2018/2019シーズン
演劇「かもめ」
The Seagull
小劇場

チェーホフの傑作を全役、オーディションで。新国立劇場初の試み!

>オーディションのお申込みはこちらから【募集は終了いたしました】

毎シーズンに一本、全キャストをオーディションで選考、上演する企画の第一弾として、チェーホフ不朽の名作『かもめ』を上演します。作り手が新しい俳優と、俳優が新しい演出家と、劇場が新しい作り手たちと出会い、作品を立ち上げていく、小川絵梨子が芸術監督としての柱の一つとして掲げる企画です。
演出には、これまで新国立劇場で数々の作品を創り出してきた鈴木裕美を迎え、6週間にも及んだオーディションを経て決定した13人の俳優たちと、小川絵梨子による新訳『かもめ』をお贈りします。

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

公演日程・チケット

公演日程

2019年

4/11

4/12

4/13

4/14

4/15

4/16

4/17

13:00 13:00託児マーク小.jpg 13:00

13:00託児マーク小.jpg
18:30 18:30

2019年

4/18

4/19

4/20

4/21

4/22

4/23

4/24

13:00

13:00託児マーク小.jpg 13:00託児マーク小.jpg 13:00

13:00
18:30 18:00

2019年

4/25

4/26

4/27

4/28

4/29

月祝

13:00

13:00 13:00 13:00
18:30 18:00
託児マーク小.jpg...
託児室<キッズルーム「ドレミ」>がご利用になれます。

◆学校団体観劇が今後確定する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

予定上演時間:未定(後日ご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前での表示をご確認ください。)

チケット料金(税込)

席種A席B席
料金(税込) 6,480 3,240

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

アトレ会員先行販売期間:2019年2月3日(日)10:00~2月12日(火)
一般発売日:2019年2月16日(土)10:00

スタッフ・キャスト

スタッフ

アントン・チェーホフ
英語台本
トム・ストッパード
翻訳
小川絵梨子
演出
鈴木裕美
  • (翻訳)

    小川絵梨子

  • (演出)

