新国立劇場バレエ研修所公演

バレエ・オータムコンサート2021

公演期間:
2021年10月16日[土]~10月17日[日]
予定上演時間:
未定

Introductionはじめに

新研修生、新予科生たちも登場するフレッシュなステージと
今世界が注目する、スペインの鬼才・カィェターノ・ソト振付の
超チャーミングな作品に乞ご期待!!

新国立劇場バレエ研修所は、日本初の国立劇場附属の研修機関として2001 年に開所して以来16 期100 名の修了生を送り出し、修了生は新国立劇場バレエ団をはじめバレエ界の第一線で目覚ましい活躍をしています。
今回の「オータム・コンサート2021」では、ショパンの美しい調べに乗せて踊る、優雅でありながら溌溂とした『ダンス・ダンス・ショパン』(牧阿佐美振付)、『ラ・バヤデール』第2幕の婚礼の場で踊られる、見どころたっぷりのパ・ダクシオンなどを上演いたします。
さらに、今世界中の主要カンパニーで、精力的に活動を続けるスペイン出身の振付家、カィェターノ・ソトの陽気でチャーミングな作品も登場します。
日頃の研修の成果として、クラシック作品、現代作品に果敢に挑戦する研修生たちの清々しい舞台をお届けします。
どうぞご期待ください!

オータム・チラシ
チラシの拡大は画像をクリック

Newsお知らせ

SNSでも最新情報をチェック!

Schedule公演日程

公演日程

2021年10月16日(土)15:00

2021年10月17日(日)15:00

予定上演時間

未定

  • 正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

会 場

新国立劇場 中劇場

ご注意事項

  • ロビー開場は開演45分前、客席開場は開演30分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
  • 上演に際しては録音音源を使用します。
  • 都合により内容等変更になる場合がございます。ご了承ください。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。

Programmeプログラム

『ダンス・ダンス・ショパン』

  • 音楽:F.ショパン
  • 振付:牧 阿佐美
  • 振付牧 阿佐美

『くるみ割り人形』よりクララと王子のパ・ド・ドゥ

  • 音楽:P.I.チャイコフスキー
  • 原振付:L.イワーノフ
  • 改定振付:牧 阿佐美

『Conrazoncorazon』より

  • 振付:カィェターノ・ソト
  • 振付カィェターノ・
    ソト
プロフィールを表示する

『ラ・バヤデール』よりパ・ダクシオン

  • 音楽:L.ミンクス
  • 原振付:M.プティパ

Staff&Castスタッフ・キャスト

スタッフ

  • 【照明】小保内 陽子

キャスト

  • 【出演】 新国立劇場バレエ研修所 第17期生・18期生、予科生
  • 【ゲスト出演】 芳賀 望、京當 侑一籠、酒井 大、松田 耕平、吉留 諒、青木 恵吾
  • 第17期生
      • 青山 悠希
      • 安達 美苑
      • 菅沼 咲希
      • 根本 真菜美
      • 福田 天音
      • 山本 菜月
    • 第18期生
        • 五十嵐 玲奈
        • 下川 佳鈴
        • 中川 奈奈
        • 縄田 花怜
        • 小野田 陽斗
      • 予科生
          • 大薮 樹
          • 神谷 歩乃加
          • 久我 音寧
          • 髙橋 隼世
          • 竹花 治樹
          • 榎本 志結
          • 中村 美月
          • 府川 萌南
      • ゲスト出演
          • 芳賀 望
          • 京當 侑一籠
          • 酒井 大
          • 松田 耕平
          • 吉留 諒
          • 青木 恵吾

      Profile

      【振付】カィェターノ・ソト(Cayetano SOTO)

