新国立劇場が、防火優良建物に認定


 新国立劇場は、消防法の一部改正に伴い、10月1日から導入された「防火対象物定期点検報告制度」により、新国立劇場内に「まる適マーク」に替えて「防火優良認定証」表示します。
  「防火対象物定期点検報告制度」について
   
  防火管理の徹底を図るため、消防法の安全基準を満たしている建物などに認定される新たな制度で、優良な建物には、次のいずれかの認定証が交付されます。この認定証の表示により、建物の防火体制判断が一目でわかるようになりました。
  なお、この制度の導入に伴い、いわゆる「まる適マーク」は、旅館・ホテル等を除いて、9月30日をもって運用中止となりました。
    「防火基準点検済証」:
    防火対象物の定期点検資格者による1年に1回の点検・報告を行った証です。

 
「防火優良認定証」:  
    3年間継続して消防法令を遵守しているとして認定を受けている証です。

 

 



このページのトップへ