新国立劇場オペラ研修所
オペラ『魔笛』を上演しました

新国立劇場オペラ研修所では、3月1日(金)から8日(金)まで、新国立劇場中劇場において、 研修公演オペラ『魔笛』を上演しました。

第2期生から第4期生まで14名全員がひとつの作品に取り組み、昨年4月からはじまった新しい研修システムの成果を披露しました。

今回初めて有料(¥1,500)にてチケットを販売しましたが、発売から数日で全席完売となるほどの人気ぶり。手頃な値段だったこともあって、「オペラは初めて」というお客様も多かったようです。研修生の若々しくひたむきな熱演に、「今後も応援していきたい」という声をたくさん頂戴しました。

「魔笛」




このページのトップへ