オペラ研修公演「フィガロの結婚」配役決定

3月20日(木)、21日(金)、22日(土)、23日(日)に実施する研修公演の配役が決まりました。(1月23日現在)
 なお、配役は変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  3月20日(木)18:00
22日(土)15:00
3月21日(金)15:00
23日(日)15:00
Figaro  (Bar.) Bojan Knezevec(賛助出演) 北川辰彦(第5期生)
Susanna (Sop.) 大西恵代(第4期生) 九嶋香奈枝(第4期生)
Contessa (Sop.) 安藤赴美子(第3期生) 國光智子(第3期生)
Conte (Bar.) 桝 貴志(第5期生) 青山 貴(第4期生)
Cherubino (Mez.) 増田弥生(第4期生) 清水華澄(第4期生)
Basilio (Ten.) 中原雅彦(第3期生)
(20日、22日、23日)
藤木大地(第5期生)(21日)
Marcellina (Mez.) 林美智子(賛助出演)
(20日、22日、23日)
青木素子(第3期生)(21日)
Antonio (Bar.) 与那城 敬(第5期生)
Barbarina (Sop.) 中村恵理(第5期生)
Curzio (Bar.) 藤木大地(20日、22日、23日) 中原雅彦(21日)
Bartolo (Bar.) David Bedard(賛助出演)
 
<賛助出演者紹介>
林 美智子(第1期修了生) メゾソプラノ (写真はこちら)
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業、桐朋学園大学研究科修了。新国立劇場オペラ研修所第1期生。
02年1月新国立劇場「ヘンゼルとグレーテル」のヘンゼル役、2月二期会「フィガロの結婚」(宮本亜門演出)のケルビーノ役、02年3月より1年間文化庁派遣芸術家在外研修員としてミュンヘンに留学。
また03年には二期会「ばらの騎士」オクタヴィアン役が決まっている。
 
KnezevicBojan Knezevic(ボヤーン・ケネツェヴィッチ) バス・バリトン
彼は、ベオグラード、ザグレブ、リュブリャーナなど、前ユーゴスラヴィアにおける主要なオペラカンパニーで歌いキャリアをスタートさせた。その後ベルギーでの「フィガロの結婚」のフィガロ役で成功し、サンフランシスコで出演する契機を掴んだ。メローラプログラム(92-92),ウェスタンオペラシアー全国ツアー(92-92),アドラーフェロー(95),に参加した後、サンフランシスコ・オペラで「トスカ」、「フィガロの結婚」、等、数多くの作品に出演している。
 
BedardDavid Matthew Bedard(ディヴィッド・ベダード)   バス
カナダ・カルガリー生まれ。北アメリカのオペラ・シーンにおいて急速にその地歩を進めている。メローラプログラムやサンフランシスコオペラで「ウィンザーの陽気な女房たち」のファルスタッフ、「魔笛」のザラストロ、「フィガロの結婚」のバルトロ等を演じ、好評を得ている。


このページのトップへ