新国立劇場からのおしらせ

マンスリー・プロジェクト10月 演劇講座「エリザベス朝演劇」募集を開始いたしました!

                                              

はじめに、エリザベス朝演劇における、幕も装置も舞台転換もなかった当時の舞台の特徴を確認し、そこで語られる詩的言語としての台詞の意義をお話します。

クリストファー・マーロウの作品を中心に、その魅力を語ります。

                                      

<開催日程>

演劇講座「エリザベス朝演劇」

10月14日(月・祝)6:00 小劇場

講師:河合祥一郎(東京大学大学院教授)

参加費:無料

応募期間:9/17(火)~10/11(金)

※応募期間を10/11(金)に延長いたしました。

★お申し込みはこちらから★

※1プロジェクトにつきお一人様1回の応募とさせていただきます。

※ご参加には事前申し込みが必要です。

※やむを得ない事情により、企画内容・日程・出演者等が変更になる場合があります。

 

マンスリー・プロジェクトは、4シーズン目にはいり、ますます多彩、さらに充実!

入場は無料!皆様をお待ちしています!

新国立劇場でしか聞けない演劇講座にトークセッション、そして参加型のワークショップも2回と充実、リーディング公演も見逃せません。

演劇公演をより楽しんでいただくために、お気軽にマンスリー・プロジェクトへお越しください!

★マンスリー・プロジェクト全体の情報はこちらから★

 

※インターネットからのお申込みに関して、お申込み完了画面が表示されない場合がございます。

その場合お手数ですが、お電話でのお申込みをしていただけますようお願い申し上げます。

お問い合わせ:新国立劇場情報センター「マンスリー・プロジェクト」受付係 電話03-5351-3011(代)