リッチエディットの基本情報

リッチエディットは WYSIWYG (What You See Is What You Get) とも呼ばれ、テキストを入力すると自動的にそのテキストがフォーマットされます。このリッチエディターはあなたがテキストを書いている間、その後ろで HTML コードを作成します。フォントスタイル、リンク、そして画像が通常インターネット上で見るのと同じように表示されます。

WordPress には今日の主要な Web ブラウザすべてで作動するリッチエディターが組み込まれています。ただし、HTML の編集は普通のテキストのそれとは違う点が多いということを常に意識してください。ウェブページは2つの主要な構成要素から成り立っています。ひとつは「構造」です。構造はエディター上で作成される HTML コードそのものです。もうひとつは「表現」です。表現は現在選択されている WordPress テーマにより適用され、style.css により定義されます。WordPress は妥当な (valid) XHTML 1.0 を出力します。したがって、パラグラフの後に複数の改行 (BR タグ) を挿入してもウェブページ上に空白スペースが作られることはありません。内部の HTML 修正機能が BR タグを正しくないものとして取り去ってしまうでしょう。

他のテキストエディターがサポートするようなキーボードショートカットは、基本的なものはどれも使用できるようになっています。たとえば、Shift+Enter で改行を挿入、Ctrl+C でコピー、Ctrl+X でカット、Ctrl+Z で元に戻す、Ctrl+Y でやり直し、Ctrl+A ですべて選択、など (Mac の場合は Ctrl の代わりに Command キーを使います)。利用可能なすべてのキーボードショートカットは「ホットキー」タブでご確認ください。

もしこのリッチエディターが気に入らなければ、管理画面の「ユーザー」設定の「あなたのプロフィール」でこの機能を無効にできます。