      スペイン・バルセロナで生まれ、同市に拠点を置くカィェターノ・ソトは、世界中の主要なバレエ・カンパニーに作品を振り付けている。欧米やカナダの国際フェスティバルでは、彼のテクニカルで激しく、意外な展開を見せる振付作品が披露された。 ソトはバルセロナのインスティテュート・デル・テアトルでダンスを学び始め、ハーグの王立コンセルヴァトリムに進級し、クラシカル・ダンスの学位を得た。その後、1997年にIT Dansa Barcelonaで踊り、1年後にミュンヘン・バレエ・シアターに入団、そこで彼の代表作『Fugaz(流れ星)』を含む複数の優れたバレエ作品を創作した。 ソトは2005年からフリーの振付家として活躍し始め、ネザーランド・ダンス・シアター、王立フランダース・バレエ団、チューリッヒ・バレエ、シュツットガルト・バレエ、サンパウロ市バレエ団、ポルトガル国立バレエ、ペルミ・オペラ・バレエ劇場、マッジオ・ダンツァ・フィレンツェ オペラ、ヴィースバーデン・ヘッセン州立歌劇場等から委嘱を受けている。また、シュツットガルト・バレエ、ブラウンシュヴァイグ州立劇場、ヴィースバーデン・ヘッセン州立歌劇場、アウグスブルク・バレエ、Ballett im Revier, ニュルンベルク州立劇場、バレエ・ドルトムント等ドイツのカンパニーと共に多くのバレエを創作している。09年、アスペン・サンタフェ・バレエおよびIntrodansとのコラボレーションが開始され、多数のバレエ作品を創作している。バレエ・ドルトムントには新制作『カルメン』(全幕)を振り付け、この公演の成功で、チェコのNárodní Divadlo Brnoでも10年に同作品が上演された。ソトがサンパウロ市バレエ団のために15年に『ADASTRA』を創作した際のエピソードがドギュメンタリー番組として、アルテ1ブラジルで放送され、この『ADASTRA』は、同市マスコミによるベスト・パフォーマンス・オブ・ジ・イヤーにノミネートされた。2015年9月から3シーズンにわたりカナダのBallet BCで常任振付家を務め、16/17シーズンにはフィラデルフィアのバレエXの振付フェローシップ・メンターを務めた。 06年、王立フランダース・バレエ団で開催された振付コンクールUncontainableで、ソトはバレエ作品『24FPS』で1位を受賞。サンパウロ市バレエ団がソトに委嘱した『Canela Fina』は、ブラジルの新聞Folha de São Pauloで08年のベスト・ダンス・プロダクション賞に輝いた。11年には、振付作品『Uneven』でロシアの最も格式高い舞踊賞であるゴールデン・マスク賞にノミネートされた。

      閉じる

      Profile

      芳賀 望(HAGA Nozomu)

      神奈川県出身。13歳で単身カナダに渡り、Gohballet academyで学ぶ。留学中、国内外の数々のコンクールに出場。アジアンパシフィックコンクール ファイナリスト、東京新聞コンクール パ・ド・ドゥ部門第3位、韓国で開催されたクァンジュ・インターナショナルコンクールで、モーストプレミシグダンサーに選ばれるなど優秀な成績を残す。カナダのアルバータバレエカンパニー、Kバレエカンパニー、新国立劇場バレエ団で主要な役を務める。『アラジン』『ドン・キホーテ』『ラ・バヤデール』『くるみ割り人形』『パゴダの王子』など、数々の作品で主役を務める。現在はフリーで活躍している。

      京當 侑一籠 (KYOTO Yuichiro)

      8歳でバレエを始める。1993年に橘バレエ学校入学。95年、AMステューデンツ21期生に選抜される。97年、牧阿佐美バレヱ団に入団。98年、第55回全国舞踊コンクール・ジュニア部で1位を受賞。99年橘バレエ学校を卒業する。2002年から06年までザクセン州立シアターゲルリッツに所属し『ジゼル』や『くるみ割り人形』に主演。 帰国後06年牧阿佐美バレヱ団公演『くるみ割り人形』で主役デビュー。 これまで『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』『リーズの結婚』『ロミオとジュリエット』『ライモンダ』『ラ・シルフィード』『ジゼル』に主演。バレエシャンブルウエスト清里フィールドバレエ18年『ジゼル』19年『眠れる森の美女』20年『白鳥の湖』にゲスト主演。

      酒井 大(SAKAI Dai)

      11歳より大塚礼子バレエスタジオにてバレエを始め、大塚礼子、深川秀夫に師事。 2006年 ジャパングランプリにてディレクター特別賞、スカラーシップ賞を受賞。07年 Goh Ballet Academyにスカラーシップ留学。Youth America Grand Prixにてスカラーシップ賞を受賞。08年 The Washington School of Balletにスカラーシップ留学。在学中、The Washington Balletのカンパニー公演に出演。Youth America Grand Prix New York ファイナリスト。10年 谷桃子バレエ団に入団。ソリストとして、『ラ・バヤデール』黄金の仏像、『白鳥の湖』王子、パ・ド・トロワ、道化『ライモンダ』ジャン・ド・ブリエンヌ、『リゼット』コーラ、等主要な役を踊る。また、日本バレエ協会公演において、10年ヤングバレエフェスティバル『パキータ』男性第一舞踊手、13年『白鳥の湖』パ・ド・トロワ、16年『眠れる森の美女』ブルーバードを踊る。17年に谷桃子バレエ団を退団。19年クリストファー・ウィールドン演出、振付による劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』主演、ジェリー・マリガン役の日本初演キャストに選ばれる。東京、横浜、名古屋で150回以上の舞台に出演。他、由紀さおりドラマティックコンサート「PANDORA」、梅田芸術劇場、大沢たかお主演「INSPIRE陰陽師」、NHK大河ドラマ「青天を衝け」オープニング映像にダンサーとして出演。

