの深い知性とポエジーが作品の本質を伝えます。一方でケントリッジは、『魔笛』が内包する啓蒙思想に植民地主義を通して光を当て、「善」や「力」についての洞察も込めています。
指揮はチェコの俊英トマーシュ・ネトピル。出演者には、世界最人気のモーツァルト歌いパヴォル・ブレスリックがタミーノに登場するほか、ヨーロッパで頭角を現すマテウス・フランサが来日。安井陽子の夜の女王をはじめ、実力派日本人歌手が勢揃いします。

Newsお知らせ

SNSでも最新情報をチェック!

Schedule公演日程

公演日程

2024年12月10日(火)18:30

2024年12月12日(木)14:00

2024年12月14日(土)14:00

2024年12月15日(日)14:00 託児サービス利用可

託児サービス利用可 ...託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

予定上演時間

約3時間(休憩含む)

  • 大幅に変更になる場合は、後日あらためてご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

会 場

ご注意事項

  • 開場は開演45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
  • 12月15日(日)は4階席の一部に学校団体が入る予定です。

Staff&Castスタッフ・キャスト

スタッフ

  • 【指 揮】トマーシュ・ネトピル
  • 【演 出】ウィリアム・ケントリッジ
  • 【美 術】ウィリアム・ケントリッジ、ザビーネ・トイニッセン
  • 【衣 裳】グレタ・ゴアリス
  • 【照 明】ジェニファー・ティプトン
  • 【プロジェクション】キャサリン・メイバーグ
  • 指揮トマーシュ・
    ネトピル
  • 演出ウィリアム・
    ケントリッジ
プロフィールを表示する

キャスト

  • 【ザラストロ】マテウス・フランサ
  • 【タミーノ】パヴォル・ブレスリック
  • 【弁者・僧侶Ⅰ・武士II】清水宏樹
  • 【僧侶Ⅱ・武士I】秋谷直之
  • 【夜の女王】安井陽子
  • 【パミーナ】九嶋香奈枝
  • 【侍女I】今野沙知恵
  • 【侍女II】宮澤彩子
  • 【侍女III】石井 藍
  • 【童子I】前川依子
  • 【童子II】野田千恵子
  • 【童子III】花房英里子
  • 【パパゲーナ】種谷典子
  • 【パパゲーノ】駒田敏章
  • 【モノスタトス】升島唯博
  • 【合 唱】新国立劇場合唱団
  • 【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
  • ザラストロマテウス・
    フランサ
  • タミーノパヴォル・
    ブレスリック
  • 夜の女王安井陽子
  • パミーナ九嶋香奈枝
  • パパゲーナ種谷典子
  • パパゲーノ駒田敏章
プロフィールを表示する

Profile

【指揮】トマーシュ・ネトピル(Tomáš NETOPIL)

チェコでヴァイオリンと指揮を学んだ後、ストックホルム王立音楽院に学ぶ。02年ショルティ指揮コンクール優勝。08年~12年プラハ国民劇場音楽監督、13年~23年エッセン歌劇場及びエッセン・フィルハーモニー音楽総監督を務め、現在、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、クロムネジェーシュ国際サマーアカデミー創設者兼芸術監督。特にチェコ音楽を得意とし、オペラとコンサート双方で活躍。これまでにウィーン国立歌劇場、ザクセン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン放送響、ウィーン響、パリ管、フランス国立管などに出演。22/23シーズンはエッセン歌劇場で『タンホイザー』『Dogville』『フィガロの結婚』を、ジュネーヴ大劇場で『カーチャ・カヴァノヴァ』を指揮。23/24シーズンはハンブルク州立歌劇場『イェヌーファ』、プラハ国民劇場『ルサルカ』を指揮するほか、フランクフルト歌劇場管弦楽団、チロル劇場管弦楽団、オランダ放送管弦楽団、モンテカルロ管弦楽団、ネープルズ・フィルハーモニー、フォートワース交響楽団、アスペン音楽祭に登場する。新国立劇場では12年『さまよるオランダ人』を指揮している。

【演出】ウィリアム・ケントリッジ(William KENTRIDGE)

