新国立劇場オペラ公演「スペインの燦き」
出演者変更のお知らせ


 2003/2004シーズン・オペラ「スペインの燦き」(2004年2月18日初日)のオペラ「スペインの時」ゴンサルヴェ役にソリストとして出演を予定しておりましたジョン・健・ヌッツォは、健康上の理由のため出演できなくなりました。代わって羽山晃生が出演いたします。何卒ご了承ください。
 なお、ご希望の方には払い戻しをお受けしますので、公演当日までに新国立劇場ボックスオフィスでお手続きいただきますようお願い申し上げます。

<払い戻しについてのお問い合わせ先>
新国立劇場ボックスオフィス:03(5352)9999


<新キャスト・プロフィール>
 羽山 晃生 (Hayama Kousei)                               

 

テノール
武蔵野音楽大学及び同大学院音楽研究科修了。二期会オペラスタジオ修了。第25回イタリア声楽コンコルソ入選。第37回全日本学生音楽コンクール東日本大会第3位入賞。第1回スーパークラシックオーディション入選。第9回日本モーツアルトコンクール奨励賞受賞。1995年よりイタリアへ留学。サンタマリゲリータの若い歌手の為のコンコルソ入選。ミラノ・ヴェローナを中心に演奏会に出演。1998年帰国後、二期会オペラ『タンホイザー』ハインリッヒ、東京オペラプロデュース『無口な女』ヘンリー、新国立劇場・二期会共催『サロメ』ユダヤ人、東京室内歌劇場カヴァリエリ『肉体と魂の劇』知性、ロッシーニ協会『ランスへの旅』など数多くのオペラに出演。その他、新国立劇場小劇場にはウエーバー『アブ・ハッサン』、ロルツィング『オペラの稽古』、G.ガッツァーニ『ドン・ジョヴァンニ』に出演。2004年12月、二期会/ベルリン・コーミーミッシェ・オーパー共同制作『イエヌーファ』のラツァ・クレメニュの大役にも抜擢された。スケール感のある端正な声が魅力的なテナー。ビクター・エンターテインメントよりCD「マイ・フェウ゛ァリット」をリリースしている。
二期会会員

<ジョン・健・ヌッツォからのメッセージ>                               

 

この斬新で創造的なプロダクションに出演できなくなってしまったことを大変残念に思っています。愛すべきゴンサルヴェ役は、自分とともにリハーサルを重ねてきた羽山さんが素晴らしい演技で皆様をラヴェルの世界に誘ってくれるものと確信しています。この公演の成功を心よりお祈り申し上げると同時に、皆様がこの公演に足をお運びになり、楽しいひと時をお過ごしになれますよう願ってやみません。




このページのトップへ