オペラ『紫苑物語』原作本、販売開始!

オペラ『紫苑物語」(2月17日初日)の上演を記念して、原作本(講談社文芸文庫 石川淳「紫苑物語」)の重版が決定、書店のほか新国立劇場でも販売いたします。

WEBシアターショップでは24時間ご注文可能、また2月6日「タンホイザー」公演より、オペラパレスでも会場販売いたします(会場販売は「タンホイザー」「紫苑物語」上演日のみ、開場中、休憩中、終演後にオペラパレスショップにて販売いたします)。
是非原作本とともに、オペラの舞台を存分にお楽しみください。

※劇場近隣の書店でも順次取り扱いが始まっていますが、在庫状況は直接各店舗にお問い合わせください。

 

講談社文芸文庫 石川淳「紫苑物語」

本体価格:1,600円(8%税込価格:1,728円)

(文庫カバーより)
優美かつ艶やかな文体と、爽やかで強靭きわまる精神。昭和三十年代初頭の日本現代文学に鮮烈な光芒を放つ真の意味での現代文学の巨匠・石川淳の中期代表作。
華麗な"精神の運動"と想像力の飛躍。芸術選奨受賞作である「紫苑物語」及び「八幡縁起」「修羅」を収録。


【WEBシアターショップはこちら】http://theatreshop.jp/?pid=139272209

「紫苑物語」公演情報はこちら

「紫苑物語」作曲:西村朗、指揮:大野和士によるサイン会&原作本プレゼント企画の詳細こちら