新国立劇場オペラ公演「セビリアの理髪師」
指揮者変更について

2002/2003シーズン・オペラ公演「セビリアの理髪師」(2002年10月31日より)において指揮を予定しておりましたアントン・グアダーニョが8月17日オーストリア・サンクト・マルガレーテン音楽祭「オテロ」公演後心臓発作のために急逝されたため、代わってアントニオ・ピロッリが指揮することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、チケットにつきましては、8月31日アトレ会員優先販売開始、9月8日一般前売開始でございますが、何卒本件をご了承の上お買い求めくださるようお願い申し上げます。

【チケットに関するお問い合わせ先】
新国立劇場ボックスオフィス:03(5352)9999

<新指揮者・プロフィール>
アントニオ・ピロッリ (Antonio Pirolli)
  1959年ローマ生まれ。ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にてピアノ、作曲、指揮を学ぶ。オーケストラ指揮法をブルーノ・アプレア氏に師事。87年アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクール第3位等受賞多数。86年から指揮者として活動を始め、87年のコンクール入賞によりアルトゥール・トスカニーニ・オーケストラに招かれ、毎年コンサートを行なう。89年にはトッレ・デル・ラーゴのプッチーニ・フェスティバルの劇場音楽ディレクターとして「トゥーランドット」「蝶々夫人」「サロメ」等に参加。また、ブカレスト、コスタンツァの歌劇場にて「ルチア」「蝶々夫人」を指揮。トルコのアスペンド・フェスティバルでは開幕オペラとしてイスタンブール国立オペラの「トゥーランドット」を指揮。最近では、イタリアのテーラモ・リリック劇場に招かれ「蝶々夫人」を指揮している。その他これまでに指揮したオペラは「ラ・ボエーム」「連隊の娘」「イル・トロヴァトーレ」「仮面舞踏会」「セビリアの理髪師」「アイーダ」「リゴレット」「道化師」「外套」「ドン・カルロ」「カルメン」「オテッロ」「ノルマ」等で、ニコラ・マルティヌッチ等一流歌手と共演。86年〜94年までアンカラ国立オペラ・バレエの常任指揮、94年〜95年までイスタンブール国立オペラ&バレエの音楽監督及び首席指揮者を務める。2000年2月の新国立劇場1999/2000シーズン「セビリアの理髪師」で初来日し、2001年2月の2000/01シーズン「リゴレット」でも指揮している。


このページのトップへ