新国立劇場舞台美術センター資料館
オペラの魅力
―お話「日本のオペラ」とオペラ・アリア特集―

 新国立劇場舞台美術センター資料館では、秋の企画展−日本オペラのあゆみ−にちなみ、オペラの魅力についてわかりやすく、親しみやすく、楽しくをコンセプトにイベントを開催いたします。皆様のご来館をお待ちしております。

日時2001年10月14日(日)
午後2時開演
場所新国立劇場舞台美術センター資料館展示ホール
千葉県銚子市豊里台1-1044 TEL0479-30-1048
入場料 大人200円、小人100円
(展示ホール入場料を含む)
*当日12時半より整理券をお配り致します。
*整理券はお一人様一枚とさせていただきます。
*定員150名(満員の際は入場をお断りすることがございます。)
井上ゆかり 松尾俊哉
井上ゆかり
(ソプラノ)
松尾俊哉
(バリトン)

プログラム
お話   オペラの魅力「日本のオペラ」
   海老沢 敏 新国立劇場運営財団副理事長
           新国立劇場オペラ研修所所長
オペラと
日本のうた
井上ゆかり(ソプラノ)二期会会員
松尾俊哉(バリトン)藤原歌劇団     瀧田亮子(ピアノ)
日本のオペラ 「夕鶴」より
日本の歌曲浜辺の歌
アリア特集「蝶々夫人」より
みんなで歌おう 里の秋・ふるさと

○開館時間 午前10時〜午後4時30分(ただし入場は午後4時まで)
月曜休館 (月曜が休日のときは翌日休館)
○入場料 大人200円 小人100円(団体割引有)
○問い合わせ TEL 0479-30-1048
千葉県銚子市豊里台1丁目1044番地
○交通 JR成田線下総豊里駅下車徒歩15分
東関東自動車道佐原香取インター下車30分


このページのトップへ