    鈴木裕美

プロフィールを表示する

プロフィール

【作】アントン・チェーホフ(Anton CHEKHOV)
ロシアの劇作家、小説家。モスクワ大学医学部を卒業、医師として働く。生活費を稼ぐため、短編ユーモア小説を書くが、その後文学的作品を執筆するようになる。1881年から戯曲の執筆を開始、87年に長編『イワーノフ』初演、89年の再演が高評を博し、96年初演の『かもめ』以降、99年『ワーニャ伯父さん』、1901年『三人姉妹』、04年『桜の園』を執筆、劇作家としての名声を確立した。
【英語台本】トム・ストッパード(Sir Tom STOPPARD)
1937年、チェコスロバキアのユダヤ系の家庭に生まれる。第二次世界大戦中、ナチスから逃れ、シンガポール、インドと移り住む。46年、イギリスに移住。17歳でジャーナリストとなり、報道記事、映画・演劇の批評を担当。また、ラジオドラマ等の脚本、戯曲を執筆する。66年、エジンバラ・フリンジ・フェスティバルで上演した『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』が大評判を呼び、翌67年、ロンドン・オールド・ヴィック劇場にて上演。同年、ブロードウェイにも進出し、トニー賞ベスト作品賞をはじめ、数々の賞を独占した。その後も知的ユーモアとウィットに富んだ数多くの作品を書き、イギリス演劇界にその地位を確立した。また『未来世紀ブラジル』や『太陽の帝国』など、映画の脚本も多数手掛け、幅広い方面で高い評価を得ている。90年『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を映画化、自ら監督、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を、99年『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞している。そのほか主な戯曲に『ジャンパーズ』『茶番劇』『ザ・リアル・シング』『アルカディア』『コースト・オブ・ユートピア』『ロックンロール』『ハード・プロブレム』など。97年、英国王室よりナイト爵位を叙せられた。
【翻訳】小川絵梨子(OGAWA Eriko)
1978年、東京生まれ。2004年、アクターズスタジオ大学院演出部卒業。06~07年、平成17年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生。10年、サム・シェパード作『今は亡きヘンリー・モス』の翻訳で第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。12年、『12人~奇跡の物語~』『夜の来訪者』『プライド』の演出で第19回読売演劇大賞優秀演出家賞、杉村春子賞受賞。14年『ピローマン』『帰郷-The Homecoming-』『OPUS/作品』の演出で第48回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回千田是也賞、第21回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。最近の演出作品に『スポケーンの左手』『RED』『夜想曲集』『ユビュ王』『死の舞踏/令嬢ジュリー』『CRIMES OF THE HEART ―心の罪―』『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『The Beauty Queen of Leenane』など。新国立劇場では『OPUS/作品』『星ノ数ホド』『マリアの首 ―幻に長崎を想う曲―』の演出のほか、『ウィンズロウ・ボーイ』の翻訳も手がけている。18年9月より新国立劇場演劇芸術監督。
【演出】鈴木裕美(SUZUKI Yumi)
1982年、日本女子大学在学中に「自転車キンクリート」を結成。「自転車キンクリートSTORE」を含むほとんどの公演に関わり、『OUT』『第17捕虜収容所』『法王庁の避妊法』『富士見町アパートメント』などを演出。現在は小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、ダンスと多種多様なジャンルで精力的に活動中。2011年より個人ユニット「鈴木製作所」を立ち上げ、『ノミコムオンナ』を製作。最近の主な演出作品に『夜中に犬に起こった奇妙な事件』『アリス・イン・ワンダーランド』『サンセット大通り』『パパのデモクラシー』『スコット&ゼルダ』『フロッグとトード がま君とかえる君の春夏秋冬』『花より男子』『ブラック メリーポピンズ』『マクベス』『韓国版 花より男子』『蜘蛛女のキス』などがある。第35回紀伊國屋演劇賞個人賞、第8回・15回・18回読売演劇大賞優秀演出家賞、第10回仙田是也賞、第33回菊田一夫演劇賞、07年ミュージカル・ベストテン演出家賞、第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。新国立劇場では、『たとえば野に咲く花のように』『エネミイ』『ウィンズロウ・ボーイ』を演出。

キャスト

朝海ひかる 天宮 良 伊勢佳世 岡本あずさ 佐藤正宏
須賀貴匡 高田賢一 俵木藤汰 中島愛子 福麻むつ美
松井ショウキ 山﨑秀樹 渡邊りょう
  • 朝海ひかる

  • 天宮 良

  • 伊勢佳世

  • 岡本あずさ

  • 佐藤正宏

  • 須賀貴匡

  • 高田賢一

  • 俵木藤汰

  • 中島愛子

  • 福麻むつ美

  • 松井ショウキ

  • 山﨑秀樹

  • 渡邊りょう

ものがたり

ソーリン家の湖畔の領地。女優のアルカージナと愛人の小説家トリゴーリンが滞在している。アルカージナの息子トレープレフは恋人のニーナを主役にした芝居を上演するが、アルカージナは芝居の趣向を揶揄するばかり。トレープレフは憤慨しながら席を外すが、アルカージナは、ぜひとも女優になるべきだ、とニーナをトリゴーリンに引き合わせる。
ニーナは、トリゴーリンに名声への憧れを語り、徐々にトリゴーリンに惹かれていく。トレープレフは自殺未遂を引き起こし、さらにはトリゴーリンに決闘を申し込むが、取り合ってすらもらえない。モスクワへ戻ろうとするトリゴーリンに、ニーナは自分もモスクワに出て、女優になる決心をしたと告げ、二人は長いキスを交わすのだった。
2年後、トレープレフは気鋭の作家として注目を集めるようになっている一方で、ニーナはトリゴーリンと一緒になったものの、やがて捨てられ、女優としても芽が出ず、今は地方を巡業している。
トレープレフがひとり仕事しているところへ、ニーナが現れる。引き留めるトレープレフを振り切り、再び出て行くニーナ。
絶望のなか、部屋の外へと出て行くトレープレフ。銃声が響く......。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(小中学生):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5746)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近く、バルコニーの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

【Pコード:490-221】

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003(Lコード:32988)

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズ ほか