日本芸術文化振興会からのお知らせ

■特殊法人から独立行政法人へ

 新国立劇場の設置主体の特殊法人日本芸術文化振興会は、国の行政改革の一環として平成15年10月1日から「独立行政法人日本芸術文化振興会」として新たなるスタートを切ることになりました。
 移行後も振興会は、引き続き我が国古来の伝統的な芸能の保存・振興、及び現代の舞台芸術の振興・普及を図ると共に、広く我が国の芸術文化の振興・普及のための活動に対する援助を行うという三つの事業を通じて、芸術その他の文化の向上に寄与するという使命を果たすため、より効率的で効果的な運営と、一層のサービス向上に努力して参ります。今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。



このページのトップへ