新国立劇場バレエ団ソリスト
志賀三佐枝が現役を引退

2001年秋より新国立劇場バレエ団契約ダンサーとして数々の主役を踊り、高い評価を得てきた志賀三佐枝が、現役を引退することになりました。5月2日、全幕バレエの主役としては最後となる「眠れる森の美女」でオーロラ姫を華麗に踊り、満席の場内から拍手喝采を浴びました。
   
「眠れる森の美女」5月2日の公演より
 
   


このページのトップへ