新国立劇場からのおしらせ

島田 廣 新国立劇場舞踊部門初代芸術監督のご逝去にあたって

 

島田 廣 新国立劇場舞踊部門初代芸術監督のご逝去にあたって

 

 島田 廣氏のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。
 島田 廣氏は、1993年4月に新国立劇場舞踊部門初代芸術監督に就任され、新国立劇場の開場に力を尽くされました。1997年から翌年にかけての開場記念公演を大成功に導かれ、1999年6月までの約6年間、芸術監督を務められました。

 

 現在国内外で高い評価を受ける新国立劇場バレエ団の基礎を築かれ、また、日本を代表するバレエダンサー、振付家、指導者としてご活躍になり、新国立劇場および日本のバレエ界の隆盛に多大な貢献をなさいました。

 そのご功績にあらためて感謝申し上げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。



2013年 7月 30日
公益財団法人新国立劇場運営財団
理事長 福地茂雄