南アフリカ生まれ。ドローイング、アニメーションフィルム、演劇活動やオペラ演出で国際的に評価されている現代美術家。政治学及びアフリカ学を学んだ後、ヨハネスブルク・アート・ファンデーションとパリ・エコール・ルコックで学ぶ。その活動は様々な手法やジャンルの相互的な融合から生まれ、南アフリカの社会的背景である植民地主義やアパルトヘイトといった負の遺産が反映されている。パステルや木炭のドローイングをコマ撮りした映像作品が多く、その理論は、ストップモーションや初期の特殊効果という映画の技術史そのものによる。1990年代より国際的に評価を高め、カッセルのドクメンタ、ニューヨーク近代美術館、ウィーン・アルベルティーナ、サンフランシスコ近代美術館、フィラデルフィア美術館、ルーヴル美術館、メトロポリタン美術館、テート・モダンなどで個展が開かれる。近年はオペラ演出も多く、『ウリッセの帰還』『魔笛』『鼻』『ルル』『ヴォツェック』といった作品で、モネ劇場、エクサン・プロヴァンス音楽祭、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、リヨン歌劇場、オランダ国立オペラ、ザルツブルク音楽祭、メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座などに登場している。ゴスラーの皇帝の指環賞、カーネギー賞、スタンダート銀行ヤングアーティスト賞、レッドリボン短編映画賞、京都賞、フランス芸術文化勲章コマンドゥール、アストゥリアス皇太子賞、高松宮殿下記念世界文化賞など数々の賞を受賞している。

閉じる

Profile

【ザラストロ】マテウス・フランサ(バス)(Matheus FRANÇA)

ブラジル出身。ブラジリア大学で音楽を学び、合唱指揮、管弦楽指揮の学位を取得した後、声楽を学ぶ。ブラジリアで上演されたペルゴレージ『奥様女中』でオペラデビュー。サンパウロに移り、サンパウロ市立劇場で『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『真珠採り』ヌーラバッド、『ばらの騎士』警部、『ナブッコ』ザッカーリアに出演。サンパウロで『ドン・ジョヴァンニ』騎士長に出演した後、ウィーンのクロスターノイブルク音楽祭『運命の力』グァルディアーノ神父に出演。24/25シーズンまでベルン歌劇場と契約し、『ドン・カルロ』宗教裁判長、『ラインの黄金』『ジークフリート』ファフナー、『魔笛』ザラストロ、『イオランタ』ルネ王、『ウィリアム・テル』ジェスレルなどに出演。23、24年のクロスターノイブルク音楽祭では『ドン・カルロ』宗教裁判長に出演する。新国立劇場初登場。

【タミーノ】パヴォル・ブレスリック(テノール)(Pavol BRESLIK)

2005年の「Opernwelt」誌最優秀若手歌手に選出され国際的な躍進を遂げる。ベルリン州立歌劇場専属歌手を経てフリーとなり、ヨーロッパの主要歌劇場や音楽祭、メトロポリタン歌劇場へ出演。ウィーン国立歌劇場『エウゲニ・オネーギン』レンスキー、『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、バイエルン州立歌劇場『ルクレツィア・ボルジア』ジェンナーロ、『ルチア』エドガルド、『椿姫』アルフレード、『愛の妙薬』ネモリーノ、『魔笛』タミーノ、英国ロイヤルオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』フェルランド、『魔笛』タミーノ、『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオなどに出演。チューリヒ歌劇場、パリ・オペラ座、リセウ大劇場、モネ劇場、ベルリン州立歌劇場、ザルツブルク音楽祭、エクサン・プロヴァンス音楽祭、ジュネーヴ大劇場などへも出演を重ねる。ベルリン・フィルの『魔笛』などが映像化され、ミュンヘン放送管弦楽団との「モーツァルト・アリア集」など録音も多い。23/24シーズンはバイエルン州立歌劇場『イドメネオ』タイトルロール、パリ・オペラ座『サロメ』ナラボート、チューリヒ歌劇場『チャルダッシュの女王』エドウィン、ベルリン州立歌劇場『イェヌーファ』シュテヴァに出演予定。新国立劇場初登場。

【夜の女王】安井陽子(ソプラノ)(YASUI Yoko)

桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。二期会オペラ研修所第43期マスタークラス修了。文化庁在外研修員としてウィーンに留学、ウィーン国立音楽大学研究課程声楽科修了。クラーゲンフルト市立劇場のヘンツェ『若き貴族』イーダで欧州デビュー。同国フォアアールベルク音楽劇場『魔笛』夜の女王、ブレゲンツ音楽祭およびザンクト・ベルテン音楽祭でオッフェンバック『青ひげ』小姓、ロザリンデに出演し高い評価を受ける。国内では2008年東京二期会『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタで本格デビュー。新国立劇場では『魔笛』夜の女王、『ジークフリート』森の小鳥、『鹿鳴館』顕子、『ばらの騎士』ゾフィー、『アラベッラ』フィアッカミッリ、『ファルスタッフ』ナンネッタ、『ホフマン物語』オランピア、バレエ『カルミナ・ブラーナ』ソプラノ・ソリストなど数多く出演。22年12月には台中国家歌劇院で上演された『魔笛』夜の女王役に招聘され、大成功を収めた。宗教曲から久石譲・交響組曲「もののけ姫」など、ミニマルミュージックまで幅広く活躍している。二期会会員。

【パミーナ】九嶋香奈枝(ソプラノ)(KUSHIMA Kanae)

東京藝術大学卒業。新国立劇場オペラ研修所第4期修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノに留学。05年アテネ国立劇場開場記念公演『魔笛』(ミヒャエル・ハンペ演出)に招聘され出演。東京二期会07年、15年『魔笛』パパゲーナ、びわ湖ホール『死の都』ユリエッテ、PMFステージオペラ『ナクソス島のアリアドネ』ナヤーデなどに出演。ドヴォルザーク『レクイエム』、ベートーヴェン『第九』のソリストとしても活躍。新国立劇場では『愛の妙薬』ジャンネッタ、『フィガロの結婚』スザンナ/バルバリーナ、『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、『パルジファル』小姓1 、『ジークフリート』森の小鳥、『魔笛』パパゲーナ、『ペレアスとメリザンド』イニョルド、『ボリス・ゴドゥノフ』クセニア、高校生のためのオペラ鑑賞教室・ロームシアター京都公演『ドン・パスクワーレ』ノリーナ、『魔笛』パミーナなどに出演。23/24シーズン『コジ・ファン・トゥッテ』デスピーナに出演予定。二期会会員。

【パパゲーナ】種谷典子(ソプラノ)(TANETANI Noriko)

国立音楽大学および同大学院を首席で修了。学部卒業時に武岡賞、大学院修了時に声楽専攻最優秀賞受賞。新国立劇場オペラ研修所第16期修了。文化庁新進芸術家海外研修員としてミラノおよびルガーノにて研鑽を積む。第24回リッカルド・ザンドナイ国際コンクール特別賞受賞。第16回東京音楽コンクール声楽部門第2位。第91回日本音楽コンクール声楽部門(歌曲)第2位。オペラでは『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ、『ドン・パスクワーレ』ノリーナ、『なりゆき泥棒』ベレニーチェ、『こうもり』アデーレなどに出演。2021年『魔笛』パパゲーナで二期会デビュー、続いて22年の二期会『フィガロの結婚』スザンナで一躍注目を集める。日生劇場『セビリアの理髪師』、東京文化会館オペラBOX『子どもと魔法』にも出演。23年には二期会『椿姫』にてヴィオレッタを演じ、今後の更なる活躍が期待されている。コンサートでも準・メルクル指揮台湾フィルハーモニック「合唱幻想曲」、マカオ国際音楽祭「第九」などのソリストとして高い評価を得ている。二期会会員。新国立劇場初登場。

【パパゲーノ】駒田敏章(バリトン)(KOMADA Toshiaki)

愛知教育大学を経て東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程修了。新国立劇場オペラ研修所第11期生としてオペラを学ぶ。研修所公演『ナクソス島のアリアドネ』音楽教師などを演じている。文化庁新進芸術家海外研修制度にてベルリンに留学。12年オランダ・グローニンゲンで開催された音楽祭 にラヴェル『スペインの時』ラミーロで出演し、Labberte-Hoedemaker Awardを受賞。第83回日本音楽コンクール(歌曲)第1位。新国立劇場では『アンドレア・シェニエ』フレヴィル、『ウェルテル』ジョアン、『ジュリオ・チェーザレ』クーリオ、『ボリス・ゴドゥノフ』ニキーティチ/役人、『ラ・ボエーム』ショナール、高校生のためのオペラ鑑賞教室・ロームシアター京都公演『魔笛』パパゲーノに出演。23/24シーズンは『トリスタンとイゾルデ』舵取りに出演予定。

