新国立劇場バレエ公演「ラ・シルフィード」
キャスト変更のお知らせ


 2002/2003シーズン・バレエ「ラ・シルフィード」の6月29日(日)公演にシルフィード役で出演を予定しておりました真忠久美子は、怪我のため出演できなくなりました。代わってアナスタシア・チェルネンコが出演いたします。何卒ご了承ください。
 なお、ご希望の方には払い戻しをお受けしますので、公演当日までに新国立劇場ボックスオフィスでお手続きいただきますようお願い申し上げます。

<払い戻しについてのお問い合わせ先>
新国立劇場ボックスオフィス:03(5352)9999


<新キャスト・プロフィール>
アナスタシア・チェルネンコ(Anastasiya CHERNENKO)                               

 

シェフチェンコ記念ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場バレエ(キエフ・バレエ)

ウクライナ、セヴァストーポリ生まれ。キエフ国立舞踊学校でL.N . オヴォーフスカヤ、V. A. デニセンコに師事。2001年、シェフチェンコ記念ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場バレエ(キエフ・バレエ)に入団。第4回セルジュ・リファール国際バレエコンクール(2002年)第2位入賞。現在、バレエ団でL. I. スモルガチョーワの指導を受けながら頭角を現してきている大変美しい20才の新鋭。その容姿さながらの森の妖精シルフィード役で新国立劇場にデビューとなる。

 



このページのトップへ