新国立劇場ニュース 1998年(平成10年)11月10日号


98/99シーズンオペラ 「カルメン」キャスト変更のお知らせ 
新国立劇場オペラ劇場にて1999年1月19日(火)から27日(水)まで上演する98/99シーズンオペラ「カルメン」において、以下のキャスト変更がございましたので、ここにお知らせ致します。
なお、ご希望の方には11月16日(月)から各公演日までの期間中、新国立劇場にて払い戻しを致します。
(払い戻しについてのお問い合わせ先:新国立劇場ボックスオフィス п@03-5352-9999)
<新キャスト>
モラレス役 : 青戸 知 → 鹿又 透 (出演日:1月20・23・26日)

ダンカイロ役: 今村 雅彦 → 多田康芳 (出演日:1月20・23・26日)


<新キャストプロフィール>
鹿又 透 (バリトン)                    かのまた とおる
国立音楽大学首席卒業、同大学院オペラ科修了。天性の美声と恵まれた容姿で国内外での活躍が期待されるバリトン歌手。1992年秋より文化庁在外派遣研修員としてイタリアに留学。「フィガロの結婚」のアルマヴィーヴァ伯爵、「コシ・ファン・トゥッテ」のドン・アルフォンソ、「魔笛」の弁者、「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロール、「カルメン」のエスカミーリョ、「蝶々夫人」のシャープレス、「電話」のベン、「祝い歌が流れる夜に」の謙一等多くのオペラに出演している。97年読売日響のネッロ・サンティ指揮「椿姫」のドビニー公爵や、イタリアでのコンサートにも出演し、好評を得ている。 二期会会員。
多田 康芳 (バリトン)                   おおた やすよし
東京声専音楽学校(現・昭和音楽芸術学院)卒業。1986年フランス音楽コンクールフランス総領事賞受賞。89年「美女と野獣」の熊助でオペラ・デビュー後、邦人作品を中心に活躍し、三木稔、中村透作品に数多く出演。東京室内歌劇場公演「カーリュー・リヴァー」の旅人、「ヒロシマのオルフェ」の青年等、若杉弘指揮による公演に出演して経験を積む。鎌倉芸術館での「撒羅米(サロメ)」ヨカナーンでは、若杉指揮と歌舞伎的演出で注目を集め好評を博した。98年6月オランダのアムステルダム・コンセルトヘボウにて、ネーデルランドフィル定期演奏会「カルミナ・ブラーナ」にバリトン・ソロで出演。東京音楽大学合唱研究員。日本オペラ振興会、東京室内歌劇場所属。


このページのトップへ