ダンサー

 

楠元郁子

Kusumoto Ikuko

登録ファースト・アーティスト

山口県出身。市川せつ子、小沼斐佐夫、小沼紀子に師事。小林紀子バレエアカデミーを経て、1989年に小林紀子バレエ・シアターに入団、アシュトン『二羽の鳩』ジプシー、ロドリゲス『シンデレラ』仙女などを踊る。新国立劇場バレエ団に開場時より参加し、古典作品はもとより、キャラクターの際立つ演技でも評価を得ている。主な役に『白鳥の湖』王妃、『ドン・キホーテ』カスタネットの踊り、『ジゼル』バチルド、マクミラン『ロメオとジュリエット』キャピュレット夫人、3人の娼婦、プティ『こうもり』メイド、ビントレー『アラジン』アラジンの母などがある。14~16年新国立劇場バレエ団バレエ教師。

  • facebook
  • twitter
  • twitter

新国立劇場での主なレパートリー

  • 牧阿佐美版『くるみ割り人形』シュタリバウム夫人、『ライモンダ』ドリ伯爵夫人、サラセン
  • W.イーグリング版『眠れる森の美女』王妃
  • K.セルゲーエフ版『眠れる森の美女』金の精、王妃、『白鳥の湖』スペイン、ハンガリー、大きい4羽の白鳥、王妃、『ジゼル』バチルド
  • A.ファジェーチェフ版『ドン・キホーテ』ギターの踊り、ボレロ
  • V.ワイノーネン版『くるみ割り人形』東洋、スペイン、トレパック
  • 石井潤『カルメン』メルセデス
  • D.ウォルシュ『オルフェオとエウリディーチェ』精霊
  • 島崎徹『FEELING IS EVERYWHERE』
  • D.ビントレー『アラジン』アラジンの母、『カルミナ・ブラーナ』街の女、娼婦
  • R.プティ『こうもり』メイド
  • K.マクミラン『ロメオとジュリエット』キャピュレット夫人、3人の娼婦、『マノン』マダム