飯守泰次郎オペラ芸術監督による2015/2016シーズンオペラ演目説明会が開催されました


1月25日(日)の『さまよえるオランダ人』終演後、飯守泰次郎オペラ芸術監督による2015/2016シーズンお客様向け演目説明会が開催されました。当日『さまよえるオランダ人』で自ら指揮を務めた飯守芸術監督は、公演の熱気も冷めやらぬ中、新シーズンにかける意気込みをユーモアを交えて語りました。以下では、約1時間にわたった説明会から一部をご紹介いたします。


IMG_4804.jpg

 私の第一シーズンにあたる2014/2015シーズンは比較的オーソドックスな演目が並んでいますが、2015/2016シーズンは趣きをやや変えて、バラエティあるラインアップにしてみました。


 新制作の一作目はワーグナー「ニーベルングの指環」より序夜『ラインの黄金』です。世界の歌劇場が上演したいと野心を持っている巨大な4部作を、お客様のご希望にも応えて、私のシーズンで上演することにしました。演出の故ゲッツ・フリードリヒ氏は、ベルリン・ドイツ・オペラの総監督を長く務めたドイツの名演出家。私が若い頃ヨーロッパで仕事をしていた際も、ブレーメン、バイロイト、ハンブルクなどでフリードリヒ氏と一緒に仕事をする機会が数多くあり、素晴らしい勉強になりました。私が2000年に新国立劇場で指揮をした『青ひげ公の城』もフリードリヒ演出でしたが、病気で来日が叶わず、初日から1週間ほどして亡くなられました。フリードリヒ氏がベルリン・ドイツ・オペラで演出した「ニーベルングの指環」、通称「トンネル・リング」は来日公演もあり、ご覧になった方も多いと思います。今回新国立劇場で上演するヘルシンキのプロダクションは、フリードリヒ氏が晩年に手がけた最後の「リング」で、さらに読みが深くなり、抽象的そして美的な感覚を取り入れています。


 今後の「リング」の上演予定は、2015年秋『ラインの黄金』、2016年秋『ワルキューレ』、2017年初夏『ジークフリート』、2017年秋『神々の黄昏』です。

キャスティングでご注目いただきたいのは、この「リング」でテノール4役―『ラインの黄金』のローゲ、『ワルキューレ』のジークムント、『ジークフリート』と『神々の黄昏』のジークフリートを、世界的なヘルデン・テノールであるステファン・グールドが全て歌うということ。かつてヴィントガッセンも4役を歌ったことがあります。グールド氏にオファーをしたところ、驚いて、そしてぜひやりたいと快諾してくれました。


IMG_4735.jpg

 新制作の2本目はヤナーチェクの『イェヌーファ』です。ヤナーチェクの作品は主要歌劇場では必ず上演されており、新国立劇場でも皆様にぜひ紹介したいと思いました。ヤナーチェクの作品はチェコ語と密着しており、リズミックでやや東洋的、そしてモダンな作風です。なかでも、『イェヌーファ』は彼の代表作で、愛の決裂、残酷さなどを描いたヴェリズモ的な作品です。今回上演するベルリン・ドイツ・オペラのクリストフ・ロイのプロダクションは、美しく洗練された分かりやすいもので、皆様にお楽しみいただけると思います。指揮のトーマシュ・ハヌスは、チェコの若手指揮者。正確な上に叙情性が素晴らしく、ヨーロッパ各地のオーケストラから信頼されています。キャストは、シュテヴァ役のザンピエーリを除き、ベルリン・ドイツ・オペラで歌った歌手を招聘しました。新国立劇場でアラベッラを歌ったミヒャエラ・カウネがタイトルロールを歌い、そして60、70年代バイロイトで大きな役を歌っていたベテランのハンナ・シュヴァルツがブリヤ家の女主人役で出演し、アンサンブルを引き立ててくれるでしょう。


 新制作の3本目はマスネの代表作『ウェルテル』。マスネの甘く憂いをたたえた音楽が、ゲーテの原作と素晴らしく融合しています。演出のニコラ・ジョエル氏とは、1976年バイロイト音楽祭の「ニーベルングの指環」で彼が演出のシェローのアシスタント、私が指揮のブーレーズのアシスタントを務めたという間柄です。今やジョエル氏は、パリ・オペラ座の総監督なども務めた演出界の重鎮であり、久しぶりの再会を非常に嬉しく思っています。指揮のマルコ・アルミリアートは、若くして世界中で活躍する指揮者で、初めて新国立劇場に迎えることができました。



再演についても、「新鮮味を失わないように心がけている」と話し、それぞれ魅力的な指揮者、キャストの紹介がありました。

 

2015/2016シーズンも、新国立劇場オペラにどうぞご期待ください!

2015/2016シーズン オペララインアップ一覧はこちらから


2015/2016シーズン セット券 現在発売中です!

 【会員優先受付】2015年2月28日(土)[必着]まで

 【一般先行受付】2015年3月31日(火)[当日消印有効]まで

  上記受付期間を過ぎた後は順次受付となります

 

~セット券購入は新国立劇場友の会「クラブ・ジ・アトレ」入会がおすすめです~

  一般の方もセット券申込みと同時入会できます。

  申込書、または会員向けお申し込みフォーム(web)の「クラブ・ジ・アトレ入会希望」にチェックしてください。

  ▶一般セット券の方に先駆けてお座席を確保

  ▶一般申込で5%OFFが会員になると10~20%OFF(バレエ&ダンスは最大25%OFF)と割引率がアップ!

 

side_bnr_opera.jpg          side_bnr_ballet.jpg 

 

2015/2016シーズン 舞踊演目説明会を開催いたします!<入場無料・自由席・予約不要>

大原永子 舞踊芸術監督による新シーズン演目説明会(入場無料・自由席・予約不要)
 日時:2015年2月21日(土) バレエ『ラ・バヤデール』マチネ公演終了後開始予定
 会場:オペラパレス客席
 ※当日の『ラ・バヤデール』公演チケットをお持ちでない方は、公演終了後にご案内いたします。