新国立劇場

English
カレンダー
カレンダー

情報センター

展示

《百十五年の時を経て― 蝶々さんとジャポネズリ》オペラ『蝶々夫人』特別展

 

 

新国立劇場5階情報センター閲覧室において、

《新国立劇場情報センター所蔵品展》オペラ『蝶々夫人』初演時の衣裳・小道具デザイン原画展

をご案内しております。

 

1904年、プッチーニがスカラ座にてオペラ『蝶々夫人』を上演するにあたり、

当時第一の人気のフランスのデザイナーLucien Jusseaume(ルシアン・ジャスウム1851-1925)が描いた、

衣裳と小道具の水彩による原画。

現在情報センター閲覧室にて展示中です。

 

百十五年の時を経て― 蝶々さんとジャポネズリの世界観をご堪能下さい。

 

 

 

衣裳デザイン画の横に、寸法、材料、色合いの他下着や小物に至るまで細かい指示が書かれています。

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総数57葉で、全演者25名の衣裳デザインや、髪型、衣裳の文様、舞台小道具及び所作なども厚紙に詳しく描かれています。

 

 

 <世界中の『蝶々夫人』コーナー>

 

 世界中から取り寄せた、過去の公演プログラムです。

 様々な国の美しいマダム・バタフライをぜひ

 ご覧ください。

                                             

                                                

                       

そのほかにも・・・                            

                                                

 <舞台衣裳特設コーナー>

 ワダエミ氏、ひびのこづえ氏、緒方規矩子氏をはじめ日本を代表する

 衣裳家の作品集・デザイン画集や、

 フランス政府の依頼により写真家 田原圭一氏が8年かけて撮影した、

 フランス・パリ オペラ座の衣裳の写真集もご覧になれます。

 

 

 

 

  

 

 <ゼッフィレッリ特集コーナー>

 2019年6月に逝去された、演出家・映画監督のフランコ・ゼッフィレッリ氏特集のコーナーも設置。

 新国立劇場の開場記念公演『アイーダ』の演出として招聘され、妥協のない徹底した演出により、

 オペラの中のオペラとして圧倒的人気を博しています。

                                              

                                         

     

      

   

     

     

     

  

 

その他、貴重な専門書から、劇場ならではの戯曲のコレクション、小説やプログラムまで多彩な本を取り揃えており、ご自由にご覧いただけます。

                                                   

 

 ただいまオペラ『魔笛』のパパゲーノとパパゲーナの衣裳も展示中です。

 

                                                                                                          

                                         

《情報センター》閲覧室への行き方

 メインエントランスを入って、右側の壁に沿ってスロープを進み、右手にあるエレベータで5階へお上がりください。

 ぜひご利用ください。

 

 開室時間 10:00~18:00 (最終受付 17:30)

 休室日  原則月曜日・火曜日(祝休日及び主催公演日は原則として開室します。)特別休室日、年末年始

新国立劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号
TEL:03-5351-3011(代表)

京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結。

  • 東口ではございません。ご注意ください。
  • 京王線は止まりません。
  • 車椅子で初台駅よりご来場される場合は、東口のエレベーターをご利用ください。

新国立劇場ボックスオフィス

電話:03-5352-9999 10:00 ~ 18:00
インターネット:新国立劇場Webボックスオフィス

Licensed by JASRAC J191227340

日付を選んでクリックすると1日の詳細がご確認いただけます。

  • 主催公演
  • 貸劇場公演