新国立劇場舞台美術センター資料館
平成10年度企画展
青山圭男と「蝶々夫人」

 千葉県銚子市の新国立劇場舞台美術センター資料館では、平成10年度企画展 青山圭男と 「蝶々夫人」を開催します。青山圭男(1901〜76)は、日本人として初めてメトロポリタン 歌劇場に招聘され、「蝶々夫人」などを演出した昭和期を代表する国際的なオペラ演出家です。 今企画展は、新国立劇場情報センターに寄贈された日記や演出ノート、舞台写真など青山圭男 の資料を中心に生前の活動を紹介するものです。あわせて日本のオペラ史を概観し、本年4月に 新国立劇場で上演された「蝶々夫人」の写真パネルを展示します。
展示写真
1F展示風景
 
 
2F展示風景

○開催期間 9月5日(土)〜11月29日(日)

○開館時間 午前10時〜午後4時30分
月曜休館 (月曜が休日のときは翌日休館)

イベント 舞台美術センター竣工一周年記念上映
  幻のオペラ映画
  八千草薫主演「蝶々夫人」(昭和30年公開)
   東宝・ガローネプロ日伊合作映画
   提供=東宝株式会社
  日時:11月1日(日)
     第1回上映 11時〜
     第2回上映 14時〜
  場所:舞台美術センター資料館
     2階視聴覚室

○入場料(団体割引有)
  大人200円
  小人100円

○問い合わせ
   0479-30-1048
  千葉県銚子市豊里台1丁目1044番地

○交通
  JR成田線下総豊里駅下車徒歩15分
  東関東自動車道佐原香取インター下車30分

解説目録 1部 500円
舞台美術センター資料館(千葉県銚子市)にて販売しております。
 問い合わせ 新国立劇場情報センター
      03-5352-5781

お詫びと訂正

 先に頒布しました上記の解説目録に誤記がありましたので、下記のとおりに御訂正くださるようお願い申しあげます。


解説目録18ページ左下キャプション
(誤)   (正)
「藤原歌劇団「蝶々夫人」第1幕舞台装置原画」
三林亮太郎画(1973)
cat.no.32
「「蝶々夫人」第1幕舞台装置原画」
三林亮太郎画(1973)
cat.no.32


このページのトップへ