中劇場

舞台を額縁のように仕切ったプロセニアム形式と、舞台面を客席前方まで迫りだしたオープン形式というふたつの異なる舞台形式をもつ中劇場。現代舞台芸術の多様な演出に幅広く対応する柔軟な構造をもったこの劇場では、演劇とダンスを中心として、実にさまざまな舞台が上演されています。客席も舞台の形状によりそれぞれ変化しますので、観客は訪れるたびに新しい劇空間を楽しむことができます。
舞台はオペラ劇場と同じ四面舞台になっており、舞台前はその床機構によりオーケストラピットとしても活用できますので、オーケストラの入るオペラ、バレエの上演も可能です。
客席数は1列あたり最大24席、もっとも遠い2階席最後列からでも舞台まで25mという近さ。舞台と客席の一体感が臨場感を生む「表現の場」です。

劇場使用のお申し込み

照明設備

主舞台側には4本の照明ブリッジ・3層のギャラリーを備え、ギャラリーには上手・下手各3本の昇降・走行が可能な照明ラダーが設置されています。またオープン形式時の演出空間に対応するため、客席前の舞台部分上部に2本の照明ブリッジと4本のサイドブリッジ、1本の照明バトンを配置し、前舞台部分の照明を充実させています。

音響設備

オープン形式に対応するために、前舞台上部にフライングスピーカー専用のバトンと回線が配置されています。中劇場のために開発されたフルデジタルの音響卓は、オペレーターが音を直接感じて調整することができるように、1階客席最後部中央に置かれています。また客席側のウォールスピーカーとシーリングスピーカーに主舞台側スピーカーを組み合わせた音像定位・移動システムによって、より自由な音像空間を創造できるようになっています。

舞台施設・客席

中劇場(プロセニアム形式 全客席)          平面図PDFファイルを開きます 断面図PDFファイルを開きます

中劇場(プロセニアム形式 A・B号迫りオケピ使用時) 平面図PDFファイルを開きます 断面図PDFファイルを開きます

中劇場(オープン形式)                平面図PDFファイルを開きます 断面図PDFファイルを開きます

客席

プロセニアム形式
全客席        A号迫り使用時    A・B号迫り使用時  A・B・C号迫り使用時
総客席数     1,038席 960席 914席 796席
 1F      851席  773席  727席  609席
 2F      187席  187席  187席  187席
  • いずれも1Fに車椅子席8席を含む
オープン形式
総客席数 1,010席
 1F  761席(車椅子席8席含む)
 2F  249席
座席スペース 幅52.5cm 奥行95cm
残響時間 1.0~1.3秒(満席時)
  • 中劇場の客席内の通路は、階段状です。
    車椅子でご来場のお客様は車椅子スペースを除き、お座席まで直接お越しいただくことができません。あらかじめご了承ください。

舞台施設

舞台形状 四面舞台
プロセニアム開口 幅16.8m 高さ9m
主舞台
迫り 14.58m×3.64m×2枚 14.58m×7.27m×1枚
迫りの行程 +4.5m~-15.7m
高さ 舞台面からスノコまで21.3m 舞台面から奈落まで-15.7m
上手袖舞台
スライディングステージ 14.58m×14.58m
奥舞台
スライディングステージ 14.58m×14.58m
直径12.74m
前舞台
可変型 行程 +0.5m~-4.5m