小劇場

小劇場は、客席も含め劇場全体の床がすべて可動式になっており、この可動床を上下させることによって、演出プランに合わせて自由に劇空間を創造できるオープンスペースの劇場です。通常みられる「エンドステージ」や、舞台中央部をせり出した「スラストステージ」、舞台前後に客席を置いた「センターステージ」、さらには舞台の四方を客席が囲む「アリーナステージ」といった、さまざまな舞台形式に対応できます。まさに演出家の"演出ごころ"をくすぐる魅力的な空間といえるでしょう。
壁面にはバルコニーがあり、客席を設置して小劇場空間でも俯瞰した舞台を楽しむことができます。総客席数はその形状により468席まで増やせます。

劇場利用のお申し込み

照明設備

自在に変化できる舞台形状に対応するために、天井部分に13本のライトバトンが配置されています。技術者ギャラリーには、4台のクセノンフォロースポット、2台のハロゲンプロジェクター等が配備されています。さらに最新の照明機材を制御するために不可欠なデジタル回線を1系統備えています。

音響設備

自由な舞台パターンと客席レイアウトに対応するために、移動式の音響卓と周辺機器及びフライング対応のスピーカーで構成されています。メイン音響回線は技術者ギャラリーに設置してありますが、客席バルコニーとステージレベルに切り替えが可能です。

データ

  • 小劇場の客席内の通路は、階段状です。ただし、小劇場は公演によって客席形状が異なるため、通路の状態が変化することがあります。
    車椅子でご来場のお客様へ:客席内通路が階段状のため、車椅子スペースを除き、原則としてお座席まで車椅子で直接お越しいただくことができません。あらかじめご了承ください。
    劇場ホワイエから車椅子スペースへご移動の際、段差解消機を使用しご案内いたします。

客席

客席数
エンドステージ 358席 394席 438席 ※舞台の奥行きによる
スラストステージ 400席
センターステージ 420席
アリーナステージ 468席
座席スペース 幅50cm 奥行91cm
残響時間 0.8~1.0秒

舞台施設

劇場寸法
平面寸法 27.6m×16.6m 高さ10m
可動床 25.5m×12.7m
副舞台 9.9m×3.3m(迫り、道具搬入口設置)