演劇『イロアセル』全キャスト決定!(フルオーディション企画・第4弾/2021年11月公演)

2021/2022シーズン演劇『イロアセル』の全てのキャストが決定いたしました!!

毎シーズンに一本、全キャストをオーディションで選考、上演する企画の第四弾として、2020年11月から12月にかけてオーディションを開催した『イロアセル』。書類選考を含め約1か月のオーディションを経て、すべての出演者が下記の通り決定しましたので、お知らせいたします。

今回も大変多くのご応募をいただきました。ご協力、ご応募、そしてオーディションにご参加いただいた俳優の皆様、誠にありがとうございました。

  

囚人 

07.箱田暁史.jpg

箱田暁史

  

看守

01.伊藤正之.jpg

伊藤正之

 

ナラ

02.東風万智子.jpg

東風万智子

 

ネグロ

10.山下容莉枝.jpg

山下容莉枝

 

バイツ

06.西ノ園達大.jpg

西ノ園達大

 

ポルポリ

09.山崎清介A.jpg

山崎清介

 

グウ

04.永岡佑.jpg

永岡 佑

 

アズル

05.永田凜.jpg

永田 凜

 

ライ

08.福原稚菜.jpg

福原稚菜

 

エルデ

03.高木稟A.jpg

高木 稟

 

(台本順)

 

<演出家より>

  

 マスク、フェイスシールド、ソーシャルディスタンス......コロナ禍の異様なムードのオーディションを経て、三次選考を待たずして、全キャスト十名が決定しました。

 

 審査期間は一次と二次合わせて三週間弱。そのうち十二日間をオーディションに費やしました。この短期間に、これほど多くの俳優の芝居に接したのは初めてでした。その中から上手い俳優、魅力的な俳優を選ぶというのなら話は簡単でしたが、あくまで判断基準は「役に合うかどうか」と「座組のバランス」の二つでしたから、大いに悩みました。

「惹かれるが、果たしてこの俳優とご一緒するのはこの役でいいのか?」

「役にはぴったり。でも相手役が××さんに決まった場合、二人の組み合わせは?」

 オーディション期間中はそんな逡巡の連続でした。役はなくともどうしてもご一緒したい俳優のために、新たな役を書き足す"禁じ手"さえ頭をよぎりました。

 

 そんな風に、悔しい"オファー断念"を繰り返しながらたどり着いた、このキャスティングには自信を持っています。普段の、稽古を始めてみないことには確信が持てない感じとは明らかに違う。今、この『イロアセル』という戯曲を上演するにはベストの俳優たちが見つかりました。どうぞご期待ください。

  

倉持 裕

  

   

<演劇芸術監督より>

  

「イロアセル」のオーディションにご応募くださった方々、そして長期に渡るオーディションにご参加下さった方々、本当にありがとうございました。今回、フルオーディションの企画としては初めての現代の作品となります。年齢や経験を問わず、非常に多くの方々からご応募を頂きましたことは大変に有り難く、劇場として励みに感じております。

ご出演頂く方々にも、今回はご出演頂くことが叶わなかった方々にも、この度のオーディションを通して出会う機会を頂けたことは劇場にとって、とても大きな財産です。ご応募下さった皆様お一人お一人に、この度の作品に興味を持ってくださったこと、そして多大なるエネルギーと時間と想いをオーディションに向けて下さったことに心より感謝申し上げます。

このフルオーディション企画はこの先も続いて参りますが、新国立劇場では、どなたでも参加して頂けるオーディションでのキャスティングを更に増やしていく予定です。オーディションで作品を作ることの豊かさや、その意義を探究しつづけて参りますので、ぜひまたご興味を持って下さったら幸いに存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

この度のオーディションにご興味を持ってくださいました皆さまに、重ねて深く御礼申し上げます。


小川絵梨子