閉じる

Storyものがたり

【第1幕】森で大蛇に襲われ、気絶してしまった王子タミーノ。そこに夜の女王に仕える3人の侍女がやってきて、大蛇を退治し立ち去る。タミーノが目覚めると大蛇が死んでいるのにびっくり。やってきた鳥刺しのパパゲーノに尋ねてみると、大蛇を退治したのは自分だと誇らしげに語る。が、それは嘘で、罰として3人の侍女がパパゲーノの口に鍵をかけてしまう。3人の侍女は、夜の女王の娘パミーナの肖像画をタミーノに見せ、邪悪なザラストロにさらわれた彼女を救ってほしいと訴える。パミーナの肖像に一目惚れしたタミーノは引き受ける。夜の女王はタミーノに魔法の笛、口の鍵の解けたパパゲーノに銀の鈴を授ける。
ザラストロの神殿にいるパミーナのもとにパパゲーノが行き、タミーノが助けにくることを伝える。喜ぶパミーナ。タミーノは神殿の門に到着するが、弁者によれば、ザラストロは暴君ではなく賢人で、高慢な夜の女王からパミーナをかくまっているのだという。そしてザラストロが登場。タミーノとパパゲーノは神殿に招き入れられる。

【第2幕】タミーノは、徳と正義を得るため試練を受けることになる。これを経れば妻に会えると言われたパパゲーノも、しぶしぶ同行する。一方パミーナのもとには夜の女王が現れ、ザラストロを殺せと命じて短剣を渡す。悩むパミーナに、ザラストロは、神殿では愛だけが暴力に打ち勝つ、と語る。タミーノとパパゲーノの最初の試練は、喋ってはいけない「沈黙」の試練。タミーノはパミーナとも喋れず、次の試練のため彼女と別れねばならない。彼の態度にパミーナは絶望して自殺をはかるが、3人の童子が止める。その後タミーノとパミーナは再会し、最後の「火」「水」の試練を2人で乗り越える。女房がほしいとぼやくパパゲーノは試練などお構いなしだが、努力は認められ、伴侶のパパゲーナと出会う。夜の女王たちは滅び、ザラストロ、タミーノ、パミーナたちは神を讃える。

Ticketsチケット

チケット料金

席種S席A席B席C席D席
料金
(10%税込)
29,700円 24,200円 17,600円 11,000円 7,700円
席種 料金(10%税込)
S席 29,700円
A席 24,200円
B席 17,600円
C席 11,000円
D席 7,700円

クラブ・ジ・アトレ会員の方は、先行販売期間は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。

Z席 1,650円(10%税込)

2024/2025シーズン オペラ セット券
現在、先着順受付中!

座席表

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間:2024年9月28日(土)10:00~10月7日(月)

新国メンバーズ先行販売期間:2024年9月29日(日)10:00~10月7日(月)

一般発売日:2024年10月13日(日)10:00~

チケット取り扱い

お電話でのお求め

新国立劇場ボックスオフィス

03-5352-9999電話予約・店頭購入方法

WEBからのお求め

チケットぴあ

ご購入はこちら

【Pコード:263-668】

イープラス

ご購入はこちら

ローソンチケット

ご購入はこちら

【Lコード:32168】

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズほか

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(D・Z席は対象外)

高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィスで取扱。

  • ご入場時にご年齢が記載されている証明書・学生証を確認させていただく場合がございます。

ジュニア割引(小中学生):20%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。

  • ご入場時にご年齢が記載されている証明書を確認させていただく場合がございます。

当日学生割引:50%割引

公演当日に残席がある場合のみボックスオフィス(窓口・電話)で取扱。要学生証。

障がい者割引:20%割引

ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

  • 車椅子席はボックスオフィス(窓口・電話)にてお求めください。

割引の詳細はこちら
U25・39優待チケットについてはこちら

Z席の購入方法

  • Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。
  • Z席とZ【音のみ】席(舞台が完全に見えません)は、公演当日朝10:00から、新国立劇場Webボックスオフィスおよびセブン-イレブンの端末操作により全席先着販売いたします。1人1枚です。
  • 電話での予約は承れません。
Z席の詳細はこちら

グループでの
お申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5745)までお問い合わせください。

ご注意事項

  • 発売初日に限りD席のお申し込みは1人合計2枚までとさせていただきます。
  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により、公演内容やスタッフ・キャストに変更が生じる場合があります。