新国立劇場からのおしらせ

平成28年度 新国立劇場個人賛助会員 懇談会が開催されました


1月28日(土)「新国立劇場個人賛助会員 懇談会」が、オペラ「カルメン」終演後に、オペラパレス ホワイエにて開催されました。

当劇場をご支援いただく皆様に感謝申し上げ、劇場の活動へのご理解を深めていただき、出演者や劇場スタッフと交流していただく貴重な機会となりました。

尾﨑元規 理事長は、開場以来多くの方々に支えられてきた20年を振り返り、今後もこれまで以上に優れた公演をお届けし、皆様と感動を共にしていきたいと述べました。

続いて飯守泰次郎 オペラ芸術監督、大原永子 舞踊芸術監督、宮田慶子 演劇芸術監督が挨拶し、日頃からのご支援に対する感謝を述べ、先日ラインアップが発表されたばかりの来シーズンへの意気込みを語りました。

また、新国立劇場バレエ団ダンサーや公演を終えたばかりの「カルメン」出演者たちも参加し、一人ずつメッセージを述べた後、個人賛助会員の皆様と過ごすひとときを楽しみました。


新国立劇場では、よりよい舞台をお届けするために、皆様からのご支援をお願いしております。

詳しくはこちら


尾﨑元規 理事長
飯守 泰次郎 オペラ芸術監督


大原永子 舞踊芸術監督

宮田慶子 演劇芸術監督


新国立劇場バレエ団ダンサー
(左より)小野絢子、福岡雄大、米沢 唯、井澤 駿、池田理沙子

オペラ「カルメン」より指揮者および出演者
(左より)イヴ・アベルエレーナ・マクシモワマッシモ・ジョルダーノガボール・ブレッツ砂川涼子、妻屋秀和


和やかな会場の様子