      松田 耕平(MATSUDA Kohei)

      1988年 田中りゑバレエスタジオ入所田中りゑ、櫻井由紀、安部真由美に師事。2001年 井上バレエ団『くるみ割り人形』で フリッツ役を踊る。2003年 橘バレエ学校入学、AMステューデンツ入会。牧阿佐美、三谷恭三、ゆうきみほ、狭間祥子、小嶋直也、橋本尚美に師事。06年 第9回NBA全国バレエコンクール 高校生の部5-3位。07年 牧阿佐美バレヱ団入団後全ての公演に出演する。08年 同団のスペインツアー参加、10年 橘バレエ学校卒業。 19年にはウラジオストクツアーに参加する。

      吉留 諒(YOSHIDOME Ryo)

      東京シティバレエ団 ソリスト。3歳よりRKK学苑にてバレエを始め、2003年より熊本バレエ研究所にて伴征子に師事。14年に東京バレエ学校Sクラス生となり、首藤康之、中村恩恵に師事。15年、中国上海市舞踏学校にて短期研修。その後、熊本バレエ劇場40周年記念公演『眠れる森の美女』にて青い鳥を踊る。 16年に東京シティバレエ団に入団し、同年の『くるみ割り人形』にてタイトルロールに抜擢され初主演。その後『くるみ割り人形』や抜粋公演『眠れる森の美女』などで主演を重ね、19年「ロミオとジュリエット」にてグランドバレエ初主演を飾る。 これまでに『白鳥の湖』ジークフリード王子『眠れる森の美女』デジレ王子、青い鳥『コッペリア』のワルツソリスト、『Octet』 (Uwe sholz振付)第3楽章ソリスト、『ベートーベン交響曲第7番』(Uwe sholz振付)などに出演。

      青木 恵吾(AOKI Keigo)

      埼玉県出身。スタジオNY長瀬クラシックバレエスクールを経て、2019年度新国立劇場バレエ研修所入所。研修最終年度には「ANAスカラシップ生」として認定された。21年3月同研修所を修了し、同4月よりスターダンサーズ・バレエ団準団員として活動している。

      閉じる

      Ticketsチケット

      チケット料金

      席種全席指定
      料金
      (10%税込)
      2,200円

      ○クラブ・ジ・アトレ会員割引含め、各種割引はございません。

      席種 料金(10%税込)
      全席指定 2,200円

      座席表

      前売り開始日

      アトレ会員先行販売期間:2021年8月27日(金)10:00~29日(日)

      一般発売日:2021年9月3日(金)10:00~

      • 感染予防に対応した適切な距離を保つため、1階1列~5列の座席は販売いたしません。
      • 通常の座席配置(1階1列~5列を除く)での販売を予定しております。
      • 政府及び東京都の判断により、イベント収容率の制限に変更が生じた場合は、途中でチケットの販売を停止する場合がございます。

      チケット取り扱い

      お電話でのお求め

      新国立劇場ボックスオフィス

      03-5352-9999電話予約・店頭購入方法

      WEBからのお求め

      ボックスオフィス窓口の営業時間はこちらよりご確認ください。

      チケットぴあ

      0570-02-9999

      WEBからのご購入はこちら(PC&携帯)

      【Pコード:507-856】

      ご注意事項

      • 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様につきましても1人1枚チケットをお求めください。
      • 公演日、席種によってはお求めになれない場合がございます。
      • 公演中止、および新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインによる対象者を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
      • 最新の座席の販売状況につきましては、新国立劇場ウェブサイトをご覧ください。
      • 1階席前方のお座席ではダンサーの足元などが見えにくい場合がございます。ご了承ください。
      • 車椅子ご利用のお客様はボックスオフィスまでお問い合わせください。
      • 問合せ先:新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999

      • やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。