新国立劇場からのおしらせ

避難体験オペラコンサートが開催されました

防災の日のちょうど前日にあたる8月31日(日)、オペラパレスにて避難体験オペラコンサートが行われました。

公演中に地震が発生したという想定で、お客様にも実際に客席からの避難を体験していただくという、新国立劇場としては初の試みです。

当日は、一般応募のお客様をはじめ近隣町内会や劇場・舞台関係者なども含め約1,300名のお客様が集まり、避難訓練を実践してくださいました。

新国立劇場では、今回の経験をふまえ、引き続きお客様の安全のために可能な限りの備えを行ってまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



受付.jpg
受付に続々とお客様がいらっしゃいました

センサー.jpg
産業技術総合研究所の協力によりセンサーやカメラで避難の様子を計測しました


開演前.jpg 
開演を待つお客様。消防署の方も視察に来られました

オケピ.jpg
オーケストラピットにも演奏者役が待機


出演者避難.jpg
地震発生!スタッフが公演中断のアナウンス。出演者も舞台袖に下がります

観客伏せ.jpg
地震発生直後は客席で身を伏せていただきます


客席避難.jpg
いよいよ避難開始です


チェック.jpg
お客様の避難の様子を係が入念にチェック

ホワイエ.jpg
オペラパレスでの避難先は各階のテラスです



避難完了.jpg
避難完了。状況確認を行っています


エントランス.jpg
劇場エントランスまで集まっていただいたところで休憩に入りました

コンサート.jpg
コンサート再開。最後までゆっくりお楽しみいただきました