令和二年度 地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール『竹取物語』上演決定のお知らせ

この度、令和二年度新国立劇場地域招聘公演として、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール『竹取物語』を招聘・上演することが決まりました。

地域招聘公演は、(公財)新国立劇場運営財団の事業目的のひとつである"現代舞台芸術に関する地域交流"の観点から、全国各地で上演されている優れたオペラを新国立劇場に招聘し、地域オペラ団体等との共催による公演を行うものです。

びわ湖ホールは1998年の開館以来、国内外の優れた舞台芸術を提供するとともに、劇場独自の創造活動の核となる劇場専属声楽家集団「びわ湖ホール声楽アンサンブル」を設立して、オペラをはじめとする舞台芸術作品を自主制作しています。

『竹取物語』は、びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典が作曲し、2015年にびわ湖ホールで行った日本初の舞台上演で三菱UFJ信託音楽賞奨励賞を受賞しました。

今回の上演は、2015年の上演と同じく作曲者自身の指揮、栗山昌良演出により、日本最古の物語を様式美を極めた舞台でお贈りします。

令和二年度 新国立劇場 地域招聘オペラ公演
びわ湖ホール『竹取物語』(全5景 日本語上演/日本語および英語字幕付き)
■演目:沼尻竜典作曲『竹取物語』
■日時:2020年7月11日(土)16:00、12日(日)14:00開演
■会場:新国立劇場中劇場
■主催:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、新国立劇場

■指揮:沼尻竜典
■演出:栗山昌良
■管弦楽:トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア
■出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル(客演:幸田浩子、森 麻季、晴 雅彦)

公演の詳細につきましては、2020年1月に発表予定です。

地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール『竹取物語』公演情報はこちら